番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

大きな大きな、このあたりではちょっと珍しいくらい大きな雪が降っていた。

車で小さな峠を越えるときは最盛期。

正面から吹き付ける大きな雪で、行く先がぼんやりかすんでしまう。通りかかる車も、すぐ目前まで来ないと分からないほど。

この界隈が、九州ではあれど日本海側なんだなぁと改めて思ったり。

でも、こんなごくたま~に見る大きな雪は、きれいだねぇ。

家路につく前に、駅の10階フロアにあるパスタ屋で遅めの昼食だったのだけど、窓際の席だったので、大きなガラス窓の向こうで雪が乱舞。

一直線に伸びる大通りの向こうには、うっすら海が見えたりして。

あぁ、いい景色だこと…なんて思ったり。

雪は空からの贈り物という表現があるのを思い出す。積もらなければ時々天から落ちてきてくれないかなぁ…なんて思うのは、雪国の大変さを知らないからだろうな、きっと。

ひと晩で周囲の景色が一変するほどに降り積もるらしい。

雪下ろしも大変だ。

たまに舞うくらいがいいね、やっぱ。

しかし、あしたもあさっても、降るかもという予報が出てる。

積もらないといいけどな。


きょうまで編集で一緒だったディレクター氏は、雪に覆われた山村の景観を撮るとか言って、機材とチェーンを積んだレンタカーを駆り、午後には出かけたはず。

海岸線でこれだけ降れば、里山の朝の雪景色はさぞかしきれいだろうな。

それとも、降りすぎて目的地に到達する前に足止めとか?

そうならぬよう、祈りませう。





関連記事
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/1872-cd9c6fc0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。