番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
「企画が全然あがらないんですよ」

局で打合せ中の雑談で制作部長のA氏が愚痴った。ドキュメンタリー番組の企画を部員に募るのだけど、まったく出てこないんだそうだ。

ぼくは実際に見聞きした話をした。

ある局の、こちらも制作部長のB氏。年間の予算をやりくりし、年度の終わり近くに200万円(300万だったかもしれない)ほどのまとまった金額の余裕が出来た。B部長は部員を集めて言った。

「やりたい企画があったら、この貯金を好きに使っていいぞ」

これだけのまとまった額の予算を使えることはめったにない。でも、誰からも、何の企画も出なかったそうだ。

頭にきたB部長はその貯金を自らやりたかった企画の番組化につぎ込んだ。外部のライターを使い、外部の編集スタジオと編集マンを使い、録音スタジオを使って、貯金をすっきり使い切ってしまった。

「どこも同じなんですねぇ…」

企画が出ないとこぼしていたA部長は、ちょっとホッとしたような顔をした。

部長は部員の管理が本来の仕事。自ら番組作りの現場に踏み込むことは稀だし、B部長の“暴走”には多少の批判もあったらしい。しかし…、

「これだけの予算を使えるチャンスはほとんどあり得ないのに、言っても言っても誰も手を挙げないんだから。予算を使い切らずに余らせると、ただでさえ削られている制作費がますます抑えられてしまう。削られるくらいなら番組にした方がいい」

と、B部長。確かにその通りだと思う。

本当に企画があがらなくなってきている。企画を出すのはいつも同じディレクターという局も多い。他の連中は、忙しいのか、興味の範囲が狭いのか、問題意識が希薄なのか、それとも引き出しの中身がオソマツなのか?

企画と言っても、カッチリしたものである必要はない。自分が「面白いな」とか「変だな」とか感じたことを明らかにしてみたいという思いから始まる。結果的に番組にならないこともあるけど、踏み込んだ分、確実に引き出しの中身は充実する。

企画力って頭の良さとは関係ないように思う。世の中の動きや出来事、人々の生活に疑問や興味を持てるかどうかだし、それを伝えるために労を惜しまない根気があるかどうかだ。

それがお前にあるのか?と問われれば、はっきり言って「ない」。だからあまり強くは言えないのだけど、制作部員というのは企画を出すことこそが仕事。企画が通ったらやるべきことが増え、自分の首を絞めてしまうというジレンマもあるだろうけど、出す習慣をつけていないとイザいい話があったときに企画書が書けないというハメに陥ってしまう。

「結局、みんな、めんどくさいんですよね」

と言うA部長。今、進行中なのはA部長自身の企画で、ディレクターを務めるのも彼。こちらも部長自ら現場に出る。

ベテランが動くということは若い人たちのフィールドが狭くなるということ。

いいのかなぁ…?
関連記事
スポンサーサイト

こんばんは。

素人が差し出がましいのですが、福岡のワンニャンの処分が、ここ数年日本一なんですよね。
動物写真家の岩合光昭先生に、写真展で啓蒙活動のお願いすると、近々やってみたいと回答がきました。(すみません、R○Bの納富次長にプレゼン済みです・・・)

http://www.digitaliwago.com/" target="_blank">http://www.digitaliwago.com/

そして、先週訪問した、軽度の障がい者や鬱を患ってる方を支援してる「もみじ学舎」など、身の周りにたくさん企画の対象はあると思ってます。

http://www6.ocn.ne.jp/~momiji1/13.html" target="_blank">http://www6.ocn.ne.jp/~momiji1/13.html

若い世代の諦めや「シラケ」が問題ですが、わたしらの責任でもありますからね。
カミナリオヤジでありたいと思ってます。(笑)

2008.01.09 22:08 URL | 修理屋マイスター #79D/WHSg [ 編集 ]

★修理屋マイスターさん

>こんばんは。

はい、こんばんは。

>福岡のワンニャンの処分が、ここ数年日本一なんですよね。

あらら、そうなんですか? 知りませんでした。
飼い主はちゃんと最後を看取って欲しいですね。


>身の周りにたくさん企画の対象はあると思ってます。

ぼくも企画の対象はたくさんあると思います。それを番組にまでまとめるのは大変なんですけどね。

>若い世代の諦めや「シラケ」が問題ですが、わたしらの責任でもありますからね。
>カミナリオヤジでありたいと思ってます。(笑)

まぁ、ぼくらもその昔は「シラケ世代」と言われていたような気がします。
オヤジの言うことをおとなしくきくような若い衆じゃアカンとも思いますし。

彼らなりに「熱」はあるんでしょうけどね。

2008.01.10 15:40 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/1277-29b1bbdf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。