番組構成師 [ izumatsu ] の部屋


台風はうろうろ、なかなかやってこない。
おかげで、あしたからの巡業は、予定通り出かけられそう。

嵐の前の静けさか、昼間は青空が広がり、ものすごくいい天気。
太陽ぎらぎらじりじり、夏の真っ盛りのよう。暑い、熱い。

でも、季節は確実に秋に向かってる。
実りはじめた稲穂の上では、赤とんぼが舞っている。

「もう飛んでるの? 早いよぉ」

でも、知らない間に、もう秋なんだよ。





太陽が落ちると、パタリ、風が止まる。むしむし、空気がよどむ。

プーン、どこからか蚊が入ってきた。蚊取り線香に火をつける。
とたんにネコ助が、おろおろ落ち着かない。

「あぁ、この部屋で蚊取り線香を使うのは初めてだ」

初物に弱いネコ助、しばらく蚊取り線香を遠巻きに。


「なんじゃ、お前」


蚊取り線香と、にらめっこ。


「おとなしいヤツやな・・」


そして、およそ8分後。


「てぃっ!」



ネコパンチを一発、食らわせると、ずるずる、あとずさりしてぼくのうしろへ。
首を伸ばして、煙りをあげる蚊取り線香を見つめる。

「ははぁ~ん、お前、ホントは恐かったんだな?」

強がりネコ助、実はおく病者。態度だけでかくて、困ったもんだ。


あ、ネコ助、テーブルに乗ってきた。かげ口きいたら、怒ったのかな?

「も一度、言うてみぃ」


すいません・・・・。



スポンサーサイト