番組構成師 [ izumatsu ] の部屋





*ロケ6日目 10月16日(土)



朝から快晴。朝日に照らされ、波うちぎわに落ちるヤシの影もくっきりだ。

午前中の便で、泉谷さんとマネージャ氏は成田目指して帰国。到着は午後8時過ぎ。スタッフ一同、空港で見送り。

--おもしろい番組にしねぇと、承知しねぇぞ!

と笑いつつ、泉谷さんは機上の人へ。きょうは撮影がないので、ほんとに久しぶりに午前様にならずにすむとお喜びのご様子。でも、翌日は朝から仕事がギッシリだとか。




見送りのあと、ぼくらは大規模農園を営む日系二世の方の取材へ。
目指すは島の中部に近いラフォア市。まっすぐ伸びる道を走るロケ車は、泉谷さんたちが抜けてずいぶん寂しくなった。



一路、北へ向かう。




9人乗りの車内はガラン。



カメラマンのH君も、ディレクターのT氏も、緊張から解放されたかのようにグースカ。もちろん、ぼくも。起きているのは、運転も担当するコーディネイターのY氏のみ。

大変だなぁ~、すみません・・・・・ZZZZZ・・・・






取材をさせていただくA氏のお宅には昼過ぎに到着。ちぃっこいチワワ君が出迎えてくれた。



「ん? あんたら、だれ?」



お話を聞く前にオレンジ畑を案内してもらう。人手が足りず、今は規模を縮小しているというが、それでも畑にはおよそ1万2,000本のオレンジが。この畑を息子さんとふたりで管理しているとか。

丹精のオレンジを「持っていきなさい」と収穫し始めたA氏。ありがたいなぁと思っていると、どんどんどんどんオレンジをちぎっていって止まらない。あの~、そんなに食べられませんけど・・・・・・。



ずーっと、ずーっと、オレンジの木。




オレンジ収穫中のA氏に迫るH君。




収穫したオレンジ。うまい!



お話は、今、収穫最盛期のカボチャ畑でうかがうことになり、A氏が運転する車で先導してもらう。5、6分走ると、視界がパーッと広がる。そこがA氏ご自慢のカボチャ畑。まぁ、広いこと広いこと。ここ以外にも畑をもつA氏、すべて合わせた広さはおよそ800ヘクタールだとか。

800ヘクタールって??・・・・・・全然、想像がつかない。その想像を超えた広い畑をA氏は一代で築き上げた。



あきれるほど広い・・・・。




大きく育ったカボチャ。



収穫したカボチャの大半は日本に輸出する。A氏いわく、ニューカレドニアのカボチャは味がよく、日本では他の国のものより喜ばれているのだそうだ。

帰国して近くのスーパーに行ったら、確かに「ニューカレドニア産」と表示されたカボチャが販売されていた。知らない間にA氏が育てたカボチャをぼくも食べていたのかもしれない。



A氏と孫の男の子。



今年66歳になるA氏。父親は、ニッケル鉱山で働いた日本人移民の中でも最も遅くニューカレドニアにやってきた一団のひとりと考えられる。その父親は、他の日本人移民同様、戦争の勃発で強制収容され、日本へと送還された。

--日本人の子どもだといって、いじめられたよ。上の学校にも行けなかった。

淡々と体験を語るA氏。父親は鉱山で働いて貯めた資金を元に、商売をやっていた。また、3箇所にかなりな広さの農地も保有していたと言う。しかし、戦争で店も、農地も、すべて接収され、A氏とその母は路頭に迷うことになる。

農園に働き口を見つけたA氏は、必死に働いた。誰よりも早く起き、誰よりも遅くまで畑の面倒をみた。そんなA氏の姿を見た雇い主は、「収穫高の何パーセントをA氏の取り分とする」という、有利な契約をしてくれた。

--お金を貯めて、オヤジの土地を買い戻そうと思ったんだよ。

しかし、日本国籍だったA氏に土地を買う権利はなかった。そのためA氏はフランス国籍を取得、父親が残し、戦争で接収された3箇所の農地のうち、2箇所を買い戻したという。

