番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

やかましいロックも好きだけど、こんな人の歌も好き。

越路吹雪さん。

パソコンに入れて持ち歩いて聞いたり、iPod mini をカーステレオ経由で聞いたり。

かっこいいよなぁ、この人。若くして亡くなって残念だ。今もご健在だったら、あの独特な歌を聴かせてくれてるだろうかしらん?

「イカロスの星」とか「ろくでなし」「愛の讃歌」などもいいけど、やっぱ「ラストダンスは私に」かなぁ。

   「ラストダンスは私に」by 越路吹雪


ぼくは長い間この歌を「壁の花」と化している女性の心情を歌った歌だと思っていたけれど、実はそうじゃなかった。

この歌の作者は病気(小児麻痺だったかな?)で車椅子生活。ダンスパーティに行っても踊ることが難しい。どうしても壁のそばで見ていることになる。

一緒に行っていた奥さんも彼と同じように壁を背に踊る人たちを見ている。

その姿を見た彼は健気な奥さんをちょっぴり不憫に思い、

 「踊ってきていいよ」

って作ったのがこの歌だそう。だから、

 「行って、楽しんでおいで。歌って、笑って。
  でも、誰かが『家まで送ろうか?』と言っても断るんだよ。
  きみを家まで送り届けるのはぼくなんだから。
  ラストダンスはとっておいてね」

って歌ってるんだなぁ。

なるほどぉ、「壁の花」じゃなくてパーティの花になった人を見つめている人の気持ちだったのね。



オリジナルは、ドリフターズ(いかりやさんが親分のアレ?じゃないですぅ)。「スタンド・バイ・ミー」のベン・E・キングがリード・ボーカルだった。

こちらもさすがに素晴らしい。

  「Save the last dance for me」by The Drifters

ソウルやR&Bのベスト盤には必ず選曲されるので、ぼくのパソコンには同じこの曲が9曲入ってる。



でも、やっぱりきょうは越路さんのバージョンを聞こ。岩谷時子さんの訳詞も、とてもいい。

関連記事
スポンサーサイト

なかなかいいはなし知っとるね!

グー(^-^)g""よ。

2011.12.05 08:57 URL | アロン #79D/WHSg [ 編集 ]

★アロンさん

おや、珍しい。飲みに行こうで!

>なかなかいいはなし知っとるね!
>グー(^-^)g""よ。

お褒めにあずかって光栄でありますぞ。


2011.12.10 09:56 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/1850-fbd2886d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。