番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

某局で会議。「どうすれば制作力があがるか」がテーマ。

最近、こうしたテーマの会議や取り組みが多い。その背景には「制作力の低下」がある。その危惧がなければ、こんな会議は開かれることはないし。

製作現場の昔々大昔を知っているわけじゃないし、放送局全局の現場を見ているわけでもないので、「近ごろの若いモンは」的な発言は避けたいけれど、制作現場に20年近くいて感じるのは「意欲のなさ」と「粘りのなさ」。

それは働く若いモンだけのせいだけじゃない。放送界(と言うより、ネットワークと言うべきかな)という奇妙なシステムのせいでもある。特にローカル局の場合は。


放送という分野がどういう未来を切り開いていくのかわからなかった時代。テレビなんてどうやることやら、海の物とも山の物ともわからなかった時代に「作りたい」という思いだけでこの世界へ飛び込んだ、言わば「愛すべき世間知らずの考えなし」連中と比べたら、今の連中が気の毒だ。


良くも悪くも法律に守られ、規制され、ひとつの企業として番組という最たる商品で儲けていないにもかかわらず、地域の平均レベルを軽く上回る収入を約束されているというホカホカ暖かい井戸の底にいながら「我々の制作力は云々」と考える若手がいるとは思えない。

放送局の一番の商品は「番組」であるはず。その商品で稼いでないのに存在し続ける企業というのはホントは辛い。

商品を作る現場は売れなくても首は飛ばないし、商品を売る営業もまた同じ。しかし、自分たちが作るモノが売れないのに存在し続ける奇妙さをいつかは思い知るだろう。

メーカーであれなんであれ、商品を作る部門は自分たちの作るモノが会社を支えてるという誇りがあるだろうし、営業部門は自分たちの売り上げこそが会社を推進させているという自負があるだろう。

ローカル局の制作や営業の現場には「自負」が感じられない。自社製品で売り上げをあげなくても、自分たちは困らない。だったら「自負」なんかいらないし。

ヘンな企業だ。

制作と営業はきちんとしたコミュニケーションをとろうとしない。営業は「だって売れないんだもん」と言い、制作は「売れなくてもしかたないじゃん」と言う。

ヘンな企業だ。責任を転嫁し続けるのは辛いだろうに。

売るのが営業だし、売るモノを作るのが制作。互いの頭を持ち寄って、情報番組でもドキュメンタリーでもその内容を詰め、リサーチをし、ターゲットを絞って売りに歩けばどうなのだろう?

ぼくは制作現場に足をつっこんで20年近くになるけれど、営業も参加した制作会議というのに参加したのは一回しかない。

ヘンな企業だ、売り上げ目標を達成しなくても存在し続ける。
生産性のない企業・・・・ヘンな存在。


でも、ぼくらの生活に必要なのは経済活動だけじゃない。文化活動も欠くことの出来ないし、抑えることの出来ないぼくらの精神の発動だ。

放送局はその文化活動の一端をになってる。経済的な生産性のない企業でも存在を許されるのは、その一端で真剣に自分の興味を広げる続けるから、それしかない。それだけがぼくらの生活の糧だ。


「存在理由」なんて言葉は硬いけど、今のうちにつきつめて考えないと痛いしっぺ返しを食うことになる。現在のネットワークも田中の角さんが郵政大臣だった時代にキー局とローカル局の並べ替えをしてできたに過ぎない。未来永劫、同じままに続くと約束されたことじゃないのだし。

でも、ネットワークの生まれたいきさつを知らない局員の方がもう多いだろうし、自らを規制する放送法や電波法など読んだこともない連中ばかりだろうな…。


危うい足場に気づかないのはコワい。

そんな危ういところで社員よりずっと働くのは、アルバイトだったり、契約社員だったりするのはなぜなんだろう? この仕事がしたくてこの場にいるから、それだけの理由なのかなぁ。

社員といったって、ちっともエラくはないんだよ。身分社会じゃないんだからさ。もっと働こうよ。


頑張っている社員もいる。あたり前。

その頑張りは「経営的に会社を支える」頑張りじゃなくていい。自分の興味を、疑問を、モニターの向こう側にいる人たちに問うこと。それだけ。興味も疑問もないヒトに「制作力をあげましょう」と言ってもムリだ。その存在理由の根幹を持っていないのだから。


なんてことを社員の集まる会議で言うのもなぁ…。
請負業の首を絞めてしまうな。

くわばらくわばら…。


関連記事
スポンサーサイト

無気力な時代なんでしょうかね?
イケイケドンドンではないことは確かです。
どうも世間全般、守りに入っていることが、無気力を生み出しているんでしょうか。
自己防衛が進んでいるのかなぁ?
パソコンでのやり取りも、弊害になってる気がしますです。

2008.08.19 16:44 URL | 修理屋マイスター #79D/WHSg [ 編集 ]

★修理屋マイスターさん

>無気力な時代なんでしょうかね?
>イケイケドンドンではないことは確かです。
>どうも世間全般、守りに入っていることが、無気力を生み出しているんでしょうか。

放送局の現場では「無気力」という感じではないですね。
「適度に」という言葉の方が合ってると言えるでしょうか。
自分の役割をきちんと把握していない人が増えているように思います。

2008.08.19 20:59 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/1372-aac85560

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。