番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

情報ツールとしての Facebook がどんなものか確かめるために、最近ちょこちょこいじってる。

アドレスを入力しただけで「お友達?」がずらずらと並ぶのにはちょっと面食らった。

その存在をまったく忘れていた人が入っているのにもびっくりだね。仕事上でメールを数回やり取りしただけで、ここ数年はまったく音信不通の人だ。

これは何を解析した結果なのかな? ぼくのアドレスにメールをくれた人を世界に散らばるサーバーから検索しているんだろうかしら? それだと問題になるだろうから、違うかな。

いろんなことを考えるんだねぇ。

友人知人の中に、まったく知らない人もずらりと並ぶ。ぼくが仕事でちょくちょくおじゃまする県の人たちが多いね。

これは何を解析してるんだろ。ぼくがどんなHPをよく覗くのか、その足跡を追っているのかな?

いろんなことが出来るんだなぁ。

一応本名登録がエチケットのようだけど、どんなことが出来るのかなぁと試しに覗くつもりだったのでアルファベットで入ったら、知人から探し当てられて「友達リクエスト」が届いたのにも驚いた。

知人のページにぼくのことが「知り合いかも?」と出たのかしらん。

これは便利な機能でもあるけど、余計なお節介でもあるわねぇ。


同姓同名の人がいてびっくり。

「同姓同名ぐらいいるだろう」とは思うけど、ぼくの姓はありそうでめったにお目にかかれないし、名前は別に珍しくはないけど男性でこの名前はこれまたありそうであまりない。

これまで二人の同姓同名さんがいた。ひとりは小学校の時。

朝のホームルームのときに担任の先生が、

「○○、お前、今日、死んでたな」

「は?」

朝刊にぼくと同姓同名の警察官が殉職したという記事が載っていたのだった。

もうひとりの同性聡明さんもまったく同じパターン(警察官?で殉職)だったと思うのだけど、こちらは記憶がはっきりしない。

いるんだねぇ、同じ名前。同性じゃなく、お嬢さんみたいだけど。

しかし、「お前、死んでたな」なんて、今の先生が言うと懲罰ものだね。


プログラミングのせいだと思うけど、Facebookが表示する言葉遣いが気になるな。特に「友達」って言葉だらけのところがね。英語だと「Friend(s)」表示なんだろうか。

「友達になる」って言い方、押しつけがましい感じがしてしまう。クリックするだけで友達になれたら、それはそれでハッピーなことだけど…なんて思うこちらがひねくれてるんだろうな。

でもなぁ、「○月×日 △さんと□さんが友達になりました」なんてことを知らされても、ちょっと困るなぁ。ぼくは「友達の友達は皆友達だ」というタイプじゃないしね。


個人情報に敏感で、ドキュメンタリー番組などは再放送さえも難しいこのご時世だけど、Facebook上では個人の行動や思考&嗜好に人脈などがあからさまになっている。そのへん、使っている人はあまり気にはならないのかな。

みんなさらけ出していいやという腹のくくり方をしないと、使いづらいツール。「友達リクエスト」を無視する勇気も必要みたいだし、自分のHPや匿名でのツイッターのように「や〜めた」と投げ出すとき、その投げ出し方が難しいね。


もう少しいじってみて、ぼくが使いこなすことができそうか、試してみよ。



スポンサーサイト

歯医者に通い始めてきょうで3回目。まだ歯石をとっている段階だ。

特に虫歯が痛むとかいうわけではないのだけれど長い間放置していて、いつかは行かねば…と思ってた。

夏休みの間は子どもたちがわんさと来るので、9月の声を聞き、朝夕だけは季節の移り変わりが感じられるようになったこの時期に、ようやく実行ということで。

カルテを見てもらったら6年ぶりだとのこと。きちんと磨いているつもりでも、歯石ががっちり、着色もしっかりあると言われてしまった。

そうだよね…。

歯はとっても大事。健康診断同様、毎年1回は歯もチェックしてもらった方がいいのは重々承知してはいるのだけれど、歯医者さんはやっぱり苦手。

でも、診察室の椅子に座ると、もうままよ、目を閉じ、口を開けて、されるがままになるしかない。

がしがしがしがし、歯石と着色を削り取る音を聞きながら、歯医者さんや歯科技工士さんって偉いなと思う。おやじがあんぐり開いた口の中を覗き込み、一心不乱に作業をするなんてぼくには出来ないなぁ。それも、とってもとっても丁寧だ。

