番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

徹夜明けのボーゼンとしたアタマで朝のワイドショーを見ていたら、
皇太子さんの記者会見が始まった。

皇室に嫁いでからの雅子さんの悩みと現在の様子について、
かなり突っ込んだ表現でコメントしていて、ちょっと驚いた。
日本の皇室も、開放的な方向へ向かっているとも言えるかも。
ほんの、ほんの“ちょっぴり”だけだけど。


--(ひとりで洋行するのは)後ろ髪を引かれる思い。

こんな皇太子さんの言葉の端々から感じ取れる雅子さんの容態は、
決してかんばしくないようだ。

以前の日記にも書いたけれど、(2004年 4月 19日「雅子さん」
有能だけれど普通のお嬢さんが、皇室なる、天上から天下った神の血統と
今でも信じ、畏敬する人たちもいるような世界へ飛び込むことには、
それなりの決心があったに違いない。

皇紀二六〇〇年だなんだと崇め奉っていた時代とは違い、
外交官としての自らのキャリアを少しでも活かすことができるかも。
そんな思いもあったに違いない。
皇太子さんも、その思いに賛同したであろう、個人的には。

しかし、現実には、周囲の取り巻き連がそれを許さなかったということか。
海外に出、活動したいという皇室の一員がいるということは、
象徴天皇制をとる日本という国にとっては、非常にプラスになることのはず。
どんな取り巻きが、どんな言葉で、雅子さんの気持ちを押しとどめたのか。

--姫さま、それはなりませぬ。

これでは、大奥か。

能動的な外交官という仕事から、受動の極みといえる皇太子妃へ。
これを「世の女性の、究極の憧れ」とおっしゃる方もいる。
「どこが?!」と、個人的には思うのだが。

自らの動きたい欲求を強制的に制限される。
常に誰かの、国民の、監視の、好奇の目が光る。
prisonerだな、ある意味。

マフィアだかギャングだかと交際の疑惑がある女性と結婚するため、
オランダかどこだか、国は忘れたが、王位継承権を放棄した王子さんがいた。
皇太子さんも、今からでも遅くない、放棄しちゃえば?
人権を保障されていないのだから、とっとととんずらしてもいいじゃない。
皇位は弟に譲って。あの弟とあの義妹なら、なんなく国事行為を
固まった笑顔でやり抜くことでありましょう。

それがダメなら、隠居しましょう。
40代で隠居して、時に縁側で雅子さんとお茶でも飲みながら、
庭先に顔を出したアマガエルと戯れる愛子さんの様子を眺め見る。
それもまた、ひとつの生き方でありましょう。

雅子さんには、また働きはじめてもらえばいい。
どの程度の実力があるのかは寡聞にして知らないが、
語学堪能だといわれる雅子さん。かせぎまっせ、きっと。
ぼくらの税金の世話になることは辞退し、髪結いの亭主を決め込んでも
いいんじゃないの?

皇太子さんは、「雅子はぼくが守ります」的なことを結婚する前に言っていた。
その気持ちは変わらないだろうが、何の権限もない今の立場では、
守ろうにも守りきれない。まず伝統ありきの、四面楚歌。
皇太子さんの気持ちも辛くなるばかりだ。

雅子さんの希望と願いを抑圧しているのは誰か?
ファンと称する一般国民が、その一翼を担っているのは間違いない。

--とにかく、早く元気になってくださいませ。

と、言うのも気が引ける。
元気になれる環境を皇室内に作り出すことは、とにかく、不可能だろうから。

だからといって、

--諦めなさいよ、往生際の悪いヒト。

とも言えない。法律の埒外に置かれてはいても、
やっぱりひとりの、この世に生きている人間だから。
雅子さん本人の声が聞けるまでは、安易なことは言えないな。


外に出たい「外に出たいよ・・・」




////////////////////////////////////////////


♪今のBGM=Malo 『Malo』


-- PM9:25 ---------------------------


さてさて、恒例となってしまった夜のお仕事。
録画していた「こち亀」も見たし、そろそろスタートすっかぁ。
きょうは、ぜったいぜったい徹夜は避けたい。
が、集中力&持続力がないので、あっちに気が散り、こっちにおやおや、
ふと気づくと、時間ばかりが経っている。
あぁ、ムダに過ごした時のいかに多いことか。

ま、がんばろ。


-- AM0:19 ---------------------------

♪今のBGM=Little Feat 『Waiting for Columbus』

あっという間に零時を回ってしまった。
きょうが終わり、新たなきょうがやってきたのだけれど、
関係ないな、あんまり。
きょうは何曜日だっけ?てな感じ。

なんとなくおなかがすいたので、おやつの時間。
「空腹感解消ビスケット ぐーぴたっ」なるものを食す。
コンニャクマンナン(て何やねん?)を
ビスケットに練り込んだというこのお菓子(かな?)。
結構いけるけど、空腹感は解消せんぜ。

みっつの小袋に分かれてるのを、がばがばと食べ尽くす。
あとからおなかの中でふくれるのかな?


-- AM3:18 ---------------------------

♪今のBGM=Boston 『Boston』

ボストンのボストンを聞くと、学生時代を思い出す。
昔々、相撲取りは「一年を八日で過ごすいい男」(だったかなぁ)
と言われていたらしいけど、
8年に1度しか働かない、よりいい男のトム・シュルツさん。
桃栗3年、シュルツは8年。

次に働くのは、いつのことかな?

やっぱ、夜を明かしそう。もうヤケである。
バナナを食べて、お茶飲んで。

しかし、近いところも遠いところも目がかすむ。
0.0いくつの近目に老眼が加わると鬼に金棒。
メガネを買い換えねばダメかなぁ。

学生時代はコンタクトだったのだが、ハードコンタクトと
目玉との間に鉄粉が入り、隔膜がはがれかけたときの痛みが忘れられず、
そのままコンタクトとはおさらば。
が、この際だ、遠近両用コンタクトにでもしようかしらん。

それだと、居眠りができんかな。

Bostonの「Rock & Roll Band」に乗って、仕事へ復帰!


-- AM5:54 ---------------------------

♪今のBGM=Aerosmith 『Toys In The Attic』

きのう同様、夜が明けちまった。
あはあはあは・・・「ちびまるこちゃん」の山田になった気分。

ノルマを達成したら寝ようと思っていたのだが、
ちょっとやっちゃさぼり、ちょっとやっちゃさぼりするので、
三歩進んで二歩下がりつつ、結局朝日を浴びている。

ノルマ分、朝一で送って、きょうも朝寝だ!

しかし、夜明けのエアロスミスは、奇妙な魅力。



番組構成師の部屋


“ネコ助-Aoi's Room”



スポンサーサイト