番組構成師 [ izumatsu ] の部屋


大どしゃ降り。

きのうまでの快晴はどこへ行ったのやら。

確かに季節は梅雨だけど、雨の降り出し初日にここまでやらんでもいいだろう。
田植えを終えたばかりの田んぼは、溜め池みたいになってしまっていたぞ。
夜になっても、衰えるどころか、激しさを増す雨。
農家の人たちは気がかりでゆっくり眠れまい。


おや? 階下からぼくを呼ぶ声が。
お袋だ。

日よけのトタン板を叩く雨の音が恐いから、天窓を閉めてくれと言う。
う~む、ガキのようなことを言う婆さんである。

お袋は、150センチにかなり足らないおチビさん。
踏み台に乗って、マゴの手を使っても、届かなかったらしい。
あな、お気の毒。

息子はデカいだけでも役に立つときがあるわけね。

天窓を閉めてやる。
あ、恐くなくなった、とお袋。やっぱりガキだ。

あした、開けてやらなきゃな。


しかし、さすがに恐くはないけど、アタマにくるほど、きょうの雨はやかましい。


ステレオの 音もかき消す 雨の音


句になっとらんな。


スポンサーサイト