番組構成師 [ izumatsu ] の部屋


NBAのファイナルを見た。
「National Basketball Association」、
アメリカのプロ・バスケットリーグ。

5人のスターターのうち、
4人をNBA屈指のスーパースターで固めるロサンゼルス・レイカーズ。
華やかな攻撃、魅せるチーム。

対するデトロイト・ピストンズ。
かろうじてスターと呼べる選手はいるものの、
その中心がドラフトにもひっかからず、
下のリーグからはい上がってきた苦労人ベン・ウォレスであることが象徴する地味なチーム。
鉄壁のディフェンスが持ち味。

一昨年まで3連覇をしていたレイカーズ。
あっさり一蹴するものと思われたこのファイナル。
意外や意外、ピストンズが4勝1敗で頂点に立った。

5戦目の今日は、最大28点の差をつけ、最終スコアは100-87の圧勝だった。


「おもろいか?」


フランチャイズが、デトロイトとロサンゼルス。
ぼくの貧困なイメージは、
自動車城下町・デトロイトに圧倒的なブルーカラー度を感じ、
そこに親近感を覚え、
明るい太陽と開放的なLAに対するほとんど意味をなさない反発心から、
心情的にはピストンズに傾いていた。

そんなぼくにも、あれれおやおやどうなってるの?的結末。

ま、そんなことはどうでもいいのだ。
今日の本題は、別なところにある。


----------------------


で、本題。

ぼくは、アメリカ国歌が好き。

歌詞ではない。
行進曲調でもバラード化してもどんな編曲にも堪えそうな、
あのメロディーが好きなのだ。

NBAファイナルでも、試合に先立ち、国歌斉唱が行われた。
歌うのは、大御所アレサ・フランクリン。

アレサは、たっぷり太り切り(ハーフタイムショーに登場し、
「Papa Was A Rolling Stone」を歌ったテンプテーションズの
面々もお団子状態。アメリカの肥満は深刻だ)、二重になったアゴを
大きく上下左右にうごめかせ、衰えのない歌唱を聴かせた。

うん、やっぱりいい曲。

ぼくがアメリカ国歌を、曲として意識して聴いたのは、
たぶん、ジミ・ヘンドリックスの演奏だ。

どのアルバムだかは忘れた、多分『Woodstock』じゃないかと思うけど、
彼のライブ演奏でアメリカ国歌がこんな曲で、
『The Star-Spangled Banner』という曲名だということを知った。

その時は、歌詞があることすら知らなかった。
Woodstock、ちょっと聴いてみよ。


----------------------


♪ここからBGM=Jimi Hendrix 『Live At Woodstock』


ジミヘンドリックス、ウッドストックの「Star Spangled Banner」。
これだったかなぁ・・・・・・? でも、きっとこれだ。

改めて聴くと、ものすごい演奏。
こんな破壊的な国歌なのかなと思ったことを、今、思い出した。
これじゃ、歌詞なぞあるとは思わんな。

でも、アメリカ国歌は、そのずっと前から耳にしてはいたはずだ。

ジミ・ヘンドリックスの演奏で、
ぼくがアメリカ国歌を曲として意識するそれよりも前、
1968年のメキシコオリンピック。

男子200メートルの表彰式で、1位と3位の黒人選手が、
表彰台で流れたアメリカ国歌に対して黒い手袋をした拳を揚げて、
アメリカという国に抗議した。

表彰台の最も高い中央と、その後ろ3位の位置に立ち、
国歌が流れ出すとふたりは拳を高々と突き上げた。
小学生だったぼくはその姿をテレビで見て、
異様な感じがしたことを覚えている。

--この兄ちゃんたちは、なにを怒っているんだろう?

公民権運動やブラック・パワーのことを知ったのは、ずっとずっとあとのこと。

国歌は、国権の象徴でもある。
NBAファイナルでも、アメリカ国旗が掲げられたその隣には、
銃を持つ衛兵が立っていた。


----------------------


アメリカ国歌の歌詞は、今も知らない。
しかし、聞くたびにいつも心に残る一節がある。

一番最後、最も盛り上がるところ。
今日も、NBAの試合が行われる会場は、
ここで割れんばかりの歓声があがった。

♪ the land of the free ♪

「the land of the free」、自由の国。
誇らかに歌いあげる自国の理想。アメリカこそが、自由の国だ。

そこにウソがあることを、メキシコオリンピックの2選手は
世界中に知らしめようとした。
今もこの旗と歌のもと、自由を奪われている人や国がどのくらいあるだろうか?


