番組構成師 [ izumatsu ] の部屋


ネットにつないでいたら、FAXが来た。
新調したばかりの複合機、初の受信!

「お~、ちゃんと出た出た!」

ネットを閉じて、FAXを一読。なかなかきれいじゃんと悦に入り、ついでに仕事をちょこちょこやって、おっとメールを出さなけりゃとメーラーを立ち上げ、婉曲表現にうんうんうなり、さて、出そうとONしたら、

「サーバーの接続に失敗しました。
 サーバーが稼働してないか、混んでいる可能性があります」

ナゾのような言葉をポンと出して、そののち無言。
「可能性」なんて言うなよぉ、お前、コンピュータだろ!

メールが出せないということは・・・・・あぁ、やっぱりネットにもつながらん。

こちらは、

「○○○が見つかりません」

なんて、断言する。
ちゃんと探せよっ、お前はコンピュータじゃんかっ!!

しかし、何度やっても結果は同じ。あぁ、アタマ、いたい。。。。

FAXはちゃんときた。電話は・・・・・うん、できる。ということは、回線じゃないのね? となると、ルーターorモデム? しかし、ランプの点灯は正規のグリーン。きちんと動いているようだ。

んじゃ、どこが悪いの?

ルーターとモデムのマニュアルをパラパラめくる。あぁ、ワカラン言葉だらけ。アタマがズ~ンと重くなる。完璧文系の脳みそには呪文のような文章。巻末の用語集からひもとかなくちゃダメ?

めんどくさい。実力行使。電話はできるんだから回線は正常だ。よし、プリンタ複合機から電話線を引っこ抜き、ルーターと直結。

どうだ!

「サーバーの接続に失敗しました。
 サーバーが稼働してないか、混んでいる可能性があります」

なして?! 電話はOK、なのにネットは不可?
そんな理不尽なことがあっても可??


   ????????????????????????????


壁からスプリッタ → プリンタ → ルーターへとつながるラインには異常なし。パソコンの裏側を覗き、ルーターとモデムをつなぐ線をはずしてはつなぎ、接続にトライしては「○○○が見つからない」&「サーバーの接続に失敗」云々。こんのやろぉ。

????の数時間を過ごしたのち、ハタと思い出す。

ISDN時代、ちょくちょくつながらないときがあり、それはナゼかというと、ターミナル・アダプター(だったかな?)の「時計」が、突然、

「9998年48月37日午前29時71分」

などと、あり得ない時間へとワープするからだった。

ひょっとしたら。。。。とルーターの「時計」を覗いてみると、

おぉ!

「2004年9月14日15時33分」

微妙に(でもないが)ずれてるっ! 今回の「断絶」もこれが原因かっ?!

ドキドキしながら正常時間に戻す。その結果は。。。。。。。?




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ホッ。




コンピュータって、どうして「どこどこが、どう悪いですよ」と丁寧に教えてくれないのだろう? 「可能性がある」なんてぼかしたり、「見つからない」と突き放したり。こんな慇懃無礼な日常機器があるだろうか。

トラブルの時は××を見ろという指示はある。が、しかし。マニュアルを後ろに前にぱらぱらめくっても、ちんぷんかんぷん、120%、わからない。

ぼくの母は「私は現代の文盲」とよく言う。わからん言葉に充ち満ちているということだろうが、その息子は「IT文盲」。

カエルの子はカエルってか?


スポンサーサイト