番組構成師 [ izumatsu ] の部屋


電車内でメールを打ち続ける若い女性。止めるのを恐れるかのように没頭中。

周囲も携帯を握りしめてる人ばかり。バッグに入れていればいいだろうに。でも握りしめてる必要がある。携帯を介して誰かとつながっている、その安息が欲しいんだ。それは、心が暖かくなる実感ではなく、すがるような渇望の発露。

「一人じゃない」というフレーズを使った歌が増えてる気がする。自分は一人じゃないんだということを信ずるために、みんな携帯を握りしめる。

つながる…簡単なようで難しい。
こんな世の中で、つながりを実感できるのは、本当に幸せなことなんだろうなぁ。
スポンサーサイト