番組構成師 [ izumatsu ] の部屋


自分だったら葬式にどんな曲を流すかなぁと考えていて、その場にいたことがあまりないのに改めて気づいた。なおニンさんは火葬場に一度行ったことがあるそうだが、ぼくは一度もない。幸か不幸か、葬式にも片手で足りるくらいしか出たことがないのだ。

ぼくは葬式が嫌いである。

ぼくの葬式嫌いは高校時代、中学の同級生が亡くなったときに始まる。

彼は確か腎臓が悪く、わずか16歳にして人生を閉じた。特に親しくはなかったものの、同い年が世を去るというのはかなりなショックで、ぼくは元級友たちと彼の家を訪ねた。

葬儀はもう終わっていて、彼の家には何組かの親戚たちが残っていた。憔悴したお母さん。なにをどう言っていいかわからず、どぎまぎおろおろしてる間に、ぼくらは仏間へ座った。仏壇の前には、ひょうきんに笑う彼の写真が飾られていた。

「これが遺影っていうんか。笑っとるのにな」

親戚の人だろう、ぼくらに焼香をすすめた。仏壇に一番近く座っていたぼくが必然的にトップバッターとなった。困った。

「オレ、一度も葬式に出たことないやん」

葬式どころか、線香に火をつけたこともない。墓参りをしたこともなければ、ぼくの家には仏壇もないのだ。

テレビか映画でロウソクの炎から線香に火をつけている様子を見たことを思い出した。同じようにやってみると、線香に小さな火がともる。

「ほっ、やりゃできるやん」

ところが、ここでまた困る。
確か線香からは奇妙なにおいの煙が出るはず。しかし、ぼくの手にある線香は燃えっぱなし。これではダメなのではなかろうか? 消さねばならぬ。しかし、どうやって?

吹き消してはいけないような気がした。彼の遺影に向かって息を吹きかけることは失礼にあたるような気がしたのだ。ぼくは手にした火のついた線香をソッと振った。消えない。少し力を入れて、もう一度振った。消えない。焦って、ピピッと切れよく振ると、線香が折れて仏壇へ飛んでいった。火がついたまま。

そのとき、ぼくの背中から「ぷっ」と吹き出す声が聞こえた。後ろには彼の親戚たちが座っていた。その中の誰かが、ぼくの失態を見て笑ったのだ。

ぼくはふたつの意味で頭に血がのぼった。ひとつには、自分自身の恥ずかしさに。もうひとつは、厳かであるべき場で笑いをもらす人がいることに。それも悲しみにひたっているはずの親戚の中にそんな不遜な輩がいるとは! 我が子を亡くしたばかりの母がいるのに!


なんて嘘っぱちなんだ! と、まぁ、16歳の小僧は憤ったのだった。



葬式が故人を偲ぶ場ではなく、酒を飲み、うまいモノを食い、もう一歩踏み出せば手を拍って歌い出しかねない宴であることは、社会に出てから親戚の不幸で知ることになる。

一連の儀式を否定するつもりはさらさらない。告別式が旧交を温める場となるのも、そうした機会がなければ会うことのない人々に邂逅のときを提供しているからなのだし。
しかし、ほんとうに悲しんでいる人だけが慰霊に訪れるわけではないことを10代で知ったのはまずかった。トラウマとまではいかないが、葬式をシニカルに見る癖がついてしまったのだ。

20代半ば、親戚の葬儀に列席した。ぼくは“身内”なので参列者をむかえる側に座る。場所は青山葬儀場。参列者が並んだ。その親戚は会社のエライ人だったので、記録に残すために数人のカメラマンが写真を撮っていた。そのうちのひとりがぼくにカメラを向けた。続々続く参列者に対し、ありがたいとは微塵も思っていないのに頭を下げ続ける。その動作にうんざりしていたぼくは、カメラに向かって思い切りアカンベーをした。

