番組構成師 [ izumatsu ] の部屋




ぼくはキリスト教徒ではないけれど
聖書が結構好きだったりする。

旧約聖書は
物語としてもおもしろいし
新約聖書では
キリストさんのあら探しを
してもおもしろい。

不遜かなぁ。

学生時代に買った新約聖書の文庫本。
数年ごとに読み返してきた。
裏表紙の見開きには
読んだ日付が書き込んである。

きょう。
本棚にあったその文庫本が
ふと目にとまる。

ずいぶん読んでないなぁ。

手にとって、書き込みを見たら
「 921028 ~ 」と書いてある。
1992年10月28日から読み出して、そのまま。

あらら。
中断してから14年以上たってるわぁ。

で、ひさ~しぶりに読み始める。

印象的な言葉が並ぶけど
目に残り、心に響くのは
やっぱり今の自分に都合のいい言葉。

たとえば、こんな。


明日のことを思ひ煩ふな。
明日は明日みづから思ひ煩はん。
一日の苦勞は一日にて足れり。

- マタイ伝 6章 34節 -


ぼくの文庫は口語訳だけど
なんとなく重みがないので
文語で書いてみた。

明日は明日みづから思ひ煩はん。

う~む、荘重じゃ。

でも、ぼくが勝手に口語訳をすると
こんな感じかな。


あしたのことを
きょう、心配したってしゃぁないじゃん。
あしたはあしたの風が吹く。
きょうはきょうの苦労だけで十分さ。



前後の文章を無視すると
真の意味が歪曲されているような。

ま、いっか。

きょう、直面した出来事に
向かい合えばいい。
それ以上を期待するのは
ムリってことさね。

朝は夜よりも賢い。
あしたのことは、あした考えよ。


関連記事
スポンサーサイト



学生時代に読んでいた聖書を、久し振りに手にしてみました。
この分厚い本をパラパラとめくってみるといっぱい鉛筆で線の引いてあるところが。
それが、マタイによる福音書第6章でした。
あらためて読み返してみると、「深い。」

2007.01.09 21:15 URL | kei♪ #79D/WHSg [ 編集 ]

★kei♪さん
>学生時代に読んでいた聖書を、久し振りに手にしてみました。
>この分厚い本をパラパラとめくってみるといっぱい鉛筆で線の引いてあるところが。

ぼくも鉛筆で線を引いたり、書き込みをしたりしながら聖書を読んでました。
へたっぴそな字で、浅はかなことを書いておりました・・・。

>それが、マタイによる福音書第6章でした。
>あらためて読み返してみると、「深い。」

深いですよね。
思想が何層にもなってますし、なんと言っても世界一のベストセラーですから、やっぱり。

2007.01.10 10:52 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/1065-2e8147fd