番組構成師 [ izumatsu ] の部屋


今日は母校・某筑高校の同窓会。
それも、同級生の集まりではなく、
高校の全卒業生を対象とした、年一回の同窓会。

ぼくの卒業した高校は歴史だけは古いので、
この同窓会には、足元おぼつかない超々大先輩たちもやってくる。
昨年はぼくらの代が幹事年度にあたり、役員たちは大変だったらしい。
ぼくは当日、受付を担当だけ。
次々とやってくる卒業生たちの多さにびっくりした。

大きな声で校歌を歌う90歳過ぎのOB、OGたち。元気である。
千数百人が集まったとか。

ぼくはこういう集まりは苦手で、昨年までは一度も出席したことがない。
今年から、ぼくの卒業年度の事務局員になったから、出席せねば。
人が集まるところに出かけるのは、ちと、しんどい。

まず、着ていく服がない。
会社員であることをやめたとき、持っていたスーツ類は全部処分した。
それ以来、スーツを着たのは、冠婚葬祭の時の礼服2回だけ。

社会人として、それではアカンやろ!とも思うのだが、
スーツを買うと、それに付随するすべてのもの、ネクタイ、Yシャツ、
革靴、靴下、ハンカチなどを揃えなければならない。
めんどくさいは、金はかかるはで、踏ん切りがつかず、
買おうと思いつつ歳月は流れた。

もう今からだと、礼服だけあればいいかな?

と、心の中で言い訳しつつ、今日もジーパン&シャツで出かけよう!


======================


午前0時少し過ぎ、帰宅。
大同窓会は、今年も盛況のうちに終了した。
冬場はスケートリンクとなる(はず)の大きなフロアに集まったのは、千数百人。
ぼくらの同期は、昨年が幹事年度で盛り上がった反動か、参加者が少ない。

式場の前の方には、ぼくらより20年ほど先輩方のテーブルとイスが、
その後ろに、ぼくらのテーブルがある。
どうも、会社をリタイアしてから数年経たないと、イスには座れないようだ。

       今年のテーマ。ちょっと安直?

       ぼくは「こころはいつも天然色」だ。しかし、日の丸・・・・


早めに会場に着いたぼくは、
この大会に先立って行われた同窓会の総会にも出席してみた。
そこで、今まで知らなかったことを、いくつか知った。

まず、卒業生が手にする卒業証書を入れるまるい筒。
あれの製作費用が、同窓会たる「某筑会」から出ているということ。
知らなかったな~。あの筒、どこにいったやら?

そして、学校のモットーが
“文武両道 質実剛健”だということも初めて知った。
生徒手帳なぞに書いてあったに違いないが、
在学中はまったく気がつかなかった。

そっか、そんなに高く掲げた、立派なモットーがあったのね。

文も武もあかん、質実でもなく、剛健でもなかった、
虚弱卒業生のぼくは感心。でも、ありがちな言葉かな。

そして、母校にはいまだに空調施設がついていないことも知る。
ぼくらの頃は、破れた窓ガラスを入れることもほとんどなかったので、
冬は教室に雪が舞っていた。

「他校には次々と設置されているので、新入生がそちらに流れるかも・・・・」

と、担当役員は冗談半分に心配する。
そりゃ、快適な方がいいにきまってる。ぼくなら、流れる。
空調施設を設置する費用は県から出ないので、同窓会から1千万寄付するとか。
う~む、太っ腹。この事実を知る在校生はいるのかな?

