番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

番組の尺-長さというのはほぼ決まっていて、「1時間番組」と呼んではいてもその実、60分間あるわけじゃない。

60分のうち終わりの5分間は天気予報などに割かれているし、番組の合間合間にはCMがきっちりと入っているので、「1時間番組」も正味は通常46、7分間。

きょうは尺を出す日。つまりは、流れと長さを決める日だ。

1秒30コマで作られているテレビの世界。1コマでもずれてると叱られるから、編集マンは大変だなぁ。


番組の尺が出たら、映像を見つつナレーションを書き直すのがぼくの役目。流れが劇的に変われば全部手を入れることもあるし、ナレーターの声(トーンかな)に合わせて書き直すこともある。

ナレーターは番組の色を決めるから、言葉の選び方には気を遣う。今回は30分バージョンも読んでくれた女性のアナウンサーさんだから、前回と同じトーンでOKだ。

編集を進めるうちにナレーションが固まってくれば、微妙な時間合わせだけをすることもある。今回はこれかな。


で、最終チェックをし、完尺になった映像をハードディスクにダビングしてもらって帰宅。

午後5時半までにメールで送る約束なのでさっそくとりかからねば、と自宅のパソコンで映像を見始めたら、番組開始1分足らずで映像も音もストップ。

あれ?

編集機はMac、ぼくのデスクトップはWindows。そのせいかしらとMacBookにつないでみても、同じところでやっぱりストップ。

どうやらハードディスクがアカンみたい。

編集マンに電話して、ネット経由で映像を送ってもらうことに。


「あげましたよ」という電話をもらってからダウンロードが終わるまで20分ほど。

おかげで約束の時間に間に合った。


便利な時代になったもんだね、ホント。その分、忙しくなったけどさ。

アオ助「働け」


オンエアは午前4時25分からだって。

「見て」って言えないねぇ…。





関連記事
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/1818-08194e6e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。