番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

♪今日のBGM=String cheese Incident 『Austin,TX 04-04-02』


受注仕事の融通のきかないところ、それがスケジュール。

仕事をいただく先の意向を優先する。これは当然。
しかし、相手の意向をきいてばかりいては、こちらのやりくりがきかない。
やりくりがきかなくなると仕事が滞る。
そして、叱られるのはぼくである。これは、また当然。

で、仕事が数本重なった場合、少しずつ余裕をとって、
自分で「できる」と踏むスケジュールに調整する。
それがぐちゃぐちゃになること、これがよくある。

「○日から×日まで、ロケに出て自宅にいませんよ」
そう伝えておいても、あっさり忘れられて
「△日に打合せに来て」とTEL。
ワシ、今、東京だがね・・・。

--行けません。

--なんで?

なんでもなにも、いないと伝えたじゃないの!

と思うけど、目上の方が相手だったりすると、そう強くは言えない。
それに「△日に来て」ということ自体、決定事項として伝えられる。
選択の余地はない。
が、Tokioにいるその日に、そっちゃである打合せなんぞに出れんがね。
かくて、スケジュールも、アタマの中もごちゃごちゃに。

あっさり忘れるおぢさんには困ったものだけど、愛敬があるから
しゃーないなぁ、で済ませる。
しかし、中には、ず~~~~~~~っと、な~~んの連絡もなく、
突然メールで、「×日に決まりました」とくる相手も。

は? 何が×日に決まったの?
それさえわからん。意志の疎通の仕方を知らないとしか思えない。
ぼくがその仕事しかしてないと思っているのかしらん。


ぼんやり「ふと、さみし」


各担当のアタマには、自分のところのスケジュールしかない。
それは当然だろう。
だから、スケジュールをちょこちょこ変えても平気である。
2、3日、後ろにずれたり、前にずれたり。
その仕事一本で見れば何ということのない変化。

しかし、仕事が何本か重なると、ロケが重なり、編集が重なり、
ぼくのスケジュールはダブりまくる。
そして、相手のご機嫌を損ねると「ダブルブッキングだ!」ということに。

なんでダブルブッキングなのかわけわからん。
ぼくとしても一度に一本の仕事に集中したいのはヤマヤマなのだ。
しかし、世の経済状況はそれを許さない。

それぞれいろんな事情もあるだろう。
こちらとしては、「できんもんはできん!」とはっきり言う。
もう、これしかない。
で、「融通のきかんやっちゃ」と見限られても仕方ない。
言うことは言います、あとはそっちで判断してちょ。

とにかく、ぼくは自分ができることしか言いませんし、やりません。
でないと“自己責任”、取れませんで、ほんま。


////////////////////////////////////////////


スケジュールに追われてると言いつつ、気分が乗らん、買い物へ。
他人様に会えるジーンズが2本しかないので、リーバイスの502を購入。

と言っても、別にこの形のものが欲しかったわけじゃなく、
シルエットが気に入ったから。
505だの504だの、他の番号ものものもあったけど、
違いは知らない。


「Levi's 502」こんな風


「Levi's 502」とは・・・・

--1950年代まで使用されていた伝統的なディテール
--「イエローアーキュエットステッチ」、「ドーナツボタン」、
--「リアルレザーパッチ」をミックス。
--ややフィット感のある快適なはき心地と、
--リーバイスならではの深い味わいを同時に堪能できるモデル。
--このカラーは、実際にはき込んだようなリアルなシェービング加工を施し、
--洗い込むことで自然な中古感をだしている。
--長年はき込んだ風合いを再現するために、ユーズド加工後、
--ブラウン系の染料で仕上げている。

だそう。<by 「JEANS SHOP YOUNG」>

「イエローアーキュエットステッチ」なんじゃらもんじゃらと言われても
さ~っぱりわからんが、シルエット、かなり気に入った。

が、お支払いの段になって、¥10,000オーバーの価格にビビる。
こんな高価なジーンズを買うのは何年ぶりだろう?
すぐそばには、一本¥500円也のジーンズがぶら下がっている。
この値段の差はどこにあるやら? 違いがよくわからない。

ま・・・まぁ、たまにはいっか。
で、やっぱりご購入。


しかし、こりゃ、ネコ助がひっちゃぶいたお札、とっとと交換に行かねば。

金欠病に拍車がかかるばかりだ。


///////////////////////////////////////


う~ん、昼遊びのツケが夜に・・・。
ノルマをこなさんと寝れんどぉ。
自業自得とは、このことなり。


番組構成師の部屋


“ネコ助-Aoi's Room”←写真2枚追加

スポンサーサイト