番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

ぼくが育った筑豊の炭坑街には在日韓国・朝鮮人の人たちがたくさんいた。「彼らは、なぜここにいるのか?」 そんな疑問を持ったのは高校に入ってからで、ガキの頃に一緒に遊んでいる分には、ただ単にはしゃぎ合う仲間であり、競い合うライバルであり、泣かし泣かされる間柄だった。

それでも、子どもたちの間にもどこかよそよそしい空気が流れる瞬間があることを体で知るようになり、ふと気づくと、おとなたちの間ではもっとはっきりとしたよそよそしさが感じ取れる時があることがわかるようになる。

不思議だった。さっきまで仲間だった相手を、軽い気持ちでぽーんと突き放すことができるなんて。それも、くもりガラスを爪でひっかくようなささくれた言葉で。その言葉は、子どもだからこその冷淡さで相手の心に突き刺さる。その突き刺さる音が聞こえるような気がした。

変だな、妙だなと思い始めたのは小学校の4、5年ころだろうか。仲良く遊んでいる、そのバランスが崩れると、友人たちはひとりの仲間を言葉でこづきまわし始める。その相手はいつも同じヤツだった。みんなに追従する係だったぼくは、変だな、妙だなと思いつつ、黙ってその様子を眺めていた。

その時のぼくの心は、オレもみんなと同じことをしなきゃダメだ!という声が大半を占めていた。そうしないと自分も同じ目にあうだろうという恐怖がどこかにあった。でも、変だな、妙だなという思いも確かにあって、声を出すこともなく、止めることもなく、ただ黙って眺めていた。

黙って眺めているなんてサイテーだな、今考えても。

ある時、お袋とふたりで、いつもこづきまわされるヤツの家の前を通りかかったことがある。ぼくはその家に住む友人が、みんなに言葉でこづきまわされる人間であることをお袋に知らせねばならないと思った。

なぜだろう?

見た目も言葉も仕草も、なんにもぼくらと変わらないのに、時にこづきまわされる友人がひとりいること、それがこの家に住んでいることを告げなくちゃならないと思った。

なぜだろう?

それは、口に出してはいけないことだ。やめとこう。そうも思った。
でも、ぼくは言った。

「この家のヤツ、○○人なんやて」

お袋は顔色を変え、ぼくの腕をギュッと引っ張り、強く、ひと言。

「そんなこと、言うんじゃありません!」

そして、彼の家の前をそのまま通り過ぎた。

ぼくは、変だな、妙だな、という自分の思いが受け入れられた気がしてホッとした。変だな、妙だなと思っていていいんだ、友人たちと同じ行動をとらなくてもいいんだ。そう言われたような気がして安堵した。

ぼくがお袋から強くたしなめられたのは、後にも先にもこのときの一回きり。お袋が日本が侵略していたころの朝鮮半島で生まれ育ったことを知ったのは、それからずっとあとのこと。

生まれ育った美しい山河や、ころころじゃれあい遊んだ友人たち。その懐かしいふるさとを日本人が蹂躙していた。自分は、ふるさとを、友人たちの心を、踏みにじったその日本人のひとり。そう気づいたとき、まだ年若いお袋の足元から大地が消えた。お袋は帰る場所を失った。


炭坑街・・・懐かしいまち。
ぼくの、後悔だらけのふるさとでもある。

関連記事
スポンサーサイト

時々来るおじさんが変な言葉だなあと思って親に聞くと朝鮮の人だからと聞かされなんでこんなとこにいるのと質問したかったのですが聞けなかったことを覚えています。当時の私は、とりあえず父親が毎日無事に帰って来ることを願っていた娘でした。貧しい生活ながらも隣近所わきあいあいと暮らしていたようにおもいます。いつのまにか食事どき一人二人増えてても平気にごはん食べてました。

2007.06.05 23:40 URL | まるこ5496 #79D/WHSg [ 編集 ]

