番組構成師 [ izumatsu ] の部屋


朝の4時台というのは深夜かな? いんや、早朝だろう。
でも、テレビの世界は午前4時とは言わず、28時と言ってみたりする。
そんな時間、ね~だろう。

そんな時間でも、流れる番組はある。
そして、スタッフは、スポンサーもつかないそんな番組に、結構、心血そそいでたりする。

あす6日から12日までの間に、全国の民放で、てんでバラバラにオンエアされる番組がある。

このページのどアタマで紹介している『 ほたっちょけ ~元総長のふれ愛義塾~ 』。

番組の流れの不出来なところや焦点の絞り切れなさなどが確かにあって、構成係として慚愧に堪えないけれど、それは棚にあげさせてもらって、とにかく見てもらいたい。

今、若い子たちはどんな状況にあるのか。
その戸惑いが見える。

その戸惑いを受けとめるにはどうすればいいのか。
その手がかりが見える。


あす、1月6日早朝(5日の深々深夜)にオンエアする局と時間は下記の通り。

*名古屋テレビ 1月 6日(土) AM 4:55 ~ 5:50
*琉球放送 1月 6日(土) AM 5:20 ~ 6:15


こんな放送時間の番組を「ぜひ見てください」とはとてもじゃありませんが言えません。録画をセットする手間をおかけしますが、そのお時間を割き、見ていただけると幸いです。





人生で出くわすすべての体験をしていなければ他人を指導できないとすれば、人を導く教師という職業が務まる人間などこの世にはいないし、それを期待するのは無謀というものだ。

しかし、惑う若い子たちが共感し、心を寄せるオトナは確かにいる。

それは、同じように惑い、悩み、苦しみ、みっともない自分を疎んじ、自らでありたくないと渇望した経験を持ち、そして、そのことを隠すことのない人間じゃないかと思う。

この番組に登場する塾の主催者は、そんな人。
その人のまわりに、惑い、居場所を求める若い子たちは集まる。

そんな事実があることを知るだけでも、見てもらう価値はある。
そう、思います。


スポンサーサイト