番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

ひとつの仕事が終わると、エアポケットに陥った気分になることが多い。

かと言って、気分が沈むというほどではないのだけれど。

短くても数ヶ月の準備をし、2週間弱の編集期間はみっちり根を詰め、脳みそを雑巾のように絞り絞ってよいよい形を探しまわり、慌ただしくナレーションを録り、無理を承知で音の整理を専門家に頼み、スーパーを一枚一枚入れて行くともうオンエア前日。

そして、オンエア。

放送時間の1時間はきらめきのように通り過ぎて行く。

「あ」、と言う間もない。

出来る限りのことはしたつもりでも満足感にひたったことはない。胸は達成感よりも、ぽっかりと虚しさに似た思いに満たされる。


未来永劫、戻ってこないこの番組。止めることも出来ず、繰り返すこともできず、ひたすら流れ去る。

「誰が見てくれているんだろう?」

やっぱり、そう思ってしまうなぁ。


ふぅ。
資料を読まなきゃ。

このご時世に、存在の根幹を問うシステム的な問題も抱えたローカル局で、次の仕事があるのは恵まれてる。

エアポケットに入ったままじゃアカン。
お尻をムチ打ち、動き出さねば。


関連記事
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/1530-d07cd0aa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。