番組構成師 [ izumatsu ] の部屋



「 きょうの1曲 」




う~ん・・・・・。

俗に言うゴールデンウィーク。
出かけたのは近所のモスバーガーのみ。
あとはパソコンに向かってる。

不健康やなぁ。

ま、人ごみがダメなので
この時期に仕事がなくても
遠出はしないけど(負け惜しみが半分強)。

ここふつかほど
月曜日に録るナレーションを書いている。
ナレーションって試験の答案みたいなモノで
直せば直すほどヘンになる。

う~ん、う~ん。
あっち行ったり、こっち行ったり。
ウロウロしたり、袋小路に入ったり。
んで、気がつくと
最初に書いたモノとほとんど同じだったりする。

そんなとき、費やした時間がいとおしくなる。

あぁ、のんびりゆったりまったりと
昼寝でもすればよかった!





「お前のナレは平易すぎる」
昔、プロデューサーのオジサンにそう言われた。
「ナレでグンと盛り上げてくれよ」とも。

ムリなのよね~。

深みや高揚を創り出すのは映像と音。
ナレーションはそれをサポートするモノだから。
映像と音がダメならば
言葉で盛り上げたってダメさ。

なんて思っているから
ぼくの書くナレーションには
形容する役割の言葉が少ない。

形容詞、形容動詞で着飾ったって
中身がないと人を魅了するのはムリだって。

美しい言葉が欲しいなら
それは詩人の役目。
へったくそな散文詩みたいなナレーションを
書いたところで
気恥ずかしくなってしまうのがオチだもの。

あ。

これ、今書いているナレーションの
言い訳じゃないからね~。

難しか…。


…こんなことを書こうと
思っていたのではなかった。





仕事をしているときは
いつも音楽を流している。

基本的には70年代のハードなロック。
でも、ソフトなロックというのも好きで
カーペンターズやシールズ&クロフツ、
ニルソン、ジム・クロウチ、ジェイムス・テイラー、
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー、
J.D.サウザー、ダン・フォーゲルバーグ・・・・

なんでもいいんだ、いい曲なら。

音楽を聞き出したころから雑食で
プレスリーを聞きながら
天地真理のデビューアルバムを磨いてた。

学生時代の下宿には
セックス・ピストルズやクラッシュと一緒に
松山千春やオフコースのアルバムが並んでた。

この「松山千春」が
ロック好きの友人に激不評。
軟弱者呼ばわりをされたっけ。

千春さんの歌、軟弱じゃないんだけどな。

ま、なんでもいいんだ、いい曲なら。

で、今、部屋に流れているのは
ブレッドの2枚組ベスト・アルバム。

ブレッドというと「 If 」だけど
このベストの1曲目はこの曲だ。


灰色の朝 Bread 『 Dismal Day 』


ブレッド 『 灰色の朝(YouTube)




きれいなメロディとハーモニー。
でも、歌詞はちょっと屈折?

I look into my morning mirror
And it reveals some things to me
That I had not been able to see

朝、起きたばっかりの鏡をのぞき込む。
これまでわかんなかったことがわかってしまう。



I saw someone that I'm not sure I want to be
An empty lonely face was starin back at me

こんな風になりたかったんだっけ?てなヤツがいる。
ぬけがらみたいに寂しげな顔でこっちを見返してる。



All and all, I would have to say
It's been a rather dismal day

そうそう、その通り。言いにくいけど
かなりうっとうしい一日だ。



And now the evening shadows falling
I guess it's best I lay my hopes to rest
For no ones calling my named on

さてさて、夜のとばりも降りてきた。
一番いいのは希望なんてものに引導を渡すことだよね。
誰もぼくの名前なんか呼んでくれないんだから。



こんな、いじけた日ってあるなぁ。

ゴールデンウィークに遊べないオジサンも
かなり屈折してるかな。

スポンサーサイト