番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

巡業の旅から帰ると、沖縄の知人からこんなタイトルのメールが届いていた。

  「大変なことになりました」

何ごとかなと思ってメールを開いたら、

  「辺野古についに海上自衛隊まで投入されると日テレが伝えました」

文面はこれだけ。それだけに、緊迫感が伝わってくる。


  → 『普天間移設 環境調査に海上自衛隊を動員へ』 日テレNEWS24


国が辺野古沖に建設しようとしていた普天間飛行場の代替基地は、地元住民を中心とした徹底した座り込みによって建設中止に追い込まれた。その代替案として浮上したのが日本の滑走路がV字型に並ぶ「辺野古崎案」。

建設に先立って防衛施設局は事前調査を予定している。それに対して予想される反対運動を阻止するために、自衛隊が出動した。

「ついに」と言うべきなのか「やはり」と言うべきか。

上記日テレの情報が5月9日の夜。その後、沖縄のメディアでは、実際に海上自衛隊の掃海母船が横須賀港から出港したことが伝えられている。


  → 『自衛隊掃海母艦が沖縄近海へ』 5月11日 OTV沖縄テレビ

  → 『 「辺野古」で海自艦沖縄へ』 5月11日 沖縄タイムス 夕刊

  → 『防衛相 調査参加を示唆』 5月12日 沖縄タイムス 朝刊


戦争に使うための基地、それを建設するための調査、その“妨害”を阻止するために出動する自衛隊。日本は戦争当事国への道を着実に歩み行く。


今、日本国民の5割以上が憲法改正を支持しているという。若い世代になるとその率7割。しかし、沖縄の地元紙が地元大学を対象に行った調査によると、改憲を必要とする学生は3割に満たなかった。


  → 『「9条堅持」学生の82%』 5月3日 琉球新報 朝刊


昔も今も、闘いが身近にある沖縄。そこからの発信でしか知ることの出来ない国の動きがあるというのはコワい。


今、5月13日の午後3時半過ぎ。海上自衛隊の掃海母艦はどこを走っているのだろう? 

そして今ごろ、沖縄では、平和を願う人々が嘉手納基地を人間の輪で包囲しているはず。イスに座していて申し訳ないが、頭の中でその輪に参加だ。


見知らぬ誰かによってぼくらの平安は守られている。
忘れないように、忘れることのないように。


スポンサーサイト

きょうは晴れバレお天気。

緑も初夏になってきた。あぁ、ドライブに出て、迷子になりたいっ!

現実逃避の日々、続く~。

空港の搭乗口にて、ふぅ…。

仕事がたてこむ時期だけど、局で仕事をしてる時に別の局から電話が入ったりすると、一瞬アタマが真っ白。

「この人、何の話をしてるんだろう?」なんてアタマで「あ~だこ~だ」と応えているからコワい。条件反射で生きてるみたい。

最終便は今日もビジネスマンで満席だ。


「 きょうの1曲 」




う~ん・・・・・。

俗に言うゴールデンウィーク。
出かけたのは近所のモスバーガーのみ。
あとはパソコンに向かってる。

不健康やなぁ。

ま、人ごみがダメなので
この時期に仕事がなくても
遠出はしないけど(負け惜しみが半分強)。

ここふつかほど
月曜日に録るナレーションを書いている。
ナレーションって試験の答案みたいなモノで
直せば直すほどヘンになる。

う~ん、う~ん。
あっち行ったり、こっち行ったり。
ウロウロしたり、袋小路に入ったり。
んで、気がつくと
最初に書いたモノとほとんど同じだったりする。

そんなとき、費やした時間がいとおしくなる。

あぁ、のんびりゆったりまったりと
昼寝でもすればよかった!





「お前のナレは平易すぎる」
昔、プロデューサーのオジサンにそう言われた。
「ナレでグンと盛り上げてくれよ」とも。

ムリなのよね~。

深みや高揚を創り出すのは映像と音。
ナレーションはそれをサポートするモノだから。
映像と音がダメならば
言葉で盛り上げたってダメさ。

なんて思っているから
ぼくの書くナレーションには
形容する役割の言葉が少ない。

形容詞、形容動詞で着飾ったって
中身がないと人を魅了するのはムリだって。

美しい言葉が欲しいなら
それは詩人の役目。
へったくそな散文詩みたいなナレーションを
書いたところで
気恥ずかしくなってしまうのがオチだもの。

あ。

これ、今書いているナレーションの
言い訳じゃないからね~。

難しか…。


…こんなことを書こうと
思っていたのではなかった。





仕事をしているときは
いつも音楽を流している。

基本的には70年代のハードなロック。
でも、ソフトなロックというのも好きで
カーペンターズやシールズ&クロフツ、
ニルソン、ジム・クロウチ、ジェイムス・テイラー、
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー、
J.D.サウザー、ダン・フォーゲルバーグ・・・・

