番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

金沢からの帰りはANA。

それしか飛んでいないから選択の余地はないのだけれど、ぼくはJALよりANAが好き。企業体質&ぼくが実際に見た従業員の態度はさておき、機内で聞ける音楽の選曲がJALよりANAの方がぼくの趣味に合ってるから。

ANAでは昔々の「オールナイトニッポン」パーソナリティ “アンコー”こと斉藤安弘さんが「オールナイトニッポン Classics」というプログラムをやっている。斉藤さんはのちのニッポン放送社長 亀渕昭信と共に「僕を呼ぶ故郷」や「水虫の唄」をデュオしてた。

「水虫の唄」の方が有名だけど、ぼくは「僕を呼ぶ故郷」の方が好き。久しぶりに聞きたいなぁ、と YouTube で検索したけど、「あの素晴らしい愛をもう一度」のB面だったこの曲は出てくるけど、カメ&アンコーのバージョンは見あたらない。残念だわぁ。

 
 → 「僕を呼ぶ故郷」by 加藤和彦&北山修


で、ANAの今月版「オールナイトニッポン Classics 」のラインアップだけど、ぼくの心に直球勝負みたいな曲ばかり。ぼくと同世代の人が選曲してるのかなぁ。

1.雨に微笑みを/ニール・セダカ
   キャロル・キングのことを歌った「おお!キャロル」等で
   一世を風靡したニール・セダカが復活した曲。
   アメリカでNo.1になってたっけ。

2.赤いスイートピー/松田聖子
   ユーミンが“呉田軽穂”の名で作った曲。
   きのう、NHKの「Songs」で聖子さんと藤井隆さんが
   選ぶ10曲というのをやってて、面白かった。
   来週はその後半だ。

3.その風のバラード/テリー・ジャックス
   爽やかな曲調&日本語のタイトルとは似ても似つかぬ、
   “死ぬのは怖い”と繰り返してる。
   “ワインも歌も季節のように消えてしまった”・・・。

4.まちぶせ/石川ひとみ
   ユーミンが書き、まず三木聖子さんが歌った。
   ユーミンも歌ってるけど、石川さんのバージョンが一番。

5.マイ・ピュア・レディ/尾崎亜美
   サディスティック・ミカ・バンドのベース 小原礼さんの
   奥様でもある尾崎さんは、ぼくと同級生(同じ学校という
   意味じゃないです)。デビューして36年・・・凄いね。

6.恋するカレン/大滝詠一
   この曲を納めた「 A LONG VACATION 」は日本初
   (世界でも初めてだったような…)の、CDで出た
   アルバム。
   しかし、大瀧さんといい、山下達郎さんといい、
   あの容貌(失礼)でどうしていい曲をどんどん
   書けるんだろう? うらやましや…。

7.そよ風の誘惑/オリビア・ニュートンジョン
   デビューした頃はカントリー・シンガーだったみたい。
   日本でもとっても人気があったね。
   ジョン・トラボルタと共演した「グリース」以降よりも
   ぼくはこの頃のオリビアさんが好き。

8.サボテンの花/チューリップ
   イントロは12弦ギターかなぁ、とっても印象的。
   ぼくがまだギターを弾けたころはよく歌ってた。
   馴染んだ部屋をあとにするのは寂しいよね。


ゲストが尾崎亜美さんだった。

空の上で、楽しい時間を過ごさせてもらえました。ありがと。



関連記事
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/1911-0b06b938

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。