番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

きょうは暑い。朝の天気予報によると、最高気温予報は沖縄と同じだった。

沖縄の人には「ちょっと涼しい」くらいの気温かも。でも、北部九州に住むぼくらには、かなり暑かぁ~という温度。実際、外を歩いたら30歩くらいで「ご勘弁」という感じだった。

外出帰りの昼下がり。日差しは強いけど、窓から吹き込む風は心地いい。眠かね~と、きのう録画したレインボーのライブを見つつ、聞きつつ、目玉とろとろ。ネコ助は押し入れでぐっすり中。

半分眠った脳みその中で、ロニー・ジェイムス・ディオが叫んでる。
うぅ、でかい声じゃ・・・。

レインボーはぼくが初めてライブに行ったバンド。録画したのは1977年10月、ドイツはミュンヘンでのライブ。ぼくが見たのはその前の年、1976年の12月だから、もう30年以上前のこと。

場所は、千駄ヶ谷駅前の(今は亡き)東京体育館。ぼくは友人(頭突きで英単語を覚えた彼については こちら)とふたりで出かけた。

ぼくらの席はステージに向かって左側。「席」と言っても場所は体育館だから、パイプ椅子が並べてあるだけだったような覚えがあるけど、ライブの記憶はほとんどあいまい。ぼくはレインボーというグループが特に好きだったわけじゃなくて、リッチー・ブラックモアという希代のギタリストを見たかっただけだから。

だもんで、実は来日メンバーに、のちに若くして交通事故で世を去る流れ者バカテクドラマーのコージー・パウエルがいたことに気づかなかったし、ボーカルがロニーであることさえ知らなかった。バンドの曲も全然聞いたことがなかったのだった。

生リッチーが見れたら、それで良かった。

だから、どんな曲をやったのかもまったく覚えてないのだけれど、しかし、も~のすごいライブだった。当時は“ヘッド・バンキング”なんて言葉は使わなかったと思うけど、ステージではリッチーがあおり、客席はそれに応えて暴動寸前。ぼくも自分の席を蹴飛ばし、立ち上がり、騒ぎに騒いだ(ような気がする・・・)。

リッチーは、のちに伸ばした詐欺師のようなヒゲもなく、まだまだスリムな体。「客のことなんか知らないよ」てなたたずまいで超然とギターをかき鳴らす。

ライブ終盤、リッチーがふと舞台袖に消える。なんじゃらほい?と思ったら、すぐに出てきて、お約束のギター破壊。ギターをステージの床に叩き付け、モニターをぶん殴り、ネックが折れると弦を持って振り回し、そのまま客席にぶん投げた。

このギター、ぶっ壊し用の日本製ギターだったそうだけど、ぼくらは彼に狂気を感じた。

リッチーの狂気はギターだけじゃおさまらず、アンプ(モニターだったかもしれない)を蹴り倒し、客席に放り投げた。あの直撃を受けたら痛いじゃすまんだろうなぁって、その時、現場で思ったっけ。暴れまくっていたけど、結構、冷静にステージを見ていたのかもしれないなぁ。


ライブが終わり、下宿に帰ろうと高田馬場の駅前を歩いていたら、若い衆が二、三人、当のそのアンプを嬉々として担いで行くところに出くわした。いいライブ土産をもらったなぁって、ちょっとうらやましかったっけ。

リッチーがぶん投げたあのアンプ。あの若い衆たちの誰かが、30年以上たった今も大事に持っているだろうか? そして、きのう、BSから流れるレインボーのライブを大学生の息子と見ながら、「父さんの宝物のこのアンプは、この黒ずくめギタリストが放り投げたんだぞ」と威張っていてくれないかな。


あぁ、春の夢は脳を勝手にかけめぐる・・・。

リッチーさ~ん。きれいな奥さんとのコラボレーションもいいけれど、ぼくはあんさんの狂気丸出しソロが好きでしたぜ。テレビカメラにストラトをぶち刺したこの世界に、もう戻ってきてはくれんやろうね。


あれから、はや30年。
こんなやかましい音を聞くといまだに心地よいのはナゼやろね?


