番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

体感温度って不思議。

きょうはほぼ晴れて、陽射しもあった。気温も25℃を超えていたけど、一日中、なんとなく肌寒かった。

午後9時を過ぎた今も部屋の気温は24℃近くあるのに、半袖シャツじゃ心もとない。素足だと妙にスースーする。

「梅雨寒」って言葉があるけど、きょうのような日のことをいうのかな?

辞書を引くと…、

「梅雨寒:梅雨時に訪れる季節はずれの寒さ」

ですと。そのままの説明で、よく分からんな。

Google によれば…、

「梅雨の時期、特に、長雨の場合は、日照時間が短いため、気温の上下(最高気温と最低気温の差、日較差)が小さく、肌寒く感じることがある。この寒さや天候を梅雨寒(つゆざむ)または梅雨冷(つゆびえ)と呼ぶ」

別に長雨が降ってはいないし、洗濯物がキチッと乾くくらいに陽射しはあったんだから、この説明もよくわからんね。でも、確かに「気温の上下」は小さかったかも。


靴下をはき、長袖Tシャツなんぞを着る。そしたらなんとなく暑いんだよねぇ。

湿度が低いと体感温度も低めに感じるとか。でも、この部屋の湿度は70%。ちょうどいいレベルだね。

う〜ん、暑いの? 寒いの? どっち?


ネコ助はふとんの中に埋もれて寝てる。コイツはホントに暑くてもこうだから、気温の判定にはならんねぇ。


関連記事
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/1906-b4c4d4d6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。