アメリカ国歌は、米英戦争のときの体験がその詞の元になっているとか。

--ひと晩中、英軍のすさまじい攻撃が続いた。
--次の朝、米軍の星条旗は砦の上にはためいていた。
--キー氏(Francis Scott Key:1779-1843/弁護士)は
--その旗に感激して一気にこの詞を書き上げた。

というアメリカ国歌誕生譚は、学校で学ぶし、
独立記念日には、テレビで特番が組まれるらしい。

しかし、結局、戦いから生まれた歌詞であり、曲なのだ。
(曲は以前からあったもので、それに詞をつけた格好になっている)

戦争の中から生まれた国歌。
だから、人の心を鼓舞しするような、ドラマチックな構成なのか。


こなた、我が国の国歌は、ひたすら静か。
『君が代』は、天皇の世を歌っている。それが素直な受け止め方。

--“君が代”の“君”は、日本に暮らす人一般のことです。

などと一時言っていたが、そんな風にねじくれて考える方が不自然だろう。

「天皇の御代は岩に苔がむすまで、
いや、それ以上、永久に繁栄を続けるであろう」

そんな意味の歌詞だから、メロディーもそれに見合うように、
高貴に、荘重にしようとしているようなイヤミを感じる。
世界で一番短い国歌らしい。その短さは勲章ものだ。


最近、どこかの学校でPTAの会長が会合で、

--国旗、国歌を強制するのは、教育現場にふさわしくない。

という旨のスピーチをしたら、会長を解任されたそうだ。

その会長は、「子どもに考えさせる必要がある」とも言ったらしい。
実にまっとうな意見だと思うのだけど、学校側からは言わずもがな、
父母たちからものすごい反発があったとのこと。

反発した父母たちは、「日の丸」、「君が代」を
ほんとうに国旗・国歌として崇めねばならないと思っているのか?

それとも、子どもが人質にとられているから、
学校側の言うことをきかねばならぬのか?

30代半ばの思考はワカラン。

国旗にしろ、国歌にしろ、共に暮らす人への敬意があり、
その敬意の集合体として国が存在していれば、
自然に好ましいものになるはず。
強制するモノではないだろう。

「日の丸」という国旗・「君が代」という国歌に、どこかおぞましさを感じるのは、
その背景に、虚構に塗り固められたものがあるから。
『君が代』の歌詞解釈の強引さもそのひとつだ。

「まず、国ありき」という考え方が、
「国旗・国歌をありがたく思わねば」という思考へ導く。

おかしい。
小さな細胞が60兆個集まって人の体となるように、
ひとりひとりが機能する個人の集合体としてだけ、国は成り立つ。

お国のため、とか、御旗の元に、とか、ご免こうむる。


そんなことを思いながら、
エンターテインメントとして成熟しきったアメリカ生まれのスポーツを、
異国日本で見る。

奇妙な一日。



番組構成師の部屋


“ネコ助-Aoi's Room”


関連記事
スポンサーサイト



こんにちは♪

懐かしいですな、ウッドストックのジミヘン。
この曲をオリンピックのテーマソングだと思っている人がいました。
よく流れてたからね。
http://www.niehs.nih.gov/kids/lyrics/spangle.htm" target="_blank">http://www.niehs.nih.gov/kids/lyrics/spangle.htm

岡林信康さんが「アメリカちゃん」(1969年)の中で替え歌歌ってました。

 ♪ 頼まれへんのに平和を作ると
 ♪ 爆弾落とし地獄を作る
http://plaza.rakuten.co.jp/gensenkan/diary/200310050000/" target="_blank">http://plaza.rakuten.co.jp/gensenkan/diary/200310050000/

う~ん、今もまだやってる。

2004.06.16 18:25 URL | 幻泉館 主人 #79D/WHSg [ 編集 ]

★幻泉館 主人さん、おいでませ。

>こんにちは♪

あい、こんちは。

>懐かしいですな、ウッドストックのジミヘン。
>この曲をオリンピックのテーマソングだと思っている人がいました。
>よく流れてたからね。

行進曲としても合うし、盛り上がるからね、この曲。
しかし、オリンピックのテーマソングっちゅうのもねぇ。
「東京五輪音頭」とか「虹と雪のバラード(だっけ?)」と同列?

