番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

AM10:50 ホテルを出る。

沖縄5日目の昨日PM3:30からB局で仕事。
それまでのA局とは同じビルだから、通うのはラク。
ラクだけど、カラダ&アタマ、共に少しバテ気味。

ぼくは、普通は6時に起き、夜は12時前に寝てしまう朝型。
それが、沖縄に来てから朝近い4時、5時に横になるという生活に。
習慣の哀しさ、4時にベッドに入っても、6時に目が覚めてしまう。
目が覚めると、もう一度寝付くことが難しい。
そのまま昼近くまでベッドでもぞもぞしてしまう。

AM3時半にホテルへ戻った今日も、あんまし眠れず、
ボーゼンとして外へ。

--うっ、寒いっ!

昨日から急に冷えてきた沖縄。
つい二日前までは25度あったのに、今日はフリースを着ても寒い。
真冬並みの寒気到来だとか。あ~、カラダがついて行かん~。


===============================


B局での編集は、パソコン使用。
マックのG4と、編集ソフトの「ファイナル・カット」。

昨日の朝まで使っていたのは、ハイビジョン対応・総額1億円也という
超豪華最先端編集システム。
今日は、編集ソフトこそプロ仕様だけど、店で売ってる普通のパソコン。
どちらでも番組ができる。技術にうといぼくには不可思議。

でも、ディレクターもパソコンを使って簡単な編集くらいは
できないとダメだろう。
実際、15分番組(正味12分前後)の番組を、ディレクターが
ノートパソコンを使って編集している局もある。

映像はデジタル・ビデオ・カメラを使い、自分で撮る。
そして、パソコンを使い、自分で編集・・・・・。
熱心なディレクターほど、忙しくなってしまうなぁ。

まぁ、こだわりのないディレクターにひとつの番組を任されることは
なくなっていくのだろうけど。


=================================


この日、B局へ到着したのはAM11:00。
担当の女性ディレクター氏は、激・お忙しい。
編集室に腰を落ち着ける時間が、15分と続かない。
ひたすら、待機。

で、いざ編集にとりかかれたのは、PM7:00。待ち8時間。
大部屋詰めの役者みたい。
でも、待つのもお仕事のうちだ。


================================


番組の正味時間は、24分05秒。
AM2:10時点で、24分47秒。
32秒オーバーのところまでこぎつける。

この日の編集は、ここで終了。

前日深夜、ジンマシンが出て救急病院へかけこんだというディレクター氏、
ほうほうの態でご帰宅。

ひな祭りも関係ないなぁ。大変だ。

関連記事
スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/116-3a415bca