番組構成師 [ izumatsu ] の部屋


ただ今、2時間番組の制作に構成係として参加中。2時間って長かぁ、と改めて感じているきょう、この頃。

きのう、粗編集がDVDで送ってきた。編集は我が家から遠く離れた某大都市で行われている。取材テープがDVDにダビングされて送ってきたり、メールで構成を送ったり、まぁ、なんと便利になったことか。

でも、郵便でやりとりしていたその時間が浮いたのに、ち~とも余裕が生まれないのは不思議だなぁ。いろんな手段が便利に、効率的になるにつれ、現場の“テンパリ度”はアップするばかり。編集もテープからパソコンへと変わりつつあるけど、これまでできなかったことができるようになった分、試行錯誤の時間ばかりが長くなる。

ヘタな考え、休むに似たり・・・ってことは重々承知はしているけれど、考えてしまうのよね。きょう、電話をかけてきたディレクターは「真っ白に燃え尽きたと思ったら、まだ先があった・・」と言って、乾いた笑い声をあげた。

だいじょうぶかね、そんなに働いて?

今、やってる2時間番組も現場はテンパリまくってる。ディレクターは女性だけど現場では性差は関係ないから(待遇その他は知らないけど)、夜、遅くなろうがなんだろうが、やらなきゃならんことはやらなきゃならん。このディレクター嬢は編集の間、自宅を離れ、ホテル住まいでお仕事三昧。毎日、朝の5時6時まであ~だこ~だとやっている。

だいじょうぶかね、そんなに働いて??

別の番組で地元の局に行くと、編集用のパソコンの前でフリーズしているディレクターがいた。じ~っ・・と見ていたら、眠っていた。ここのところ、ずっと編集室で寝ているという。編集室は機械が一番大切な場所。夏冬かまわず冷房が効いているから非常に寒い。ときどき、冬山登山のような姿で編集に臨んでいるディレクターや編集担当がいるくらいだから、居眠りするとほぼ確実にカゼをひく。

だいじょうぶじゃなかろ、そんなに働いちゃ。

でも、忙しいときは仕方ない。ぼくも5日連続で編集室に泊まったことがある。その編集室には虫がいて、起きたときには体がかゆくなっていたっけ。

そんな工程を経てできあがった番組も、ひと握りの人の目に触れるだけで、流れ去り、消えていき、戻らない。未来永劫、ほぼ確実に、再放送されることはない。

TV番組なんて、瞬間芸みたいなもんだわね。

アカン、愚痴になりつつあるぞ。


今夜も、編集室で、取材現場で、働いているTVマン、TVウーマンたち。

みんな、がんばれ。いい番組を、いい報道を。







などとエールを贈りつつ、ぼくはぬくぬくコタツにあたりながらパソコンで粗編集のDVDを見る。しかし、2時間番組は長か~。一度、チェックするだけで2時間かかる、って当たり前だけど。

「2時間番組」とは言うものの、正味は98分。CMがいかにたくさん入るかがわかる。大体、テレビで2時間番組って長すぎないかなぁ。映画の『男はつらいよ』だって90~100分くらいしかないのにさぁ。視聴者ってそんなに根気があるのかなぁ。CMで興味と集中がぶつ切りにされるしさぁ。

アカン、禁断の領域に入りつつある。墓穴を掘りかねん。


マジメに仕事しよ。



関連記事
スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/1025-af157178