4月に赴任した某筑高校OBの新校長が、
ぼくと五つしか歳が変わらないことにもびっくり。
一般企業も然りだけど、偉くなる人は偉くなるものだ。

フリーでぽちぽちと仕事をしていると、
昇進降格左遷、悲喜こもごもを体験しないので、
いつまでも若いままのような錯覚を覚えるが、
周囲は着実に変化している。

おとなにならんといかんなぁ。

総会では、先輩連が若い卒業生の参加が少ないことを憂いていた。
しかし、こうした会合は、年輩者のためにあるもの。
こんな機会でもなければ、会社をリタイアした年代以上の人たちは、
友人と集まる機会を持つことが難しい。

若い衆がこうした会に出ても楽しいはずはない。
長い年月音信不通だった旧友と巡り会えるから、
この会は存在する。
今は若い人たちもイスに座れる年代になれば、
自然と集まるようになるだろう。

大会出席者にはパンフレットが渡される。
その中に、ここ数年間の大学進学状況一覧などが入っていて、
いかに高き進学率であるかを誇っていた。
役員のスピーチでも、同県内の○倉高校、修△館高校、×岡高校などに
勝った負けたと言っていた。
今年度から、学業優秀者は表彰するそうである。

あほくさ、と思う。
相対評価は、社会に出てからで十分だ。
高校時代の絶対的な経験は、自分だけの、唯一無二のもの。

在校生、そして毎年生まれる後輩たちが、
一度しかない高校生活を楽しく、悔いなく送れるように祈りたい。



番組構成師の部屋


“ネコ助-Aoi's Room”←写真2枚追加。

日記、あとで読み返すと、誤字脱字奇妙な変換だらけだなぁ。
書きっぱなしで送るからいかんのだ。
ちゃんと読み直してから書き込むようにせんとアカンな。
少し、反省(記6月13日)。

他の日記を見たら、やっぱ誤字脱字奇妙変換だらけだぁ!
もっと、反省。(記6月14日)

関連記事
スポンサーサイト




こんにちは。

帰宅された後の日記を待ってました。
私も参加したことなかったので。

雰囲気が伝わりました。
やっぱりあと20年後くらいだと・・・「行ってみようか」ともならないみたいですね。
その頃には、なつかしの友人・先生に会えることが楽しみになっているでしょうけど。

某筑の教室にはエアコンありましたよ。
ただ、まわすとお金がかかるとかで・・・
教室に設置されているのに、
一度もスイッチが入ったことがなかったですね。
あれは一体何なんだろう?皆で言っていました。
太っ腹なOBの方が、私の時代にもいてくれればよかったです。


私の従姉妹が修○館に行っていますが、
某筑とはりあおうなんて気は全くないようです。
(私のときは修○館に負けるな!とか言われていました)
気にしているのは某筑だけかも。

2004.06.13 13:21 URL | じゃんばらや5933 #79D/WHSg [ 編集 ]

★じゃんばらや5933さん、おいでませ。

>こんにちは。

はいはい、こんちは。

>やっぱりあと20年後くらいだと・・・「行ってみようか」ともならないみたいですね。
>その頃には、なつかしの友人・先生に会えることが楽しみになっているでしょうけど。

時が経つってのは偉大なものですねぇ。
腰が曲がった級友たちに会うってのも、それはそれでいいものだと思います。
若いうちは、気の合う連中と飲めばいいんですよ。

>某筑の教室にはエアコンありましたよ。
>ただ、まわすとお金がかかるとかで・・・
>教室に設置されているのに、
>一度もスイッチが入ったことがなかったですね。
>あれは一体何なんだろう?皆で言っていました。

ほ~、エアコンあれども起動せずですか。
飾り物だったんでしょうかね?
ぼくらの頃は自然の雨風が、我が物顔に入ってました。
新校舎(今もありますがもはや古びてますね)ができて
木造旧校舎が取り壊されたときはちょっと寂しかったですね。

>私の従姉妹が修○館に行っていますが、
>某筑とはりあおうなんて気は全くないようです。
>(私のときは修○館に負けるな!とか言われていました)
>気にしているのは某筑だけかも。

たぶんそうでしょうね。
○岡高校へ通う甥っ子も某筑のことは「へ」みたいですし。
そのへんはぼくらのころとあまり変わらんでしょう。

でも、昔で言う偏差値の高い学校へ進学する生徒の数は、
ぼくらのころよりずっと増えているみたいではありますね。
成績優良な生徒とそうじゃない生徒、きれいに分かれているらしいです。
「高校は4年間あるんや」
と、大半が堂々と浪人していったぼくらは幸せだったんやなぁと思いますね。

