番組構成師 [ izumatsu ] の部屋


南の島に行くために、伸びてた髪を切る。

あまりに暑くてアタマから汗が流れるのに切れかかっていたきょうこの頃。散髪屋さんで「ばっさり刈り込んで下さい、角刈りに!」と意気込んだら、「後悔しますよ」と暑さにもかかわらず店員さんは妙に冷静。

ではよしなに、とすべてお願いして髪をじょきじょき。

角刈りにはならなかったけど、かなり短くして、たくさんすいてもらったので、えらく頭が軽くなりすっきり。

これで南の島のジリジリ太陽にも対応できるな。

太陽の下を歩くのはホテル→仕事先の5分くらいなのだけど、汗かきのワタクシ、着いた頃には汗みどろになっちまうのであった。

仕事に取り掛かるまでに汗が引くのを待ち、Tシャツを着替えねばアカン。

編集室はクーラーがんがんなので、着替えタイミングを逸するとカゼに直結する。仕事開始までの時間がスリル満点なのだった。


さっぱり頭で帰ってくると、ネコ助がのびのび寝転びグッスリこん。

ふぅ、ヨカのぉ、お前は。
でも、ロシアンブルーって暑さに弱いんじゃなかったっけ?
スポンサーサイト