強制収容されたあと、父親は手紙をなんどもくれた。しかし、A氏は戦後、父親に会ってはいない。

--余裕が全くなかったからね。オヤジも日本で大変だったらしいし・・・・・。

A氏の父親は、ニューカレドニアの家族が自分を呼び戻してくれると思っていたらしい。そう思うのが当然かもしれない。店も、農地も残してきたのだから。

--財産を全部接収されたことを、オヤジは知らなかったんだよ。

日本語を解さないA氏。しかし、日本人の血が流れていることに、今は誇りを持っていると答えてくれた。



収穫中の畑におじゃま。




フォークリフトをクレーン代わりに撮影中。







とにかく広いA氏の農地。

--あの山からこっち、まぁ、見えるところはワシの土地だな。

その山には野生の鹿が住んでいる。A氏は時々、鹿撃ちを楽しむとか。

--近いうちに撃ちに行くつもりなんだ。撃ったら肉を届けてあげるよ。

そう言われ、「まるまる一頭、届けられたらどうしよう」と尻込みしていたコーディネイターのY氏。ぼくらが帰国する前日、約束どおり、鹿がY氏の自宅へ届けられた。一頭ではなく、太もも一本だったそうだけど。



どこまでが「わしの土地」?




軒先には“獲物”が・・・・。







A氏が撃ち、Y氏の自宅へ届けられた鹿の太もも。その一部が、帰国する当日の朝、Y氏の手で刺身となってぼくらの前にあらわれた。赤身の、きれいな肉。わさび醤油でいただくと・・・・・・あら、おいしっ! 野生だからだろうか、しつこくなく、馬刺しよりもさっぱりしている。

「いえ、私は・・・・・」と遠慮するディレクターのT氏を尻目に、カメラマンのH君とぼくとで全部食べてしまった。



Y氏お手製の「鹿刺し」。



太ももを見事な刺身にしたコーディネイターのY氏は、元漁師という面白い履歴の持ち主だ。南太平洋にマグロを追っていたという。

ぼくの勝手な推測だけど、そのマグロを水揚げするためにニューカレドニアに寄港。その際、既に島に住んでいた日本人の女性と知り合い、結婚。そのまま、ニューカレドニアの住人になったのではなかろうか。

--子どもを育てるのには、日本よりこっちの方がいいですからね。

と、Y氏。確かにすべてがゆったりゆっくり流れているように感じるこの島。昼休みには公園で食事をしたり、昼寝をしたり。ものの3分でソバを吸い込み飛び出していくサラリーマンといった姿は目にしかなった。子どもたちも時間に追われることなく、のびのびと育つことができるのかもしれない。

しかし、ゆったりしていてよさそうなこの島にはこの島なりに、
異邦人が生活するにはクリアしなければならないハードルがいくつもあるに違いない。忙しさに慣れているぼくらがこの島で生きていけるかどうか、ちょっと疑問。うらやましく思えるのも、やっぱり、「隣りの芝生」なのかも。






重い体験を淡々と話してくれたA氏。お宅を失礼するとき、愛犬のチワワ君も見送ってくれた。



関連記事
スポンサーサイト



こんばんは。

海がきれいで、空が広いですね。
ニューカレドニアと言うと海のイメージしかなくて、ニッケル鉱山のことも日本人の強制収容のことも全然知りませんでしたが、カボチャが日本に輸入されているとは。

2004.11.01 21:56 URL | 柳はみどり #79D/WHSg [ 編集 ]

★柳はみどりさん

>こんばんは。

はい、こんばんは。お元気ですか?

>海がきれいで、空が広いですね。

ほんとにそうですね。
ぼくの住む地方はそろそろどんよりの日が続き始めました。青い空がうらやましいです。

>ニューカレドニアと言うと海のイメージしかなくて、ニッケル鉱山のことも日本人の強制収容のことも全然知りませんでしたが、カボチャが日本に輸入されているとは。

ですよね~。ぼくも海と太陽のイメージしかなかったんですが、考えを変えさせられました。
ちなみに、近くのスーパーで売っていたニューカレドニア産のカボチャ、買いました。
結構、おいしかったですよ。

2004.11.01 22:46 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/284-5bdaf137