番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

きょうは8時から、食事をはさんで今、22時ちょい過ぎまで、パソコンに向かって取材テープの書き起こし。

最近はDVDにダビングして送ってもらうことが多い。VHSテープだと、止めたいところをシュルシュルシュルと通り過ぎたりで、イライラしてくることもあったけど、きっちり止まって「進め」も「戻れ」も楽なDVDは使い勝手がいい。それにノートパソコンでも見ることができるから、出先でも書き起こしができるし。

ぼくにとって、番組の始まりは大抵の場合は取材テープを見ることから。どんなに素晴らしい企画でも、素材は実際に取材された映像と音しかない。だから、素材以上の番組は生まれない。いい番組、おもしろい番組は、取材がきちんとしているし、取材する側に大きな興味や疑問、たっぷりの思い入れがある。だから、結果的におもしろい番組、興味深い番組になるモノは、素材テープもおもしろいし、興味深い。

素材をどう組み合わせるか、その流れを作るのがぼくの役目。まずはフレームを作り、あとはディレクターや編集マンと一緒に映像を見ながらあ~だこ~だと変えていく。楽しいけれど、放送日というお尻が切られているので結構しんどい。きょう見たのはお蕎麦屋さんの話。写真に写るDVD、左の山の四分の三がその素材。最近の番組しては多い方だろうか。

取材テープを見ていると、取材の現場の様子がわかる。モニターに映し出されたのは温度計。「なんじゃろか?」と思って見ていたら、「-4℃」…「-5℃」と気温が少しずつ下がっていく。そして、「-8℃」まで下がったところで、カメラがおもむろに動き出した。

なぁるほどね。

夜明け前の一番寒い時間を見計らって、夜明け前のまだ暗い中、蕎麦を売っている職人の元を訪ねる。それがディレクターの狙い。気温が下がりきるまで、ロケ車(この場合はディレクターのマイカーらしいが)の中で待機していたのかぁ。そのせいかな、カゼをこじらせて点滴を打ったって言っていたのは。

取材をしたあとで気温を調べ、「この日の夜明け前、最低気温は-8℃を記録した」とナレーションをつければすむ。そう考える人もいるだろうけど、この50代の、直球しか持ち玉がないようなおじさんディレクターは、そんな小細工がキライなのだ。

番組は心意気で作る。

それは結構“当たり”かもしれない。
おじさんディレクターの気合いに負けないようにせねば。

思いがこもった取材テープ。おっし、もうちょっと見よ。




関連記事
スポンサーサイト

沖縄座間味島のちょっとした動きに注目しています。
ちょこっと見ていただくと面白いと思うのですが。

2008.04.04 01:55 URL | 赤い鳥幹事 #79D/WHSg [ 編集 ]

こんにちは。
「思い」ですか。
わたしも「思い」の篭もった「魂のチラシ」にするべく改良中です。
琴線に触れるアナログが、いつの時代も大切と思います。
人間ですからね。

2008.04.04 13:35 URL | 修理屋マイスター #79D/WHSg [ 編集 ]

★赤い鳥幹事さん

>沖縄座間味島のちょっとした動きに注目しています。
>ちょこっと見ていただくと面白いと思うのですが。

座間味というと、集団死がらみのことでしょうか?
どんな動きがあるんでしょ?

2008.04.04 18:25 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

★修理屋マイスターさん

>「思い」ですか。
>わたしも「思い」の篭もった「魂のチラシ」にするべく改良中です。
>琴線に触れるアナログが、いつの時代も大切と思います。
>人間ですからね。

他の人の心の琴線に触れるには、
やっぱり「思い」の深さが必要だと思います。
「あほくさ」と思われても別にかまわんですし。

2008.04.04 18:27 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/1305-92c5dadd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。