このレインボーのライブに続き、きのうはレッド・ツェッペリンの「狂熱のライブ」が流れた。この映画、ぼくは学生時代にも、社会人になってからも見たけれど、二度とも途中で眠ってしまった覚えがある。

映画としてつまらないというせいもあるのだけど、ぼくは、ツェッペエリンがどうにも苦手だったのだ。じゃ、なんで見に行ったのか? う~む、今となっては動機は不明だが、ハードロックの世界に君臨する“鉛の飛行船”を一目だけでも見ておくべきだと思ったのかも知れない。

でも、彼らの曲に「いいな」と思う曲は、当時なかった。中学時代に流行した「移民の歌」ぐらいかな? バンドでやるロックの基礎を築いた連中であることは間違いないけど、きょう、改めて見て、やっぱりあんまり好みじゃないや、と再確認してしまった。

ぼくは、例えばディープ・パープルの「ハイウェイ・スター」に代表されるように、曲に、演奏に、ボーカルに、疾走感がないとダメなのだ。ジミー・ペイジのギターや、ジョン・ボーナムのドラム、ロバート・プラントのボーカルには疾走感がない。ロバートの金切り声も「かんべんして」という感じだし。

ジョン・ボーナムが頓死したときにスパッと解散したことで、ツェッペリンはより以上に伝説の存在に祭り上げられてしまった気がする。

でも、ジッパーの横にイギリス国旗(だっけかな?)を縫いつけたロバートのジーンズは欲しかった。ぼくが履いても似合うはずもないのだけれど。


4月下旬の昼下がりは、こうしていにしえのロック三昧で流れ去っていったのでした。


スポンサーサイト


春の温かさにご機嫌ネコ助。
グースカ居眠り時間が長くなる。

あんまりグッスリしているもんだから、
ついついイタズラしたくなる。

つんつん体をつっついても
ちっとも気づかずクークーピーピー。

それでは、と
アタマにティッシュを乗せてあげました。

ムカ
「エエかげんにせいよ」


ちょっとコワいネコ助。

同じイタズラばかりする飼い主を
許してたもれ。



先月、番組の制作に参加した『おきなわのホームソング』。今月の2日からオンエアが始まっている。


  詳細は → 2007.03.09 「 おきなわのホームソング- BEGIN 」


BEGINの比嘉栄昇さんがプロデュースし、毎月1曲、沖縄の子どもたちのために曲を作ろうという『おきなわのホームソング・プロジェクト』。そのホームページがいつの間にやらできあがっていた。


  ホームページは、こちら
    ↓
  ホームソング


記念すべき第1曲目、『走(は)え~ゴンゴン』は週5回、オンエア中。

BEGINを中心に、沖縄のミュージシャンと子どもたちが参加した「スタジオ編」

「オキナワノコワイハナシ」などで注目されている映像制作集団「チームなっちゃん」制作の「アニメ編」

曲に合わせて沖縄の幼稚園児が踊る「ダンス編」

以上、3パターンが流れている(らしい。沖縄でしか見れん・・・見たか~)。


5月に放映される2曲目もすでにできあがってるとか。どんな曲だろ?
HPでも曲が聴けるようになるといいなぁ。ダメ?



やーるぅー
  ↑
「おきなわのホームソング」のマスコット“ピンクゲッコー”君。
いつも赤瓦の屋根で歌っているそうな。
三線は弾けるんだろうね、やっぱし。



月曜日から南の穏やかな街へ。

いつもは太陽の光も肌に心地よい街も今回はいつもと違う顔。冷たい雨が降って、寒いこと寒いこと。ぶるぶる。

山は雪が舞った。四月の半ば過ぎに雪がチラチラするなんて。

どうなってんの?と思っていたら、空港へ向かうタクシーの運転手さんによると世界一の活火山には27センチの雪が積もったそうな。

27センチって、すごかぁ。

そんな気候もなんのその、今回は二日続けて飲んでしまった。
飲むのはお湯割り焼酎。普段は一滴も飲まないせいか、たまに飲むとうまい。

でも、一番楽しいのは、いろんな人の話が聞けるから。たまには酒も飲まんとあかんな。

ベロベロにならない程度にね。

春はダメ。
この一週間、目玉は開いてても脳みそ停止状態。

座っていても汗が出る日もあるかと思えば、真冬の布団セットでも寒い明け方もある。

気温と湿度の変化に体がついて行ききれないんだろうなぁ。アタマが渋柿から抜け出せない。

ま、毎年のことだし、春が通り過ぎれば元通り。


あぁ、早くのんびりゆったりまったりしたい。

などと考えつつ、モスバーガーでベリーのシェイクなどをすする日曜の昼下がりなのだった。

きょうは選挙の投票日。
と言っても、きのう、不在者投票を済ませた。日曜日のきょうは、なんとなく用事ができそうだったから(なんて、いいかげんな理由で不在者投票なんてしていいのかしら?)。