極めて不思議な気持ちで・・・今もいます。
貴方の故郷・・いい町ですよね。良くも悪くも後悔もまた大切な要因のひとつでしょう。

貴方のおふくろさん・・いいよね。北九州の母はいいよね・・と思っています。母は強いものなのでしょうかねえ。

2007.06.06 01:10 URL | 赤い鳥幹事 #79D/WHSg [ 編集 ]

★まるこ5496さん

>時々来るおじさんが変な言葉だなあと思って親に聞くと朝鮮の人だからと聞かされなんでこんなとこにいるのと質問したかったのですが聞けなかったことを覚えています。

そんな感じのオジサン、たくさんいましたよね。いろんなことがあったでしょうね。

>当時の私は、とりあえず父親が毎日無事に帰って来ることを願っていた娘でした。貧しい生活ながらも隣近所わきあいあいと暮らしていたようにおもいます。いつのまにか食事どき一人二人増えてても平気にごはん食べてました。

隣近所の子どもたちが混じっていたりしましたね。経験のない人には信じがたいことかもしれません。
でも、楽しかったです。


2007.06.10 17:37 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

★赤い鳥幹事さん

>極めて不思議な気持ちで・・・今もいます。
>貴方の故郷・・いい町ですよね。良くも悪くも後悔もまた大切な要因のひとつでしょう。

今は別の地域で暮らしているので、想い出が現実の風景に壊されなくてすんでます。
実際に行ってみると、ここはどこ?私はだれ?の世界です。

>貴方のおふくろさん・・いいよね。北九州の母はいいよね・・と思っています。母は強いものなのでしょうかねえ。

ぼくの母はあんまり強くないです(笑)。泣いてばかりいましたねぇ。


2007.06.10 17:39 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

似たような体験をしたことがあります。小生の小学校の近くに、朝鮮初等中等学校があります。ある朝、みんなでその学校へ通う生徒に石を投げていました。しかし、小生は石を投げませんでした。石を投げる理由が小生の中になかったからです。
 差別は、理由なく区別し何らかの不利益を相手に与えることなのかもしれません。そしてひとは、自分の存在を確かめるために、誰かを差別したがるのかもしれません。しかし、自分の存在を確かめられるのは、自分自身の生き様だと常々思うようになっています。
 別のところには、戦後の混乱時に生まれた、ハーフの方々の養護施設もありました。「あそこの近くへ行っては行けない」と児童会で決まった時、反対できなかった自分がいまでも悔しいです。

2007.06.16 16:51 URL | 孤峰庵宗信 #79D/WHSg [ 編集 ]

 前述のことは、会津のことではありません。
 東京でのことです。生まれ育ったのは東京です。

2007.06.16 16:53 URL | 孤峰庵宗信 #79D/WHSg [ 編集 ]

★孤峰庵宗信さん

>似たような体験をしたことがあります。小生の小学校の近くに、朝鮮初等中等学校があります。ある朝、みんなでその学校へ通う生徒に石を投げていました。しかし、小生は石を投げませんでした。石を投げる理由が小生の中になかったからです。

子どもってのは考えナシのように思えて、ちゃんと考えてたり、平気の平左でコワいことをしたり。
きっと子どもの頃って多重人格なんでしょうね。

> 差別は、理由なく区別し何らかの不利益を相手に与えることなのかもしれません。そしてひとは、自分の存在を確かめるために、誰かを差別したがるのかもしれません。しかし、自分の存在を確かめられるのは、自分自身の生き様だと常々思うようになっています。

差別をする思いには、自分が他とは違うという願いがあるんじゃないかと思いますね。でも、みんな一緒になっての差別には「同質でありたい」という思いもあるように感じます。変だなぁと思います。

> 別のところには、戦後の混乱時に生まれた、ハーフの方々の養護施設もありました。「あそこの近くへ行っては行けない」と児童会で決まった時、反対できなかった自分がいまでも悔しいです。

児童会で決めるっていうのもスゴイですね。どこへ行こうと本人の勝手だし、本人の責任でしょうに。
異文化みたいなものが怖かったんでしょうか?

2007.06.17 20:45 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/1144-53a8d14b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。