番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

今週の火曜日。取材テープをダビングした2時間のVHSテープが10本、送ってきた。

以来、映像をモニターで見つつ、音声をイヤホーンで聴きつつ、テープ起こしの日が続く。飽きる…。

2時間テープ×10本=20時間

すぐ済みそうなんだけどなぁ。
でも、やっぱり3倍はかかるんだなぁ。

取材先が沖縄の小さな島で、その海の美しさときたらない。溶け出したクリスタルのような海の水はその底が見通せる。見上げると白い雲を浮かべた真っ青な空が広がる。

きれいか~。
こりゃ、ドライブには最高の場所だね。
窓を全開して、走りたいなぁ。


主人公はこの島に住むウミンチュのおじさん。このおじさんがクリスタルの海に潜ってタコを突く。海底の岩やその他を目印に、自分の庭を歩くが如くスイスイ泳ぎ、おじさん曰く「タコのおうち」を一軒一軒訪ねては、そこからタコを引きずり出す。

おうちから引きずり出されたタコは苦し紛れにスミを吐く。

クリスタルの海の視界が一瞬さえぎられる。
でも、おじさんは手にした獲物は逃さない。

映像はきれいだし、興味深いし、見ている分には飽きないなぁ…。


しかし、おじさんのインタビューが聞き取れない。早口&方言に加えて、ウミンチュ言葉まじりなんだよなぁ。イヤホンから聞こえる言葉に耳をそばだてても…う~ん、ワカラン。

ワカラン言葉をそのまま流すわけにはいかん。スーパーでフォローせにゃいかん。でも、スーパーを書くためにはおじさんの言葉の意味を知らねばアカン。

困ったね…。

しかし、不可思議なもので、何度か繰り返し聞いていると、意味が分かってくる。

番組で使うインタビューは、視聴者に100パーセント分かってもらう必要がない場合が多い。その人がどんな思いを持っているか、どんな気持ちで話しているかをなんとなく分かってもらえばそれでいいっていうことがほとんどだ。

だから、大切なのは話している人の表情を見てもらうこと。人は言葉だけでしゃべるんじゃない。顔でも、腕でも、背中でも、震える肩でもしゃべるから。

話している顔にスーパーをかけてしまうと、当然ながら視聴者はスーパーの文字を読むので、肝心の表情を見落としてしまう。それじゃぁ、意味がないもんなぁ。


ウミンチュのおじさんのお話、耳では分からなくても、体で聞けばなんとなくわかるな。
できるだけ文字スーパーは出さないようにしよっと。


でも、ストーリーを考えたり、ナレーションの裏付けのためには、おじさんの言葉が分かんないとやっぱりアカン。


デッドラインは間近であるが、道まだ遠し、かな。
あぁ、夏休みが欲しか…。





関連記事
スポンサーサイト

顔を合わせて表情を読んで息づかいを感じれば・・分かる。分かるカモ知れない。

スーパーを減らして表情を見せる・・素敵な編集だと思います。

2007.08.26 00:23 URL | 赤い鳥幹事 #79D/WHSg [ 編集 ]

★赤い鳥幹事さん

>顔を合わせて表情を読んで息づかいを感じれば・・分かる。分かるカモ知れない。

人と人とって、なんとなく分かればいいんだと思います。
カンペキってムリですから。

>スーパーを減らして表情を見せる・・素敵な編集だと思います。

ありがとうございます。
でも、結果的にはスーパーだらけになったりするんですよね…。

2007.08.26 20:05 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/1199-00a49acc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。