番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

今、「ムーミン谷の彗星」を見てる。

録画予約していたらしく、知らない間に録画されてた。

ラッキー。

「 Wikipedia 」によれば、1992年制作の映画。ぼくがアニメの「ムーミン」を見ていたのは中学~高校時代だから、この映画はそれから20年ほどあとに作られたことになる。

映画はムーミンが恋人となるノンノンに出会う設定になっている。でも、「ノンノン」は「フローレン」と名を変えていた。

その昔、ノルウェー在住の「ムーミン」原作者が日本版アニメの「ノンノン」という名前に激怒して変更を要求した、という話を何かで読んだ覚えがある。

「ムーミン」には「ノンノン」じゃないとしっくり来ないなぁ。

しっくり来ないと言えば、ムーミンの声は岸田今日子さんから高山みなみさんに変わってる。

ぼくが見ていた「ムーミン」の岸田 as ムーミンは、ぼんやりとしたのんびり屋の、動きはもっさりとしていて、でも正義感はいっぱいの男の子だった。でも、この映画の高山 as ムーミンは、キリッとした口調でしっかり者の、仕草も素早い少年になっている。

ムーミンパパも、ムーミンママも、ノンノン(フローレン)も、ミィも、みんな声が変わっている。まぁ、僕が見ていたのは60年代末から70年代初頭だから、声優さんも変わって当然だけど。

岸田さんの「ぼんやりムーミン」が好きだったんだけどなぁ・・・。

映画のミィは佐久間レイさん。「らんま1/2」のシャンプーだ。

「らんま」と言えば、このムーミンの高山みなみさんは「らんま」のなびきちゃんだ。

ほんと、アニメばっかり見てたのね・・・。



スナフキンが好きだったね、やっぱ。それにニョロニョロも。

この映画は、ムーミンがスナフキンに初めて会う設定にもなっている。旅人だったスナフキンはムーミンに会ったのがきっかけでムーミン谷に腰を落ち着けることに。


物語の内容は、ムーミン谷に彗星が近づき、その影響で海が消える。

ムーミン谷の住民は揃って避難。さぁ、海は、谷は、どうなる?

丘に登ったスナフキンが叫ぶ。

「帰ってきた!」

彗星は去り、海が戻ってきた。

ムーミンたちは喜び、砂浜で踊り出し、海へと飛び込む。


それだけ・・・。

それだけと言えば、それだけ・・・なんだけど、「ムーミン」ののんびり感と安堵感はやっぱりいいな。

テーマソングをトワ・エ・モアの白鳥恵美子さんが歌ってる。なんか、懐かしい。



でも・・・ムーミンは岸田今日子さんがいいな、やっぱり。
関連記事
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/1856-959cd10a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。