番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

こんな番組の制作に参加しました。

第17回 FNSドキュメンタリー大賞 ノミネート作品
山間地・上合瀬に生きる
~蕎麦の芽一家の絆~


ナレーター:蟹江敬三

製作著作:STSサガテレビ



 

農業で生活していくのは大変です。
それも、山間の痩せた土地では。

それでも、一家揃って
農業で生きていくことはできないか?

80歳になる友田泰彦さん。
人呼んで「疾風(はやて)のヤッさん」の半生は
農業で生きるための摸索続き。

佐賀県の山間地を
レタスの一大生産地に躍進させたその手腕は
今でも畏敬の念を集めています。

その「疾風のヤッさん」は
70歳を過ぎてから
蕎麦に打ち込み始めました。

土を耕し、種を蒔く。
実がみのり、収穫し、粉にして蕎麦を打つ。
そして、自分の店で客に出す。

友田さんの生活サイクルは
蕎麦の一生と共にあります。

そんな、食える農業を目指す「疾風のヤッさん」に
近ごろ、相棒がふたり、できました。

「農業をやりたい」と農業大学校へ進み、
長野の農家で修行を積んだ2番目の孫。

海外のNPOでやりたい道を探しつつ
嫁を連れふるさとへ戻ってきた上の孫。

あと継ぎができた。友田さんは喜びます。

が、しかし・・・・。

「ふたりの孫まで農業で食わせることができるのか?」

悩む友田さんを不幸が襲います。
支え合ってきた妻を病で亡くすのです。

失意に沈む友田さん・・・。


番組の詳しい内容は → こちら




 
放送局と放映日時

フジテレビ 11月9日(日) 深夜2時10分~3時5分





「疾風のヤッさん」は、孫ふたりを相棒に
食える農業を追い続けていくことが出来るのか?

遅い時間ですが
ご覧いただけると幸いです。



関連記事
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/1407-4e3e8991

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。