番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

編集大詰め。番組の正確な長さ(完尺)にこぎつける。

CMの入り方などによって微妙に違うけど、今回の正味の長さは46分45秒。これで1時間番組とは看板に偽りあり!…と、叱られたという話は聞かないから、見ている人も結構寛大。と言うか、「CMの方が面白いよ」とみもふたもないことを言われたりして、ガーンとなることも多々。

今度の番組は山あいのお蕎麦屋さんが舞台。80歳のおじいちゃんと孫二人の家族模様がじんわり心に染みるなかなかいい出来。ごく珍しくも全国放送! なのだけど、オンエア時間は各局にまかされているので、制作にあたったディレクター本人でも、いつ、どこで流されるか分からないという珍妙なことに。

また27時台とかなんだろうな…。見返したくなるような、素敵な家族模様なんだけど。

オンエア後に見返す番組は少ない。いい評価をもらった番組より、制作中に楽しかったり四苦八苦した番組の方を見返すことが多いのが不思議。が、見返したくても手元に録画テープ等がない番組がたくさんある。

ぼくがこれまで制作に参加したドキュメンタリー番組は300本くらいだと思うけど、何らかの形で手元に残っているのは半分強くらいかなぁ。取材に協力していただいた人や外部スタッフには、今ではDVDにダビングして送付することが多いし、それが礼儀でもあるのだけれど、それを省略する制作者が多いってことかな。

まぁ、そうした制作者みんながみんな礼儀知らずとは言い切れない。協力してくれた人たちに送るためにダビングする手間も費用もディレクター個人の負担っていう常識知らずの上司がいたりもするし。ただでさえ忙しいのに、DVDを何十枚も一人でダビング出来るかい!とディレクターが思ってもそれはムリない。

ダビングを送ってこない率の高い局ってあるから、これは組織としての局の体質なのかも。組織として世間知らずなその局もマスメディアとして世論形成に強大な力を持っていると思うと少々コワいな。

かと思えば、こんなに丁寧にしてくれなくてもいいのに…と思うほどに取材テープまできちんきちんと送ってくれるディレクターやカメラマンもいる。

結局、個人の常識度や性格によるってことなのね。

関連記事
スポンサーサイト

その個人のこだわりってとても大きな分かれ道に思えます。

2008.05.08 23:36 URL | 赤い鳥幹事 #79D/WHSg [ 編集 ]

★赤い鳥幹事さん

>その個人のこだわりってとても大きな分かれ道に思えます。

こだわりも必要ですけど、
ふつ~の常識を備えていればいいだけのことなんですけどね。
局の人は他の世界を知らない人ばかりですから、
「?」が頭にともることって多いです。

2008.05.09 08:33 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/1327-f09485b5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。