2004.06.13 14:12 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

☆ こんばんは。そうですね。今日の話。今日の話の中に僕のよく知っている学校の名前が入っていましたが、以下略させていただきます(苦笑)。ではでは。

2004.06.13 23:07 URL | 執事 #79D/WHSg [ 編集 ]

お疲れです。
昨夜はおかげさまで「エンタの神様」、間にあいました。
友情の未来ではなく、目先のお笑いを躊躇なく選択するわたし。
以前ならダラダラと5次会あたりまで繰り出していたはずですが、ずいぶんと大人になったものです。ま、年取ったともいうけど。

ところで「日の丸」、去年も掲げたっけ。
広報でありながら、自分の現場に気を取られ、うっかりしとった。当然、議論にもならなかった印象。
まさに。こういった流れのうちにこそ陥穽があるんだ。
これじゃウルサガタとしの修行が足りん。反省!


2004.06.13 23:56 URL | ゲリ・ビイツ #79D/WHSg [ 編集 ]

>これじゃウルサガタとしの修行が足りん。反省!
-----
上記、「ウルサガタとしての」でした。失礼いたしました。

2004.06.14 09:05 URL | ゲリ・ビイツ #79D/WHSg [ 編集 ]

izumatsuさん
>でも、昔で言う偏差値の高い学校へ進学する生徒の数は、
>ぼくらのころよりずっと増えているみたいではありますね。
>成績優良な生徒とそうじゃない生徒、きれいに分かれているらしいです。
>「高校は4年間あるんや」
>と、大半が堂々と浪人していったぼくらは幸せだったんやなぁと思いますね。
-----
私は成績優秀じゃないのに、
何も気にしていませんでした。
一番いい成績が100番台。
それ以外は語れません(涙)

でも今思うととてもいい先生に影響を受けたなと思います。
「きみたちの時代は、きっと大変な時代になるよ。
学問だってこれだけ増えているんだから、
仕事の種類も増えるし、
世の中の価値観もいろいろと変わってくる。

だからがり勉になるんじゃなくて、
得意教科を作りなさい。
好きなことを見つけなさい」

いい先生でした。

2004.06.14 21:44 URL | じゃんばらや5933 #79D/WHSg [ 編集 ]

★執事さん、おいでませ。
>☆ こんばんは。そうですね。今日の話。今日の話の中に僕のよく知っている学校の名前が入っていましたが、以下略させていただきます(苦笑)。ではでは。

はは、そうでしたか。
執事さんも同県人でしたっけ。
楽しければいいんですよ、学生時代なんて。
よかった、勉強せずに遊んでて。
そんな感じですね、ほんと。

2004.06.14 23:13 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

★ゲリ・ビイツさん、おいでませ。

>お疲れです。

はいはい、お疲れさまでした。
お返事遅れてすみません。

>昨夜はおかげさまで「エンタの神様」、間にあいました。
>友情の未来ではなく、目先のお笑いを躊躇なく選択するわたし。
>以前ならダラダラと5次会あたりまで繰り出していたはずですが、ずいぶんと大人になったものです。ま、年取ったともいうけど。

ぼくも電車で家方面へ向かい、途中で下車してちょっと飲み、
ちゃんと終電に間に合いました。
人数が多いと、ちょっと飲みにくいですね。
大半の人、名前を知らんし。
地元にいるぼくの仲良し連は、
ああいう会に出たことがないっすからなぁ。

>ところで「日の丸」、去年も掲げたっけ。
>広報でありながら、自分の現場に気を取られ、うっかりしとった。当然、議論にもならなかった印象。
>まさに。こういった流れのうちにこそ陥穽があるんだ。

ぼくも、まったく記憶にありませぬ。
というか、ぼくは受付係だったので、
会場に入ったのは、校歌斉唱の時だけなんすよ。
でも、きっと掲げてあったでしょうね、日の丸。

>これじゃウルサガタとしての[※修正しときました by 管理人]修行が足りん。反省!

