番組構成師 [ izumatsu ] の部屋


◆熊本県にお住まいの皆さまへ-番組の宣伝です◆


「分け入っても分け入っても青い山」

「うしろすがたのしぐれてゆくか」

「こんなにうまい水があふれている」

「ありがたやあつい湯のあふるるにまかせ」


墨染めの衣を身にまとい、家々を行乞しながらの旅。

一生の大半を自由律の俳句に捧げた俳人・種田山頭火。





熊本市に住んでいた山頭火は、昭和5年9月、

妻も子も、すべてを捨てて、行乞の旅に出ました。

熊本から宮崎、大分をめぐる昭和5年の旅を記した日記『行乞記』。

俳優・佐野浅夫さんが山頭火に扮し、彼の足跡をたどります。


番組名:『さすらいの旅路~俳人 山頭火・行乞記』

放送日時:3月6日(日) 14:30から1時間

放映局:RKK熊本放送







三代目水戸黄門でおなじみの佐野浅夫さんは、
個人的にも山頭火の生き様に没頭。
山頭火の生涯をひとり芝居にするべく、台本を執筆中です。
熊本滞在中に古本屋で山頭火に関する書籍を見つけ、ご機嫌でした。



成り切る“佐野山頭火”






山頭火は水に関する句をたくさん詠んでいますが、
彼が飲み、詠んだ水を分析し、
「山頭火は水利きの名人」と結論づける大学の先生がいます。
その先生、広島国際学院大学の佐々木健教授も番組に登場。
山頭火が飲んだ宮崎の名水について語ります。

佐野さんと佐々木教授との関係はこちら → 「健さんの水の旅日記」


上記の番組は宮崎県と大分県でも放送される予定です。

放送日時が確定したら、お知らせしたいと思います。



スポンサーサイト