なんでもいいんだ、いい曲なら。

音楽を聞き出したころから雑食で
プレスリーを聞きながら
天地真理のデビューアルバムを磨いてた。

学生時代の下宿には
セックス・ピストルズやクラッシュと一緒に
松山千春やオフコースのアルバムが並んでた。

この「松山千春」が
ロック好きの友人に激不評。
軟弱者呼ばわりをされたっけ。

千春さんの歌、軟弱じゃないんだけどな。

ま、なんでもいいんだ、いい曲なら。

で、今、部屋に流れているのは
ブレッドの2枚組ベスト・アルバム。

ブレッドというと「 If 」だけど
このベストの1曲目はこの曲だ。


灰色の朝 Bread 『 Dismal Day 』


ブレッド 『 灰色の朝(YouTube)




きれいなメロディとハーモニー。
でも、歌詞はちょっと屈折?

I look into my morning mirror
And it reveals some things to me
That I had not been able to see

朝、起きたばっかりの鏡をのぞき込む。
これまでわかんなかったことがわかってしまう。



I saw someone that I'm not sure I want to be
An empty lonely face was starin back at me

こんな風になりたかったんだっけ?てなヤツがいる。
ぬけがらみたいに寂しげな顔でこっちを見返してる。



All and all, I would have to say
It's been a rather dismal day

そうそう、その通り。言いにくいけど
かなりうっとうしい一日だ。



And now the evening shadows falling
I guess it's best I lay my hopes to rest
For no ones calling my named on

さてさて、夜のとばりも降りてきた。
一番いいのは希望なんてものに引導を渡すことだよね。
誰もぼくの名前なんか呼んでくれないんだから。



こんな、いじけた日ってあるなぁ。

ゴールデンウィークに遊べないオジサンも
かなり屈折してるかな。


お仕事なりき。

ほんの数分歩けば玄界灘が広がる海辺に出るのだけれど。

空は青いが、心はブルー。
空がブルーなのは爽やかだけど、心が青いのはうっとうしいのかぁ。

ヘンなの。

実はお尻も青いのよ~。


あかん、マジメに仕事しよ。

飛行機に乗るときは、必ず窓側。
窓側の席が予約できないときは、乗る便をかえる。

飛行機の小さな窓に額をくっつけて下を見るのは楽しい。
初めて飛行機に乗ったとき。小学校の高学年だったかな。

「なんで飛行機の窓はこげん小っちゃかっちゃろ?
汽車の窓は大きかとに」

などと思ってしまったのだった。
当時は地元の鉄道はSLだったので、窓は全開OK。
石炭の灰やすすが、あんぐり開けた口に飛び込む。
これがまた結構うまい(ワケはない)。

飛行機の窓も開けられたらどんなに楽しいだろうかと、
自然の節理を知らないガキは考えた。
眼下には碁盤目のように走る京都の通りがはっきり見えてた。

ここんとこ、飛行機に乗ってもずっと悪天候で面白くない。
雲にさえぎられて地上は見えず。

でも、雲の上はいつも晴天だし、
見おろす雲の表情も悪くない。


空


沖縄へ向かって飛ぶ飛行機、左側の窓の外。
空の青さって、いつ見てもいいね。

雲の下はどこだろなぁ。




仕事柄、机に座り、パソコンに向かうことが多いのだけれど、
ここ数日、部屋にこもりきり。座ったっきりオジサン化。

部屋は二階。
きょうは2度しか下に降りてない。

かと言って、特別忙しくはないのだけれど、
根気が続かん、気合いが入らん、熱意が沸かん。

ふと気がつくとネットで遊んでたり、
旅先のコンビニで仕入れた『こち亀』を読みつつ
ひとり笑いしてみたり、
去年のすだれがかかった窓越しに春の空を眺めたり。

ぼ~。

春はダメだなぁ・・・・・って、もう5月、初夏近し。
季節を言いわけにできない時節となってきた。

朝は曇っていたけど、夕方近くから太陽が顔を出す。

ぼくの部屋は北向きで、
膝にタオルケットをかけないと少しひんやり。
だけど、暑くなってきた陽射しの中で
汗を流して仕事をしている仲間もいるぞ。

そんな仲間たちのために、木陰を用意。
まぁ、涼んでくださいまし。


緑

これって、実は秋の緑なのだけど、
気は心、木漏れ日が気持ちいい。

木陰のベンチに座って、こんな木漏れ日を見上げつつ、

ぼ~・・・・・・・

していたい。


しばらく木漏れ日も見てないなぁ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。