その写真をネタに、親戚から、会社の社員から、「常識無し」となじられた。


葬式は嫌いだ。


スポンサーサイト



朝8時半。

さて、早めの日記を書こうかなぁと思いつつ、ネットをぐるり。
すると、音楽情報「BARKS」のページにこんな記事が。
  ↓
「お葬式で流したい曲 ベスト10」

調査の詳細などは上記リンク先を読んでいただくとして、選ばれた曲がおもしろいので、下記にイギリスとヨーロッパのベスト10をコピー。


<お葬式で流したい曲ベスト10/イギリス版>

1.ロビー・ウィリアムス 「Angels」
2.フランク・シナトラ 「My Way」
3.モンティ・パイソン 「Always Look On The Bright Side Of Love」
4.レッド・ツェッペリン 「Stairway To Heaven」
5.クィーン 「Who Wants To Live Forever」
6.グリーン・デイ 「Good Riddance (Time Of Your Life)」
7.R.E.M. 「Everybody Knows」
8.オアシス 「Live Forever」
9.ベット・ミドラー 「Wind Beneath My Wings」
10.ロイヤル・スコットランド騎馬隊 「Amazing Grace」

う~む、雑多である。クイーン、グリーンディからベッド・ミドラーにロイヤル・スコットランド騎兵隊までとは。

「Stairway To Heaven」という、ベタな曲があるのもおもしろいけど、モンティ・パイソンの曲が3位にランクされているのは驚き。イギリスでは人気があるらしいけど、ぼくは「ジョージ・ハリスンのお友だちたち」程度の認識しかないし。聞いてみたいな。(※下記注参照)

知らない曲も多い。モンティ・パイソンの曲の他、No.1、6、7、8、9と半分以上の曲を聞いたことがない。1位の「ロビー・ウィリアムス」という名に、「ほ~、歌も歌うのか。知らなんだ」と反応してしまう。おっと、これはロビン・ウィリアムスだ。


<お葬式で流したい曲ベスト10/ヨーロッパ版>

1.クィーン 「The Show Must Go On」
2.レッド・ツェッペリン 「Stairway To Heaven」
3.AC/DC 「Highway To Hell」
4.フランク・シナトラ 「My Way」
5.モーツァルト 「鎮魂歌」
6.ロビー・ウィリアムス 「Angels」
7.クィーン 「Who Wnats To Live Forever」
8.ザ・ビートルズ 「Let It Be」
9.メタリカ 「Nothing Else Matters」
10.U2 「With Or Without You」

イギリス版とNo.2、4、6、7の4曲がダブり。1位のクィーン「The Show Must Go On」が選ばれたのはよくわかるけど、AC/DCの「Highway To Hell」っつうのはなにかしら? シャレかシニカルな自虐か、はたまたヤケクソなのか。最後の審判をあきらめたのかなぁ。

クイーンが2曲にビートルズ、U2と並ぶのを見ると、こちらがイギリス版のような感じもする。クラシックに疎いのでモーツァルトの「鎮魂歌」がどんな曲か思い浮かばないけど、聞くと「あぁ、これ!」的な曲のような気がするな。
ん? 「鎮魂歌」?・・・「モーツァルトのレクイエム」ってヤツかしら? 我が家にあったような。あとで探してみよ。


さて、自分の葬式にどんな曲を流して欲しいかとなると・・・・・。う~む、悩むな。
ガンズの「Paradise City」を流すというのは nonkey37さんだったかしら? 「Welcome To The Jungle」もいいなぁ。でも、あのイントロで参列者を驚かすのもなんだし。「走れコータロー」を流した競馬好きな人もいたらしいけど、そこまでやると痛快かも。笑ってもらえたらいいしなぁ。


ひとまず候補をあげてみよ。

*Allman Brothers Band 「Rumblin' Man」

*Lynyrd Skynyrd 「Freebird」

*Eagles 「Take It Easy」

*Dave Mason 「Every Woman」

*Leo Sayer 「More Than I Can Say」

*John Lennon 「Stand By Me」

*Elton John 「Border Song」

*Neil Young 「Heart Of Gold」

*Tom Waits 「Ol' 55」

*America 「Tinman」

*よしだだくろう 「友だち」

*Blue Hearts 「チェイン・ギャング」

*井上陽水 「能古島の片思い」

*高石ともやとナターシャセブン 「さよならが言えない」

*村田英雄 「人生劇場」

*RCサクセション 「トランジスタ・ラジオ」


あかん、葬式が終わらん。





※注
<お葬式で流したい曲ベスト10/イギリス版>でNo.3にあがっているモンティ・パイソンの曲名が「Always Look On The Bright Side Of Love」ではなく、「Always Look On The Bright Side Of Life」であるというご指摘をコブラクローさんからいただきました。
コブラクローさん、ありがとうございます。

こちらでその曲が聴けます。楽しい曲でした。
  ↓
http://orangecow.org/pythonet/audio/audio.html