技工士さんによってはやり方が微妙に違う。

きのうの方は丁寧だけどずっと口に手をあてたまま。口を開けてると唾液が出てきて溜まるけど、技工士さんの手があるので口を閉じて飲み込めない。

口を開けたまま飲み込むのはちょっと難しい。

きょうの技工士さんは作業が少し進むごとに「はい、口を閉じてください」と言ってくれ、ぼくが口の中を整えるのを待ってくれる。

快適でした。

歯石を取り、磨いてもらったあとの歯は、舌先で触るとつるつるしていて気持ちいい。「これを維持しよう!」と、6年前も思ったんだけどね。

作業は、上下の歯をそれぞれ左右の奥と前の6ブロックに分けて進んでる。きょうで3回目。下の左→上の右→下の前と来て、次回はどこかなぁ。

今のところ、表面だけにとどまっていた小さな虫歯が一箇所発見されたのみ。

これ以上、何もないといいのだけれど。



ブログやツイッター等々、インターネット上での書き込みを毎日のように目にするようになってそんなに長い時間はたってないように思うのだけど、書き言葉がどんどん過激になっているような気がする。

直接知らない相手のことを悪しざまに書き連ねているのを読むのはイヤなもの。でも、書き込む方は“この語調がいい”と思っているんだろうな。

過激な物言い、極端な書き込みほど賛同を集める傾向にあるという分析を何かで読んだ。

長いものには巻かれろというのと同じ心理かな。

冷戦時代、大国の核の傘に隠れつつ「そうだそうだ」と言っていた、自分の考えをきちんと述べ得ない幼い国みたいなもんかしら。

ネットの世界に入ると旅人と同じ。旅の恥はかき捨てって感じで、あちらこちらを覗いては深みも厚みも重みもない言葉を置き去りにして行く。

文字の世界でも共感できる言葉遣いというのがあると思うし、それはインターネットの世界でもやっぱりそうだと思う。

書き捨て言葉は、目にする時間ももったいないよ。



“これまでに経験したことのないような大雨”予報が出ている九州北部。

ぼくが住む九州で一番北部の方は、ときおり強くなる程度の雨だ。

しかし、昼間、ほんとに真っ暗になり、轟くカミナリをともなっての大どしゃぶりは怖いくらいだった。

カミナリが苦手なネコ助、大きな音に少し脅えつつ、ゆるゆる近づいてくるところはちょっとかわいい。


熊本や大分は大変だなぁ・・・。

そう思いつつテレビを見ていたら、知人が住む街に避難勧告た出たと速報が。

あらら。

携帯から様子を伺うメールを出したら、折り返し「大丈夫です」との返事が。

安心したけど、「近くの川は氾濫寸前、夜の雨が心配」とか。

だろうな・・・。何ごともありませんように。

天気予報は、気象庁が発表するレーダー図で雲の動きを見たりして雨の降り方に気をつけましょう的なコメント。

みんな気象予報士になれということかな?


しかし、低気圧はイヤだね。アタマも、体の動きも鈍くなる。

取材映像の書き起こしをしていても、ミスタッチが多くなる。

資料を読んでいても、ちっとも頭に入ってこない。ページをめくっているだけだねぇ。

あきらめてゴロゴロしていても、ゆっくり感、まったり感が出ないもんな。

あしたも降るんだって。

そろそろあがって欲しいな。



自ら立ち上げたおうちを棄てて、小沢さんはまた出て行ってしまった。

立つ鳥跡を濁して。

親分は強面の方がいいわってことなんだろう、ぞろぞろさっさと出て行く皆さん。

東京都知事の石原さんは「ざまぁみろ」なんて言ってるし。

皆さん、どうしてこうもお下品なのかね?

この人たちの多くが、次の選挙でも国の舵取り役として戻って来るんだろうな。

ぼくらが権利を直接主張できるのは投票だけなんだけど、一票を投じたくなる人がいなくなって久しい。

ぼくが一票投じた人が関門を突破しなくなってからも久しいし。

次はどうしようかねぇ・・・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。