その予感がマズイことに的中し、日曜日のきょう、打合せをすることがきのうの夜に決まってしまった。

悪いことはするもんじゃない。

ぽかぽか太陽のもと、都会へ向かってひと走り。平日は一時間半くらいかかるのだけど、さすがに日曜日は道がすいてる。

それでも、途中、モスバーガーに寄り道したから、結局丸二時間もかかってしまった。

あぁ、しかし・・・。

気温も湿度も気圧も不安定な春は、ダメダメな季節。アタマの中身、イコール脳みそが渋柿になった気がする。打合せの最中も、気がつきゃ“ぼ~”。

今年、判明したのだけど、この“ぼ~”は、花粉症がその原因のひとつかも。

ぼ~・・・・・としながらの打合せは、体と脳みそにこたえる。夜、帰宅してもなんにもする気になれん。コタツでゴロゴロしながら、開票速報を見る。

あぁ、しかし・・・。

今回の選挙もまた面白くない結果に終わりそうで、脳みそがますます渋柿化しそう。石原慎太郎さんに投票した人の半分は、彼の政治家としての実績より何より、彼の「人柄」を買って一票を投じたそうな。

“あのヒト”の“あのヒトガラ”に好意やシンパシーを寄せる選挙民がそんなにいるとは。ぼくらの脳みその振り子は確実に右傾化してるんじゃないかしら。

「歯に衣着せぬ」と言うけれど、単に傲慢で下品なだけでっせ、かのヒトは。


あぁ、なんでもいいけど、アタマが渋柿じゃぁ・・・・・。
買ってきたマンガでも読も。


ワンピース
「ONEPIECE YELLOW GRAND ELEMENTS」


マンガ『 ワンピース 』の大事典といった趣。これまで登場したキャラクターや悪魔の実のあれこれ、さまざまなトピックスや名場面に名言妄言、ドーンと詰まって1ページ読むのに15分くらいかかりそう。

よくもまぁこれだけのキャラを考え出すモノだと改めて関心。しかし、マンガはともかくアニメの「ワンピース」はどうにかならんかなぁ。進展が遅い遅い。時にはストーリーに全く無関係の時代劇バージョンが挟まるし。

アニメのテンポをあげると、マンガにおいついてしまうからだろうけど。一球投げるのに何週間もかかった「巨人の星」じゃあるまいし、まどろっこしいったらありゃしない。

それに、ルフィはじめメインキャラクターがちょっと強くなり過ぎで、感情移入ができなくなりつつあるなぁ。アラバスタのころまでは“仲間”といった感じだったんだけど、もはや全員“超人”と化している。ウソップなんて打たれ強いのなんの、マンガと言えどもスタート時と比べると完全に非人間化してしまってる。

あぁ、読んだことのない人にはなんのことやらわからない話をズルズルと・・・。
きょうはこれを睡眠薬に、お休みなさい。


目医者の女医さんに
「力石徹に似てる」と言われて数日。

書き込みしてくれた友人・知人の言うごとく
実はち~とも似ていない。

力石さん、あまり好みでない面相なので
「似てない」と言われると
結構、嬉しかったりしてたりして。

先日、あるページを見ていたら
「こっちの方が似てるかもぉ」
と、自ら思えるイラストが。


dan2


これ、元ジョージア・サテライツのフロントマン
ダン・ベアードさん。

長い髪にジーンズ&デニムの上着。
そして、コンバースのバスケット・シューズ。

四半世紀前、60キロを切っていたころの
自分自身を思い出した。
ギターは弾けなかったけど。


毎日毎日、ジーンズ地の上下。
他の大学の女の子に
「それって、制服ですか?」
と、真顔で聞かれたっけ。


そ、制服。
今もおんなじカッコをしてるよん。



洗濯物が真横になびくほどに風は強いものの、陽射しはぽかぽか春模様。

春眠暁を覚えず。春、眠くなって仕方がないのは、ビタミンB1を大量に消費するからだと某テレビ番組で言っていた。え~、ほんとぉ?

「あるある事件」から以降、テレビから流れ出る言葉のあれこれが、どうも「まゆつば」モノに聞こえてしまうのは、放送の業界で禄をはんでいる人間としては情けない。

ま、春の睡魔はビタミンB1不足がホントだとして、とするとこヤツは一年中B1が枯渇しているに違いない。

ぐーぐー「クークー zzzz」

心地よさげに眠りこけているさまは、愛らしくもあり。
よしよしよし・・・・・・。

心を込めてなでなでしてやったら、むっくり起き上がって不機嫌化。

ぶすっ「むすっ」

ネコ助には過剰な愛情は不要なようで。

それにしては、こちらの姿が見えないと「アォンアォン…」と鳴いて、そばに近づくと肩まで駆けのぼるのはなぜかな~?

「あたいが大将!」って言いたいのかもね。


目玉の定期検診に眼科へ行った。
60歳をこえると思われる女医さんが、診察室の椅子に座ったぼくを見ながら「う~ん・・・えっとぉ、なんだっけ??」とうなる。

なんのことやらと思ったら、突然、

「あ、そうそう、力石!『あしたのジョー』の力石よ!」

「は?」

「あなた、力石徹に似てるわよ」

「は?」

先生が言うに、ぼくは『あしたのジョー』の「力石徹」に似てるのだそうだ。しかし、そう言われてもスポ根アニメが苦手なぼくは「力石徹」が「矢吹丈」のライバルということは知っているけど、その顔が頭に浮かばない。

で、ネットで探してみると・・・・

力石 ← 力石さんってこんな人。

え”~っ、こんな屈強なヒトに、生来虚弱なワタクシが似てる??