ほい、しっかり反省してくださ~い。


2004.06.14 23:21 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

★じゃんばらや5933さん、おいでませ。

>私は成績優秀じゃないのに、
>何も気にしていませんでした。
>一番いい成績が100番台。
>それ以外は語れません(涙)

ほほほ、中学3年の3学期の通知表、オール5だったワタクシ、
某筑入学最初のお試験で300+数十番目でしたわん。
じゃんばらやさんに、勝った!(なにが?)

あまりの結果にメマイがしましたが、
でも、その反動で、楽しい高校生活が送れました。
もし、好成績だったら、ガリ勉小僧になってたかもしれません。
あ~、コワ。

>でも今思うととてもいい先生に影響を受けたなと思います。

じゃんばらやさんの世代とは先生方は重なってないと思いますが、
確かに、某筑高校の先生はぼくらの頃もいい先生方が
たくさんいらしたと思います。
授業時間になっても姿を見せず、
探しに行ったら食堂でメシを食ってた先生とか、
印象深い先生、いますよ~。

>「きみたちの時代は、きっと大変な時代になるよ。
>学問だってこれだけ増えているんだから、
>仕事の種類も増えるし、
>世の中の価値観もいろいろと変わってくる。
>だからがり勉になるんじゃなくて、
>得意教科を作りなさい。
>好きなことを見つけなさい」
>いい先生でした。

お~、いいことおっしゃる先生ですねっ。
某筑のいいところは、自分自身であっていい、という雰囲気が
あったところだと思います。
それが今、あるかどうか・・・・・ちと、疑問すけどね。

2004.06.14 23:28 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

izumatsu先輩、おはようございます。

同窓会、今日の日記に書いたんだけど、
私が本当に会いたい人には同窓会では会えないんです。
私の母校は幼稚園から短大までの一貫教育校なので、
途中で一時だけ在籍した友人には連絡を取る術がないんです。
私の大好きだった人は中学の3年間だけ同じ学校で、
その後どこの高校に行ったのか、
もちろん今どうしているのかなんてぜんぜんわからないの。
だけど、一番会いたいのは彼女なんだなぁ。
でも初恋と同じように、これも想い出にしておく方がいいのかな。
私の中の彼女はいつまでも14歳のままです。(*^_^*)

2004.06.15 08:46 URL | うるとびーず #79D/WHSg [ 編集 ]

★うるとびーずさん、おいでませ。

>izumatsu先輩、おはようございます。

はぁい、おはようございます。

>同窓会、今日の日記に書いたんだけど、
>私が本当に会いたい人には同窓会では会えないんです。

あらら?

>私の母校は幼稚園から短大までの一貫教育校なので、
>途中で一時だけ在籍した友人には連絡を取る術がないんです。

在籍簿っての、ないんですかね?
あ~、もしあっても引っ越してたりするかなぁ。
ぼくは友人に借りた本をず~っと忘れていて、
返そうと送ったら、宛先不明でもどってきたことがあります。
学校に聞いても住所は同じ。ちょっと悲しかったです。

>私の大好きだった人は中学の3年間だけ同じ学校で、
>その後どこの高校に行ったのか、
>もちろん今どうしているのかなんてぜんぜんわからないの。
>だけど、一番会いたいのは彼女なんだなぁ。
>でも初恋と同じように、これも想い出にしておく方がいいのかな。
>私の中の彼女はいつまでも14歳のままです。(*^_^*)

う~む、14歳のままですか・・・。
面影が残っているといいですが、変わってるとね。
ぼくの年代になると、そろそろ人生が顔に表れてきて、
「おぉ、お前の半生は苦労続きやったんやろなぁ」と
勝手に人生を作りあげたくなるようはヤツもいたりして。

でも、何かのきっかけで会えるといいですよね。

2004.06.15 15:26 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/191-a118a6fe