番組構成師 [ izumatsu ] の部屋


「もうすぐエネルギーが切れまっせ~、ハラ減ったぁ」

国道3号線を下っていると、ガソリンがもうないよぉを知らせる点滅がち~こんち~こん。この知らせがあってから少なくとも80キロくらいは走れるらしいのだけど、小心者のドライバーはドキドキドキドキ。ガソリンスタンドはないかと、どきどきどきどき。

で、入ったスタンド。停車してもだ~れも寄ってこない。
あちゃ~、セルフのスタンドに入っちまったぁ。

僕は機械の操作がキライな上に、初物にヨワイので、いまだかつてセルフのスタンドでガソリンを入れたことがない。リッターあたり数円安いのは知っているのだけれど、そんなに走らないので一年間に倹約できるのはたぶんモスバーガー2回分くらい。

でも、放っておかれると、自ら入れずばなるまい。
で、レッツ・トライ。

おぉ、先にお金を入れるのね~。知らなかったわぁ。でも、いくら入れればいいのかしら? 「レギュラー、満タンでお願いします」と言うだけでいい普通のスタンドがもう恋しい。

頭の中で「リッター?円×?リッター=???」なんて計算しても全然わかんないので、千円札を3枚投入。

で、ガソリンを入れるところを開けて、きゅっきゅっきゅと栓を回す。考えてみると、車に乗るようになって初めて、自分でこの栓を開けたわぁ。結構ちゃちな作り。これで大丈夫なのかね?

さて、ガソリンを入れる突起物をガチャコンとはずす。おぉ、こりゃずっしり重い。それをガソリン投入口にまたガチャコンとはめ込んで、ガソリンをじゅ~。おぉ、あまりの勢いに、吹きこぼれたらどうしよう…とドキドキおろおろ。

でも、突然、ぱたりとガソリンが出なくなる。
どうしたのかな????

3千円分を入れ切ったと分かるまでにちょいと時間がかかった。素っ気ないのね、「終わりました」くらい言って欲しいわ。

で、ラストにまたオロオロ。
お釣りって、出ないのね~!!
レシートと共に無粋なカードが出てきて、「余った金額は次回に使えます」だと! もう二度と来ない客はどうするねん!

責任者、出てこい!、と言いたくなったけど、打合せに遅れるとこれまたアホらしいので、ちょっと逡巡したけどそのままスタンドをあとにする。

これでイヤでも客の足を自分のところに向けさせるのね。エグい商売やんけ~。

どうしよう、次もここにすべきか? 169円也をスタンドに食われたままも悔しいが、相手の思惑通りになるのもまた悔しい。

次のガス欠までに考えよ。


スポンサーサイト