番組構成師 [ izumatsu ] の部屋


夜、零時過ぎ。

エアコンつけて、仕事中。

設定温度は15度。ちょっと高すぎるかなぁ。

北に住む友人は、今夜も余震に襲われてる。忍び寄る放射性物質が飲み水に溶け込み、安心してみそ汁も飲むことができない。

普通の、平凡な、でも心和む温かい、そんな日常があっと言う間に崩れて二週間が過ぎた。


人が作り出してきたモノのもろさと、人と人との結びつきの強さを、見せつけられ、そして見いだした二週間。


原子力は人の掌の上に乗るものじゃない。

それをはっきりと教えてもらった二週間。

放射線量が高いからと同行すべき担当者を現場には行かせず、協力会社と呼ぶ下請けの作業員はそのまま行かせた東京電力。

人が寄せる想いの清々しさと、人の心が生み出す醜さを、はっきりと知ることも出来た二週間。

人災が人災を呼び、災害復旧の現場でも弱い立場の者にしわ寄せが来る。


ぼくは、どちらの側に立つ人間だろうか。
スポンサーサイト