番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

たまに転職の相談を受ける。

地方の映像プロダクションでディレクターをやっている男性からTEL。

仕事場を変わるべきか否か、悩み中。すでに他社の面接を受けて「来てくれ」と言われているとか。

30代前半。新卒でプロダクションに入社して10年以上が過ぎた。毎日、仕事は変わらない。いわゆるルーチンワーク。

作りたい番組が作れるわけじゃないですし・・・。このままでいいものか、と・・・?

う~ん、そりゃイヤになるだろうねえ。面接も受けたことだし、やめたら?

というのが、相談を受けたときのぼくの回答。今回だけじゃなく、たいていそうかな。

このままでいいのか?と迷う人に、「そのままでいいじゃん」と答えるのは無責任。

どんな現状なのか、それは本人にしかわからない。いや、本人にもわかってないな、きっと。渦中って、自分が見えないみたいだから。

でも、悩んでいるってことは本人にはわかる。その話しぶりから、ぼくにもわかる。

いいのかな?と思ったら、一歩踏み出すしかない。それでしか、現状が良かったのか悪かったのかはわからない。

ぼくも10年間の会社員時代に4つの会社を転々。そのたびに「あぁ、そうだったのかぁ」と気づかされた。それは今の仕事に活きている。

新しい場所に飛び出したって、何とかなるよ。

踏み出してみて、あ、あの状況って良かったんだぁ!と気づくこともあるけど、それはそれ。それも飛び出したからこそわかったこと。

たとえ後悔したって、気づかないまま過ごすよりいいかもね。

心配、ないない。踏み出した先は奈落の底、なんてことはめったにないよ。収入が激減することはままあるけどね。

ドアは開けるためにあるんだよ~。閉めないと役に立たないけどさ。


面接を受けたのは、同業の編集プロダクション。

さてさて、彼はどうすることやら。
関連記事
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/1700-ad8418b2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。