番組構成師 [ izumatsu ] の部屋



近くの田んぼの稲が色づき始めた。

色づき

見慣れた風景なので
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
っていうような実感はないのだけれど
はたと気がつくと
頭が重そうになった稲が風にゆらりゆらゆら。

はぁ、季節はやっぱり秋なのね。

なんてわずかな感傷にひたっていたら
近くの田んぼでは早くも稲刈り。

光陰矢のごとし。なんとなく、焦る。


秋の、積もった落ち葉の上を
歩きたいなぁ。

もう、何年も歩いてないや。


スポンサーサイト