番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

今、「ムーミン谷の彗星」を見てる。

録画予約していたらしく、知らない間に録画されてた。

ラッキー。

「 Wikipedia 」によれば、1992年制作の映画。ぼくがアニメの「ムーミン」を見ていたのは中学~高校時代だから、この映画はそれから20年ほどあとに作られたことになる。

映画はムーミンが恋人となるノンノンに出会う設定になっている。でも、「ノンノン」は「フローレン」と名を変えていた。

その昔、ノルウェー在住の「ムーミン」原作者が日本版アニメの「ノンノン」という名前に激怒して変更を要求した、という話を何かで読んだ覚えがある。

「ムーミン」には「ノンノン」じゃないとしっくり来ないなぁ。

しっくり来ないと言えば、ムーミンの声は岸田今日子さんから高山みなみさんに変わってる。

ぼくが見ていた「ムーミン」の岸田 as ムーミンは、ぼんやりとしたのんびり屋の、動きはもっさりとしていて、でも正義感はいっぱいの男の子だった。でも、この映画の高山 as ムーミンは、キリッとした口調でしっかり者の、仕草も素早い少年になっている。

ムーミンパパも、ムーミンママも、ノンノン(フローレン)も、ミィも、みんな声が変わっている。まぁ、僕が見ていたのは60年代末から70年代初頭だから、声優さんも変わって当然だけど。

岸田さんの「ぼんやりムーミン」が好きだったんだけどなぁ・・・。

映画のミィは佐久間レイさん。「らんま1/2」のシャンプーだ。

「らんま」と言えば、このムーミンの高山みなみさんは「らんま」のなびきちゃんだ。

ほんと、アニメばっかり見てたのね・・・。



スナフキンが好きだったね、やっぱ。それにニョロニョロも。

この映画は、ムーミンがスナフキンに初めて会う設定にもなっている。旅人だったスナフキンはムーミンに会ったのがきっかけでムーミン谷に腰を落ち着けることに。


物語の内容は、ムーミン谷に彗星が近づき、その影響で海が消える。

ムーミン谷の住民は揃って避難。さぁ、海は、谷は、どうなる?

丘に登ったスナフキンが叫ぶ。

「帰ってきた!」

彗星は去り、海が戻ってきた。

ムーミンたちは喜び、砂浜で踊り出し、海へと飛び込む。


それだけ・・・。

それだけと言えば、それだけ・・・なんだけど、「ムーミン」ののんびり感と安堵感はやっぱりいいな。

テーマソングをトワ・エ・モアの白鳥恵美子さんが歌ってる。なんか、懐かしい。



でも・・・ムーミンは岸田今日子さんがいいな、やっぱり。
スポンサーサイト

先日、某局で編集中、ディレクターがなぜか「めぞん一刻」を貸本屋で借りてきた。

ディレクターは20代後半。「めぞん一刻」をオリジナルで知る世代じゃない。なのに、どうして「めぞん一刻」なのか?

「いろいろな恋愛の形を勉強しようと…」

その方面にどうやら悩ましい現実があるようだ。

というのはどうでもいいとして、編集中、がんばる編集マンの後ろで久々に読んだ「めぞん一刻」。こりゃ、やっぱりおもろいわ。

で、全部読みたくなって全巻揃いをネットで探し、古本屋へも行き、きょう、近くのBOOK OFFでめでたく購入。

めぞんアオ助

全15巻で¥1525だった。ネットオークションより安く買えた。ラッキー!


