番組構成師 [ izumatsu ] の部屋


BEGINの三人が沖縄のミュージシャン、沖縄の仲間たちに呼びかけて動き出した「おきなわのホームソング・プロジェクト」。

“おとなが本気になって作る子どもたちの歌”をコンセプトに、この4月から沖縄の放送局からテレビやラジオを通じて月に一曲ずつ流され始めた歌がまずは4曲、1枚のCDとして発売された。

めでたい!


ホームソング「おきなわのホームソング その1」


収録曲は・・・

4月の歌:『走(は)え~ゴンゴン』
    作詞:上原直彦
    作曲:ジョージ紫
    編曲:上地等/島袋優
    歌:比嘉栄昇と子どもたち

5月の歌:『ユンタクハンタク』
    作詞:ちはる(Kiroro)
    作曲:ローリー(THE WALTZ)
    編曲:上地等
    歌:紅いも娘

6月の歌:『へんなのマムヤー』
    作詞:下地勇
    作曲:TAKUMI(ビートルクラッシャー)
    編曲:上江洲安浩
    歌:川満聡

7月の歌:『ガジマルオジー』
    作詞:新城俊昭(島袋優さんの高校時代の恩師)
    作曲:島袋優
    編曲:内田勘太郎(元憂歌団)
    歌:大工哲広


CDには上記4曲のカラオケと、それぞれのダンスの図解が付いている。

参加アーティストと曲の紹介などは → こちら


沖縄ではテレビでオンエアされているレコーディング風景やアニメも楽しいのだけど、これはいずれDVDとして出るのかしら?

楽しみ。

スポンサーサイト




ちょっと編集がせっぱつまり、予定を一日早めて南の穏やかな街からUターン。

夕方の便はビジネスマンで満席。これも便数が少ないからだろう。

数年前まではANA系の航空会社も乗り入れていたから便利だったけど、今や午前中など2便しかない。

特急だと6時間、バスでも5時間かかるところを40分で結ぶ空の道。圧倒的に早いので、急がない旅でも空を飛ぶ。

電車とバス、どちらも使ったことがある。行きは楽しいけれど、帰りはキツい。

でも、時にはバスでのんびり動きたいと思うなぁ。