番組構成師 [ izumatsu ] の部屋


復活「クィーン」に参加して驚かせたポール・ロジャースが率いた「フリー」のギタリスト、ポール・コゾフ。確か、生前唯一のソロアルバム。オークションにて、「こんなでいいのかしら? バチあたりじゃない?」価格で入手。


Paul Kossoff 『 Back Street Crawler 』


1973年リリース 初ソロアルバム

“泣き”で名高いポール・コゾフのギター。今で言えば「涙そうそう」、臆面もなくそこまで泣くか?!と、あきれるほどにわななくビブラート。その強烈かつ流麗なチョーキングに圧倒されたクラプトン(当時、既に神様)が楽屋に押し掛け、「弾き方、教えて」と頼んだという逸話も残る。

確かに泣いてる。聞いてて泣ける。情念のわななき。

古来、才能ある人は自分を痛めつけるのが性なのか、コゾフはドラッグにおぼれ、このアルバムを出したころはもうぼろぼろ。衰弱した体を急性心不全が襲い、ツアー中の飛行機の中で息を引き取ったのが25歳。生きていたら、今年で55歳。

まだ、55・・・・・クラプトンより5歳も若い。

あぁ、惜しい・・・・・。


夭折の才能に、若い心は憧れる。

「あたし、ジャニスの歳には、生きていないわ」

ジャニス・ジョプリンの歌に、自ら破滅へと突っ走ったように思える生き方に、取り憑かれた女の子がそう言った。

バイトをし、わざわざ海外へ出かけては、ドラッグにつかって帰ってくる。体を傷つけることで、心のバランスをとっているような、そんな危うさ。

「死に方だけ似て、どうするの?」

忠告のつもりだった言葉の、なんと幼く、デリカシーのないことか。

ジャニスがその命を閉じたのは27。
あの子はまだ生きているだろうか・・・・。


いやいや、きっとママになってるさ。









『遺作 ミュージシャンの死とラスト・アルバム』
1998年 レコードコレクターズ 7月増刊号 1800円


夭折の才能への憧れか、こんな本も。
もっとも、焦点は「遺作」だから、40代、50代、60代で亡くなったミュージシャンも載っている。

ポール・コゾフはもちろん、ジャニスやジミ・ヘンドリクス、ブライアン・ジョーンズ、ジム・モリソン、デュアン・オールマン、トミー・ボーリン、カート・コベイン、マーク・ボラン、シド・ヴィシャス、そして尾崎豊・・・・・。多いなぁ、惜しい人。


岡田有希子も登場。
四谷のビルから虚空へ跳んだ彼女は18歳だった。



スポンサーサイト