番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

短い梅雨だった。例年よりも17日間も短く、雨の季節は過ぎ去った。

太陽が朝から元気にギラギラ。汗がだらだら。吸う空気も、もんやりと熱く、鼻の穴を通り、気管を過ぎ、枝分かれした先の肺に入ってもまだまだ熱気を保っている。まいったね、こりゃ。

エアコンは苦手なのでめったにつけない。逃げる先は車の中。部屋だとダメなのに、車だとどうしてエアコンがOKなんだろう? ちょっと不思議だけど、そんなことにかまけてはおれん。設定温度を26℃にしても車のエアコンは最大限の威力で車内を冷やす。夏の車って乗り込むと汗が噴き出すからイヤよね。

農道をぶ~。
ようやく少しひんやりしてきた。田んぼは、一面、稲の緑。この暑さも実りの秋が来ると思えば乗り切れる。

ほんとかぁ?


そのまま、冷房の効いたスーパーで避暑&ソフトクリームで体内も避暑。ベンチでは疲れたオヤジが本気で眠ってる。家にいると暑いもん。昼寝もできないよねぇ。でも、自分の近未来の姿を見るようで、ちょっと哀しいな。


月曜日、締め切りの構成があったっけ…。

現実逃避にも限界がある。仕方がないので机に座り、パソコンに向かう。部屋の角に置いているパソコンの周囲は熱がこもり、さらに汗がじゅ~るじゅる。キーボードが濡れちゃう~ってんで、タオル地のハンカチを右手の下に敷く。左手は汗をかかないのはなぜかな?

水冷式のパソコンでとっても静かで気に入っているのだけど、放熱はすごいねぇ。扇風機をパソコンに向けてぐるぐるまわす。編集室は人より編集機の方が大切でギンギンに冷やされているところが多いけど、家でも人間サマより機械サマサマってのはちょっとどうやねん。

でも、文句も言わずよく働くなぁ。機械ってエライかも。


昼下がり。
中学時代の同級生から「礼文島にいるよ」とメールあり。礼文島かぁ。涼しいだろうな。今の時期、一番花がキレイなんだよね。桃岩って岩があって、その上にはレブンアツモリソウが咲いていたっけ。太陽が目の前の海を真っ赤に染めながら沈んでいく。すぐそこ、手が届きそうなところには利尻富士が浮かんでる。

あの島を訪ねたのは、もう30年も前かしら…。脳みそって、どうしてどうでもいいことはクリアに覚えているのだろう。覚えねばならないことは、あっさり記憶の彼方に去るのにな。


夕方。
天気予報によると、本日の九州北部、最高気温は34℃。沖縄と同じだぁ。あちらは太陽の陽射しは強いけれど、日陰に入ると吹く風が心地よかったりする。こっちは梅雨が明けたとは言え、大気はじっとり湿気を含んでいて、その上吹く風もないのだから、夜9時半を過ぎても汗がじょろじょろ。

…かんべんしてよね。

あ、来週末から沖縄巡業だ。そうだそうだそうだった。
今度は白波さざ立つ紺碧の海がナマで見れるかなぁ。できれば素足をひたしてみたい。あぁ、憧れの南の島の砂浜よ。


♪ だぁれもいない海 二人の愛を 確かめたくてぇ
♪ あなたの腕を すりぬけてみたのぉ~


沖縄の夏の海に、誰もいないわきゃないよねぇ。
あぁ、シンシアはどこで何しているのやら…。


夜10時近し。室内の温度計は28℃を超えている。ミネラルウォーターをぐびぐび。きょうは2リットル以上飲んだかもぉ。

あかん、暑うて壊れそう…。
お仕事、しなきゃ。でも、その前にひと風呂浴びるべ。



スポンサーサイト