番組構成師 [ izumatsu ] の部屋


今、とりかかろうとしている仕事のディレクターから電話があったので、なんちゃらかんちゃらと好き勝手なことを話していたら、「ちょっと待って」と電話を誰かとかわった。で、出てきたのがその番組のプロデューサー。それまで、会ったこともなければ、話をしてこともない。まったく初接触のその方が、おっしゃった。

「どうも。ブログ、拝見してます」

ひえ~!!

かようなお遊び日記を、見ず知らずの、かつお仕事をいただいてる相手側の人に「拝見してます」と言われた日にゃ、ビビって穴があったら入りたい思いに駆られてしまった。


元々、自己宣伝のために作った、結構きちんとしたHPだったのだけど、更新するたびに専用ソフトを使って無料で借りてるサーバーにアップすることの面倒さにすぐめげて、しかし、始めたからには続けたいなと思っているところに、友人から教えてもらったのがこの「楽天」。

直接書き込める手軽さに、さっさと乗り換え、今日に至っているのだが、本来は主であったはずのテレビ番組&業界での出来事や、番組評、提言や苦言などはほとんど姿を消し、毒にも薬にもならないことを書き連ねるページになってしまっているのだった。

HPを始めた当初は、営業的要素が強かったから、過去に制作に参加した番組一覧などが表に出ていたのだけど、今となってはこのページのどこかに細々と生息しているだけになってしまった。

載っけているのが、ねじねじ姿のネコ助や、昔懐かし耳馴染み音楽ばかりと化したこのページ、本来は上に揚げたような目的を持っていたので、実はURLを名刺にも刷っていたりする。だから、ここを覗いてくれる人の多くは、業界の人であろうことは想像していた。

しかし、まるで初めての人に「拝見してます」と言われるような状況になると、ちとまずいかなぁと思わないでもない。このページを読んだ人の頭には、誤ったぼくのイメージが植え付けられるのではなかろうか?(全然「誤って」ないという声も聞こえる気がするが)

きちっとしたことを、毎日、書き込む人もいる。偉いなぁと思いつつも、まぁ、ぼくはこんなことを考えてますよ、感じてますよということを知ってもらうのも「営業」のひとつかなと自ら納得して、このページは維持していくこととしようかな。


そんなことなので、このページを覗いてくださっている同業種の皆さま。ここに掲載されているぼくの言葉は100パーセントぼく自身の思いではあるけれど、ぼく自身の100パーセントがここに載っかっているわけではないことをおわかりいただいた上で、駄文を楽しんでいただけると幸甚に存じます。


ヘンな挨拶になってしまった。言い訳だね。

「番組構成師 izumatsu の“言い訳日記”の巻」でした。



スポンサーサイト