>岡林信康さんが「アメリカちゃん」(1969年)の中で替え歌歌ってました。

> ♪ 頼まれへんのに平和を作ると
> ♪ 爆弾落とし地獄を作る

その頃は、こういう歌を聞く人もいたのね、しみじみ・・・。
今はどこぞの誰が聞くでありましょうや?
しかし、やってることは変わらないのね、アメリカちゃん。
主義主張が一貫しとる(と言えるかな?)。

2004.06.16 21:37 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]


こんばんは♪

昨晩のNBA、私も見ました。

大学生の時、オニールの移籍前のオーランドVSブルズ戦に行ったことがあります。
そこでオニールがスタンドに投げこんだとある記念品を、ちゃっかりもらえたおかげで・・・
オークションで思った以上の高値で売れました。
でも、会場を出るときは、死にそうになりました。

私の友人のアメリカ人(大学院生)は、
メールでこんなことを言っていました。
「これから自分たちの国は世界で孤立していくだろう。
その危機感をもっている人は、恐らく1割にも満たない。
でも、1割くらいのアメリカ人は、今のこのアメリカの状況を本当に遺憾に思っているし、
何とか打破したいとも思っている。」

私もアメリカ国家好きです。
歌詞の意味は考えた事がありませんでしたが、
そのメロディから・・・
ふつふつと生命力を感じてしまいます。



2004.06.16 21:38 URL | じゃんばらや5933 #79D/WHSg [ 編集 ]

★じゃんばらや5933さん、おいでませ。

>こんばんは♪

お、今日もお早いですね、って会社からだったりするのかな。

>大学生の時、オニールの移籍前のオーランドVSブルズ戦に行ったことがあります。
>そこでオニールがスタンドに投げこんだとある記念品を、ちゃっかりもらえたおかげで・・・
>オークションで思った以上の高値で売れました。

お~、そりゃうらやましい!
オーランド・マジック時代ですね。ペニーがいた頃かな。
その頃のブルズってのは、ジョーダン引退期間かしら。

>でも、会場を出るときは、死にそうになりました。

シャックにつぶされて?
人気のカードは、2万人近く来るそうですからね。

>私の友人のアメリカ人(大学院生)は、
>メールでこんなことを言っていました。
>「これから自分たちの国は世界で孤立していくだろう。
>その危機感をもっている人は、恐らく1割にも満たない。
>でも、1割くらいのアメリカ人は、今のこのアメリカの状況を本当に遺憾に思っているし、
>何とか打破したいとも思っている。」

そんな風に思っている人、結構多いんじゃないでしょうか?
でも、孤立してもお山の大将がいい!と思っている人も
結構たくさんいるでしょう。
親分になれば、子分は親分がコワくて言うことをききますからね。
で、下剋上にあい、取り返しのつかない後悔をするって筋書きかなぁ。

2004.06.16 21:44 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

はじめまして!

アメリカ国歌 好きです
フランス国歌もいいけれど 
ワタシとアメリカ国歌の出会いは古いです
そう あの 東京オリンピックのときだそうです
当時 テレビからよく流れる曲だったようで
幼少のワタシは すっかり覚えて いつも口ずさんでいたと ハハが申しておりました

で 昨日の日記の「Your Song」も大好きです
出だしもサビもいいですねぇ~
地方のローカルラジオ曲に出演?したときにもリクエストしました
着メロにしようと何度か試みたのですが 
着メロとしてはなんだかしっくりいかなくって
今は「グッバイ イエローブリックロード」です
おかげで末っ子がしっかり覚えて口ずさんでいます
 

2004.06.16 21:55 URL | らいばあ #79D/WHSg [ 編集 ]

★らいばあさん、おいでませ。

>はじめまして!

はい、はじめまして! よろしくっ!

>アメリカ国歌 好きです
>フランス国歌もいいけれど 
>ワタシとアメリカ国歌の出会いは古いです
>そう あの 東京オリンピックのときだそうです

お~、お懐かしい!
白黒テレビで見ましたよ、ぼくも。
東洋の魔女、回転レシーブッ!

>当時 テレビからよく流れる曲だったようで
>幼少のワタシは すっかり覚えて いつも口ずさんでいたと ハハが申しておりました

利発なお子さんだったんですね。
ぼくは ♪オリンピックのかおとかお~♪ の方を覚えております。

>で 昨日の日記の「Your Song」も大好きです
>出だしもサビもいいですねぇ~
>地方のローカルラジオ曲に出演?したときにもリクエストしました

おぉ、ご出演になられた?
歌った、んじゃないですよね、リクエストしたのなら。
しかし、確かに心にしみるいい曲だと思いますね。

>着メロにしようと何度か試みたのですが 
>着メロとしてはなんだかしっくりいかなくって
>今は「グッバイ イエローブリックロード」です
>おかげで末っ子がしっかり覚えて口ずさんでいます

「Your Song」は、唄があってこその曲かもしれないですね。
歌詞の数?とメロディ(音符って言うのかなぁ?)が
きちんと合ってないからでしょうか?

「グッバイ・イエロー・ブリック・ロード」もいいですね。
最近、スペシャル盤として二枚組CDが出ました。
欲しいな~。

2004.06.16 22:04 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/194-371ee5c9