番組構成師 [ izumatsu ] の部屋



ほたっちょけ ~元総長のふれ愛義塾~

明日、1月7日の放送は
下記の通りです。

*北海道放送 1月 7日(日) AM 5:30 ~ 6:25
*岩手放送 1月 7日(日) AM 5:45 ~ 6:40
*東北放送 1月 7日(日) AM 5:05 ~ 6:00
*北陸放送 1月 7日(日) AM 5:00 ~ 5:55
*信越放送 1月 7日(日) AM 5:30 ~ 6:25
*テレビ朝日 1月 7日(日) AM 4:55 ~ 5:50
*静岡放送 1月 7日(日) AM 4:50 ~ 5:45
*朝日放送 1月 7日(日) AM 4:55 ~ 5:50
*山陰放送 1月 7日(日) AM 5:35 ~ 6:30
*中国放送 1月 7日(日) AM 5:20 ~ 6:15
*西日本放送 1月 7日(日) AM 5:05 ~ 6:00
*RKB毎日放送 1月 7日(日) AM10:30 ~ 11:25
*大分放送 1月 7日(日) AM 5:50 ~ 6:45
*熊本放送 1月 7日(日) AM 5:30 ~ 6:25
*宮崎放送 1月 7日(日) AM 5:05 ~ 6:00
*南日本放送 1月 7日(日) AM 5:05 ~ 6:00
*沖縄テレビ 1月 7日(日) AM 5:00 ~ 5:55



RKB毎日放送以外は
早朝勤行するお坊さん並の早起きな方でなければ
「見てください」とはお願いし難い時間ですが
ご高覧いただけると幸いです。


スポンサーサイト




歯科医を目指す浪人生の兄が、女優を目指す妹を殺めた。

朝のワイドショーなどでは、なにがどうしてどうなったやら、ちっとも確証のないままに“○○らしい”レポートのオンパレード。聞くたびに気分が滅入る。「だったらワイドショーなんか見るなよ」っていうむきもあるだろうけど、事件そのものには多少の興味はあるのだった。

祖父が歯科医。父も歯科医。そして、兄も歯科医間近。そんな、歯科医に染まった家に生まれたら、ぼくも「歯医者になろう」と思ったろうか?

思っただろうな、きっと。そして、自分で自分をがんじがらめにしていたかもしれないな。

高校時代の知人に歯科医の息子と生まれた双子がいたけど、ふたりはそろって浪人を経て、そろって仲良く歯科医となった。どちらが家の歯科医院を継いだかは知らないけれど、親のあとを継ぐってのはあたかも当たり前のように、平成も19年目となった現在でさえ、誰もが思っている。だから、「他にも道はあるだろう」って軽々しく言うことはできないな。

でも、やっぱりね、他にも道はあるんだよ。

親の期待に見事応えた兄と、我が道を切り開いていくように見える妹。そのふたりにはさまれた、アイデンティティを見いだせない宙ぶらりんの自分。それに気づいてもどうしようもなく自分自身を追い込んで行く。つらいよね。

歯科医を目指しているのは自分の意志だとか。ならば、受験の関門は越えざるを得ないし、その目標へ歩む限り、他の道は見えてこないね。

でも、他にも道はあるんだよ、やっぱりさ。

悩みのさなかにいるときには、他人の言葉は素直に耳には入らない。アドバイスは高所からの忠告に聞こえるし。

朝日新聞は先日まで「いじめ」に関する有識者の言葉を連載していた。いろんな人が自分の経験を話したり、よかれと考えることを記したりしていたけれど、「みんな成功者の言葉に過ぎない」という読者からの意見もあったという。

ぼくもその意見に近い。悩みのどん詰まりにいるときに、こうした言葉は心に響くんだろうか?

ぼくも若いころ、誰の言うことにも耳を貸すか!と思っていた時期があった(らしい)。どんなアドバイスや意見も“言える立場にいるから言えるんだ”としか思えなかった。言えない立場にいる人はどう言うだろう? そう考えると“言える立場”の人の言葉もむなしく空回り。白々しくさえ思えてしまってしょうがない。そんな時期が確かにあった。

「夢を持て」とかさ。少年よ、大志をいだけってか? 軽く言うなよ。

いだけないから、悩んでいるのに。いだけないから、辛いのに。「夢を持て」なんて言えるヤツらって、持てない痛みを知らないんだな。

そんな風に思っていたから、自分の未来に期待をいだけない若い人たちに言う言葉をぼくは知らない。

でも、これだけは言える。

他にも道はあるんだよ。道はひとつだけじゃないんだから。