番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

きょうは原稿書き。

年に数回、書評の依頼が来る。書を評するような柄ではないのだけれど、新聞社の知人がテレビ関係の新刊が出ると回してくれるのだ。

昔。まだ東京にいたころ。通信社の書評を二年間ほどやらせてもらっていたことがある。そのころはまだテレビ関係の仕事をしてはいなかったので、担当者が選んでくれる新刊はバラエティ豊んでいた。

富みすぎていて、理解不能な書籍があったりもしたっけ。

書評を書くには、当たり前だけどその本を読まねばならないわけで。面白いといいのだけれど、読めども読めども興味がわかない内容だったりすると緩やかな拷問に合ってるように感じたりする。そんな本に限って400ページも500ページあったりして…。

でも、読書という習慣を持ち合わせないぼくにとっては、半ば強制的に活字に没頭させられる時間が持てるのは嬉しくもありがたいことでもある。

同時に、本の内容とその印象を800~1200字ほどの文章にまとめるのは、日頃は刹那的な使い方ばかりしている脳みそに新たなシワを刻めるような気がして少し嬉しい。

で、今回の新刊は二段組み、550ページをこえる、ちょっとした辞書並みの厚さ。ずっしり重い郵便が届いたときは「ひえ~」っと思ったけれど、とっても面白い本だった。ホッ。

でも、読み終わるのに二ヶ月近くもかかってしまった。新刊じゃなくなっちゃう。書評担当の知人に申し訳ない…。

やっぱり、本の虫にはなれないな。
関連記事
スポンサーサイト

書評を見て読むかどうか決めるってこともあるのではないかと思います。本離れといってもこれだけたくさんの本が出るのですからとても全部は吟味できませんものね。
いいお仕事だと思いますよ。

2008.04.09 00:51 URL | 赤い鳥幹事 #79D/WHSg [ 編集 ]

★赤い鳥幹事さん

>書評を見て読むかどうか決めるってこともあるのではないかと思います。

そう思われるとコワイですね~。
ちゃんと書かねば…。

>本離れといってもこれだけたくさんの本が出るのですからとても全部は吟味できませんものね。
>いいお仕事だと思いますよ。

ありがとうございます。
実は本というモノをほとんど読まないもんでして…。
お仕事で読ませていただけて助かってます。


2008.04.09 15:38 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/1310-50354353

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。