世は黄金週間。仕事はあるけど、読破しよ。



くるねこ大和さんの「やつがれ」第二弾。

パラパラマンガのようにざぁ~っと一読。

1ページにヒトコマだからね。

第一弾は涙涙の悲しい哀しい物語だったけど、今回はハッピーエンド。

ほっ。

さ、コタツに入って落ち着いて、ゆっくりゆったり読もうかね。

2009年、最初にはまった漫画は、よしながふみさんの「きのう何食べた?」。

弁護士と美容師のお兄さん、いや、43と41だからすでに立派なおじさんゲイふたりの同居物語。

ゲイのお話しとは言っても、物語の展開はネコ係の弁護士さんが毎日作る夕飯がメイン。

より安く、より美味く、日々のメニューを考えるのが、彼( or 彼女?)の生きがいなのだ。

簡単手軽で、その上おいしくて栄養バランスばっちり。
一家に一人、欲しい人材だわぁ。

著者のよしながさんは食べる方面に造詣が深い方らしく、レシピも実際の食卓にそのまま役立ちそう。
ひとり暮らしの人にもぴったりの漫画かも。

しかし、昨年の「聖☆おにいさん」といい、女性作家が描く男ふたりの同棲物語って面白いな。

 → 2008.08.04「聖☆おにいさん」

男性像がびみょ~に理想化されてるからかしらん。


どちらの作品も次巻が待ち遠しいな。

早く出ろ~。

ここ数日の「漫画マイブーム」は、これ。

聖おにいさん

書店でふと手に取り、あら、おもしろい。
んで、刊行済みの巻を全巻購入。と、言ってもまだ全2巻だけど。

物語は天上界にましますブッダとイエスが休暇をとり、一緒に東京は立川の安アパートで同居するという、なんともヘンテコな設定。「聖」はふたりの姓ということになっている。

ふたりが下界へやってきたのは有給休暇を利用して。生活費は天上界から銀行の口座へと振り込まれる(どこの銀行じゃ?)。その額はふたり合わせて26万円。いやしくも神と仏、その生活費が月26万円とは激少とも思われるが、ぼくがひとり暮らしの時は月5、6万だったしぃ~、と、遠い昔の貧しい子羊と比較しても意味はないか。

イエスはパソコンが好きでブログに熱中。ブッダは金銭感覚に厳しく、無駄遣いしがちなイエスにいつも目を光らせている。

でも、とても仲がいいふたり。

カゼをひき、高熱を出したブッダをイエスは病院へと連れて行く。イエスが受付をしている間、高熱にうなされながら待合室に佇んでいたブッダのまわりには、ぞろぞろとお年寄りが…。

「お迎えじゃ、お迎えが見える」

「ワシもじゃ、こんなワシも天国へ行けるんじゃ」

感激のあまり涙するお年寄り・・・・って、『釈迦来迎図』かいっ!!

きょうのブッダはプライベート、手を合わせてもダメだと言ってもお年寄りはありがたがるばかり。困ったイエスは奇跡を起こしてお年寄りたちの病気を治してしまう。

ええな~。一家にひとり、いて欲しいタイプだわ。


苦行荒行苦痛ののちに悟りを開いた、どちらも人間の叡智を超えた存在。だから時につまらないこともある。

湖面を歩いてみせたこともあるイエス、実はカナヅチ。ブッダに教えを請いつつ必死の思いでプールに潜ると・・・・。

イエスのあまりの気合いに、荒海を割って道を造ったモーセの如くプールの水が二つに裂け、イエスは濡れることなく底まで潜れてしまうのだった。

つまりは泳げないまま。

暇つぶしに人生ゲームをやっても、あっさりあがってしまう。ストイックな人生を過ごしたふたり、ゲームの中でも欲望や波乱とは無縁なのだった・・・・。

って、ホントかいっ!!

などと、ひとり突っ込みをしながらアッと言う間に読み終えてしまった。
つまんな~い。早く次の巻が出ないかなぁ。巻末の予告では、第三巻は2009年の1月に発売だそうだ。

待て~ん!


作者は中村光さん。初めて聞く名前だけど、まだ24歳の女性だそうだ。ブッダとイエス、ふたりの青年がアパートで同居。面白いことを考え出すもんだなぁ…と、ただただ感心。


  中村光さん オフィシャル・ウェブサイト


背中に如来の入れ墨を彫った極道さんを「熱心な仏教徒さんだ」と思ったイエス。その胸の刺し傷を見て自分と同じ日陰者と信じた極道さん、「三日で復活した」というイエス再臨の言葉を「三日で脱獄」と思い込み、イエスをアニキと慕うのだった…。

なんて、あんまりネタをばらすと未読の方に申し訳ないから、このへんで。

次が楽しみだわぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。