番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

PM2:00 本日の編集開始 → PM5:30 編集第2段階終了

昨日(というより今朝まで)、きばったおかげで、
予定より1日ばかり早く編集の下準備が終わってしまった。
ノンリニアできちんと編集するために、
今から局外のプロダクションへディレクター氏と共に素材を持ち込む。

予想外にスムーズな進展。胸にわき起こる不安の陰は何ぞや?
トントン拍子にいって、そのまま最後まで完遂したことがないという事実がある。
それも何度も。
だから、うまくいっている時に、その状況を素直に受け入れられない体質になってしまった。

今回は、このまま行って欲しいなぁ。すると、徹夜が最大でも2日ですむ。


============================


PM8:00
沖縄市、旧コザへ出発。

元「コンディション・グリーン」のボーカル、かっちゃんがやっている店へ行く予定。

もう30年ほど前、コンディション・グリーン全盛の頃の
目もくらむようなカリスマ性は、古希をむかえようとしているかっちゃんにはないかもしれない。

ステージからニシキヘビを客席に投げ込んだり、
ニワトリの首をはねて生き血を飲んだりはしないらしい。
しかし、女性のブーツにビールを入れて飲んだり、
鼻からタバコを吸って、舌で消したり、
ビールをビンからラッパ飲みしたりはお茶のこさいさいのようだ。

・・・・・・・会うのがちょっとコワいですぅ。


===============================


かっちゃんは、とても優しい目をした方だった。ほっ。

しかし、ステージは、お客の革靴にビールを入れて飲んだりと、
伝え聞く通り、いや、それ以上の破壊的なもの。

ステージに登場しただけで店内の空気がガラッと変わるのはサスガ。
ご自身、自分はミュージシャンじゃないと言われているようだが、
確かにパフォーマーと言うか、エンターテナーと言った方が的確だ。

びっくりしたのは、かっちゃん以外のメンバー(ギター、ベース、ドラム)のうまいこと!
かっちゃん登場の前に3人でインストをやった。
その演奏は、バンマス・かっちゃんの音楽性は違い、昔で言うところのフュージョン。

ギターは30代後半らしき日本人。ずっと沖縄でバンド活動をしてきた人らしい。
アーミングやトーンコントロールを駆使し、ソロを聴かす。
アル・ディメオラ、ジョン・マクラグリン系。ロックではジェフ・ベックかな。

ベースは、ハタチの日本人。かっちゃんの店のご近所だとか。
この子がうまいっ!! チョッパー、ビシビシ、店が震える。

ドラムは、若い黒人。兵隊だとか。こちらもうまいっ!!
アドリブをやっても、ベースときちっと合っていたし。
ギターも含めてメンバー3人、きちんと練習を積んでいるに違いない。

考えてみれば、音楽をやる人間がヤマといる沖縄。
そこでステージをこなしているのだから、テクニックを備えているのは
最低条件なのかもしれない。
その、基盤がしっかりしているから、かっちゃんのパフォーマンスが
どんな方向に行こうともだいじょうぶなんだろう。


客は大乗り。
しかし、勝手に出来上がっている日本人客がかっちゃんにビールを浴びせたりした。
あれはちょっとやり過ぎだった。アメリカ兵らしき客たちもイヤ~な顔。

--オレはアメリカ人とはケンカするよ。

とのたまっていたおじさん。そう言いつつ、掛け声は、

--ウワァオォォ、ホォゥ~ッ!

とアメリカナイズされてた。
おっさん、あんた、こういう場所の楽しみ方、知らんのじゃない?
ほとんどの客がふたり連れの中、6、7人と大人数で来ていたから、
ハメをはずしたんだろう。ひとりじゃ小さくなるタイプかな。
こんなジャパニーズ・オヤジ、結構いる。

客にすすめられるままにビールを飲みすぎたかっちゃん、壊れ方がエスカレート。
バンドのドラマーに、

--もう飲むなよ!

と叱られていたのがおかしかった。
確かに、飲む量は減らしたほうがいいですよ。もう古希なんだから。


================================


ホテル戻りは、AM1:45。
こんなに早く帰れるとは・・・・・・・・信じられん。


スポンサーサイト