番組構成師 [ izumatsu ] の部屋


飛行機に乗るときは、必ず窓側。
窓側の席が予約できないときは、乗る便をかえる。

飛行機の小さな窓に額をくっつけて下を見るのは楽しい。
初めて飛行機に乗ったとき。小学校の高学年だったかな。

「なんで飛行機の窓はこげん小っちゃかっちゃろ?
汽車の窓は大きかとに」

などと思ってしまったのだった。
当時は地元の鉄道はSLだったので、窓は全開OK。
石炭の灰やすすが、あんぐり開けた口に飛び込む。
これがまた結構うまい(ワケはない)。

飛行機の窓も開けられたらどんなに楽しいだろうかと、
自然の節理を知らないガキは考えた。
眼下には碁盤目のように走る京都の通りがはっきり見えてた。

ここんとこ、飛行機に乗ってもずっと悪天候で面白くない。
雲にさえぎられて地上は見えず。

でも、雲の上はいつも晴天だし、
見おろす雲の表情も悪くない。


空


沖縄へ向かって飛ぶ飛行機、左側の窓の外。
空の青さって、いつ見てもいいね。

雲の下はどこだろなぁ。



スポンサーサイト