番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

育児放棄されたホワイト・ライオンの兄弟の育児風景がテレビで流れた。

飼育係が手にするミルクを無心に飲む姿が愛らしい。

お尻を触ってもらってオシッコをし、背中を叩いてもらってゲップする。ミルクで満腹のおなかをふくらませて、湯たんぽの温もりにじゃれる姿も愛らしい。

ぼくは動物園が好きだけど、行くと切なくなるのでもうかなり長い間行かない。最後に行ったのは京都の大学に通う中学時代の友人がぼくの下宿を訪ねてきたとき、一緒に行った上野動物園だろうか。

その時、パンダ舎を覗いた友人は、ひたすらごろごろ寝っ転がるだけの大熊猫の姿を見て、

「でたんだい、わざわざ京都から来たんに、寝ちょるだけやが」

と、大きな声で言った。周囲の客がくすくす笑った。

あれはちょっと恥ずかしかったなぁ。


動物園に行くと人間に見られるためにそこにいる動物たちの健気さに負ける。

生きた動物を自分の目で見るという動物園の重要性はわかるし、単なる感傷だとは思うけれど、やっぱり自然の中を走り回りたいだろうなぁと感じる。

メシ付き昼寝付き、どこが悪いとこがあろうかと言う人もいるけれど。

真夏のペンギンやシロクマは気の毒だし、雪が舞う中でのライオンの姿もなぁ。


先日、これまた親から育児放棄にあったアシカの赤ん坊が飼育員に育てられている様子がオンエアされていた。

人の手からミルクを飲み、怖くて浸かることもできない水で泳ぐことを人から学ぶアシカの赤ん坊。免疫力を強くするための日光浴をするために、よちよち、自分で歩いて飼育係のあとを追い道路へ。

暖かい陽の光を浴びて目を細め、気持ちよさそう。

そして、よちよち、自分で歩いてアシカ舎へ帰って行った。

ひとり遊ぶアシカの赤ん坊。その映像に、撮影してから間もなく世を去ったというスーパーが表示された。

驚いた。

はかない・・・って表現していいのかなぁ。
飼育係も力を落としているだろな。


この映像、どうしても使わなきゃいけなかったんだろうか?

いけなかったんだろうな、きっと。





関連記事
スポンサーサイト

今夜からパソコン環境が少し改善されたけん、久々に覗いてやったら、人のことネタに使いよってからに!
どおせわたしゃイナカモンデスバイ

2009.12.08 23:26 URL | アロンの下宿人 #79D/WHSg [ 編集 ]

★アロンの下宿人さん

>今夜からパソコン環境が少し改善されたけん、久々に覗いてやったら、人のことネタに使いよってからに!
>どおせわたしゃイナカモンデスバイ

いやいやお久しぶりです。返事も遅れてすんません。
あんさんはネタになるエピソードをたっぷりお持ちですもん。
怒らんとお付き合いくださいまし。

2009.12.28 22:08 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/1587-86efd3d0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。