番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
きょうは1時間番組のプロデューサー・プレビュー。まだ10分近く長いけど、あしたにはきっちりした長さにまとめなきゃならないので、きょう見てもらうことに。

番組の内容はプロ野球の世界で「裏方」と呼ばれるスタッフのうち、バッティングピッチャーとブルペンキャッチャーにスポットをあてたもの。

バッティングピッチャーはホークスの渡辺秀一さん。

ブルペンキャッチャーは同じくホークスの内之倉さん。

渡辺さんは神奈川大学時代、日米野球の代表に選ばれ、ドラフト1位でホークスに入団。このときの2位が小久保選手だ。

プロ1年目、渡辺さんは8勝をあげて新人王。この年、200安打を放ったイチローを21打数3安打に抑えこんだ。

内之倉さんは甲子園を沸かせた。鹿児島実業の中心バッターとして甲子園で4本のホームラン。

未来の大器と期待され、ホークスに入団した。

将来を嘱望されたふたりの選手は、今、選手の練習をサポートするスタッフとして、ユニフォーム姿で頑張っている。

選手時代に比べ、大幅に落ちた収入。1年契約、翌年の保証はない。故障でもすればあっさり解雇の厳しい世界。

でも、ふたりとも楽しそう。リーグ優勝を決めた試合後の祝勝会では選手と一緒になってビールまみれとなっていた。

一年間、選手をサポートする体を維持するため、ドーム球場のスタンドを駆けのぼる渡辺さん。

補球時にいい音がするよう、春のキャンプからミットを使い込む内之倉さん。

純粋に野球が好きだから、ここにいる。

いろんなことを諦めもしただろうけど、その思いが潔い。



好きなことを仕事に出来るってうらやましいな。

いや、別に仕事にならなくてもいい。打ち込める何かがあるっていいよね。


なんか…がんばろ。


カットする部分を決めていったら、30秒オーバーにまでおさまっちゃった!

やりぃ!!

あしたに間に合いそう。
関連記事
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/1716-c2296d3b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。