改めて鏡を覗いてみると・・・・・全然違うと思うんだけどなぁ。

医者の不養生、紺屋の白袴って言うけれど、眼科の先生ってば、ご自分の目玉の診断もした方がいいと思いますぅ。

できれば、「矢吹丈」と言って欲しかった。



1月半ばに機種変更したおニュー携帯 Motorazr。先日、ここにこんなぼやきを載せた。

 → 2007.03.19 お間抜け辞書。

ぼくは携帯メールを使うことが多いし、長めの文章を打つこともままあるので、変換効率の悪い辞書だとストレスがたまる。でも、この Motorazr君(docomoの商品名は、FOMA M702i)、辞書はアホだけどルックスはいいので、機種変更が可能になる一年間くらいはガマンしようと思ってた。

しかし・・・・、数日前、「オーガニゼーション」を入力したところで堪忍袋の緒が切れた。

この Motorazr君、「オーガニゼーション」を「オーがに是ー書ん」と変換してくれたのだ。それも候補のトップ。目指す「オーガニゼーション」は候補のラストだ。

奇想天外な変換ってのは時に面白いけど、仕事で急いでいる際にはイラつくだけ。それも、決して日本語にはありえない候補をぞろぞろと並べてくれるとトサカに来てしまう。

「オーがに是ー書ん」・・・今どき、どうしてこんな候補が出るの?

店頭でそのデザインにひかれただけで、機能を確認しなかったぼくのミス。でも、ここまで変換機能がダメだとは想像しなかった。四半世紀くらい前、パソコンという名前が生まれ、ワードプロセッサー・ソフトが導入されたころのレベルを思ってしまった。

この Motorazr君、さすがにアメリカ生まれらしく、英単語の「予測辞書」は充実してる。単語と単語の間のスペースは自動的に入れてくれるし、文頭のアルファベットを大文字にもしてくれる。英文メール制作には実に重宝。

でも、英文メールなんか打たないし。
あ、この Motorazr君、国際ローミングに対応してて、海外でも通話やメールができるのが売り。「英語使用」を前提にしてるのね、やっぱり。

見かけで決めたぼくがバカでしたわ。
この Motorazr君、今「 DOLCE & GABBANA GOLD 」でカラーリングされた限定バージョンがドコモのオンラインショップ限定で発売されている。キンキラの見かけにひかれる人も多かろう。

しかし、メモ機能もない、スケジュール機能も日常の使用に耐える使い勝手にはほど遠い、電話やメールの着信を示すランプもないのでいちいち携帯を開いて確認せにゃならぬ・・・これじゃぁストレスがたまるばかり。1年間、使用しないと廉価の機種変換はできないことは知っていたけど、機種を正価で購入すれば今の電話番号&アドレスはそのまま使える。もう面倒くさい、新しいヤツを買っちゃおう!

次の機種に決めたのはこれ、FOMA SO703i。携帯を使い始めてからずっと Sony製だったし。こいつを買うぞ!

そう決めてドコモショップに行くとカウンターのお姉さんが、

「正価ですと5万近くになりますし・・・」

と言いつつ勧めてくれたのが、SO703i君を新規で契約し、FOMAカードを Motorazr君のモノと入れ替える。すると、 Motorazr君の電話番号とメールアドレスがそのまま SO703i君へと移り、新たな携帯番号は Motorazr君のものとなる。

新たに契約した携帯は、最低5ヶ月間、解約できないとのこと。つまり、契約の上では携帯をふたつ使うことになるので、5ヶ月間は使用料をダブって払う必要がある。

で、新規契約分は一番利用料のかからない契約タイプとし、4月から8月末までの5ヶ月間はその使用料も支払う。

そんな、契約上は携帯をふたつ使っている形となっても、SO703i君を正価で購入するよりも2万円強、安く抑えることができるという。

う~ん・・・複雑。

携帯の運用も素人にはブラックボックスと化しつつあるなぁ。機種を正規価格で購入してもらうより、こうした契約の方がきっと docomo側には利点があるんだろう。でもまぁ、いっか、それで。


そんなこんなの出来事を経て、今、我が手には SO703i君が。使ってみると・・・やっぱりヨカね~、日本の携帯は。予測変換の辞書は賢いし、スケジュール機能やメモ機能をはじめ、細かなところまで気配りが感じられる。


もう異国製の携帯は使わんことにしよ。使い始めて、初めて「早まった・・・」と思うのはもうイヤじゃ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。