番組構成師 [ izumatsu ] の部屋


イラクで殺害された若者は、無言のままにふるさとへ戻ってきた。
むかえる両親と兄たち。憔悴した姿に、なんとも言いようがない・・・・・。

地元のニュースでは多少大きめな扱いだけれど、
全国レベルではやはりアメリカ大統領選挙と中越地震その後がメイン。
もう、彼は忘却の彼方へ押しやられてしまったのだろうか。
彼を救うために国は国としてなにをどうやったのか? 分からないままに。

悲しみに沈む若者の家族を市の職員がサポートしている。
それに対し「市は誰の許しを得て一家族に協力しているのか」という
クレームが入っているという。税金を勝手に使うなというのだ。
あまりのバカさ加減に言葉を失う。

同様な非難中傷疑問その他は、国にも多数寄せられた。
若者の行動を腹立たしく思う「常識人」なのだろう、そんな人も。
自分では“義憤”と思っているのかもしれない。

--浅薄な行動で自衛隊を危機にさらした若者。これこそ自己責任。
--そんな、放っておいていい人間を、それでも政府はできる限りのことをして救おうとした。
--政府は力の限りを尽くした。政府に責任はないのだ。

そんな論調で語る人も多い。

やっぱり間違っていると思う。

考えてみてもらいたい。
日本国籍を持つ人間を救うのは、国の義務なのだ。
どのような経緯で拘束されようとも、どのような人間であろうとも、
例えば拉致されたのが極悪人であろうとも、その人間が日本国籍をもつ限り、
あらゆる手段をつくして救おうとするのは国の責務だ。

だからこそ政治家にぼくらは国の舵取りをゆだねている。

国があって、ぼくらがあるのではない。ぼくらがいて、国がある。
「どんな手を尽くしても、自分を救って欲しい」
それは、拘束され、命を奪われる危険に陥った若者が当然主張すべき権利なのだ。

イラクに入った動機が観光であろうが、報道であろうが、人道支援であろうが、
その動機で救出活動の是非をはかることは間違っている。

動機と救出活動は同じ文脈で語ることはできないものなのだ。


小泉さんは出来る限りのことはやったと言うけれど、どうしてもそうは思えない。
「自衛隊は撤退しない」という彼の最初のひと言で、若者は切り捨てられたと同じだ。

自衛隊はその派遣予定期限が近づいている。
その後どうするのか? 国民の総意はまだひとつにまとまってはいない。
例えば、撤退の時期を取り引きの手段にはできなかったのか? 大いに疑問は残る。

「テロ組織とは取り引きしない」。小泉さんはそうも言った。
取り引きしないと明言すること。それ自体がテロ組織のプラスになることがわかっているのだろうか?
わかっていて、強弁しているのだろうけれど。

若者の拘束・殺害に関しては、実行した組織に非がある。それは当然だ。
その組織は、日本が高額の身代金を提示したが断ったと発表した。
これはたぶんウソだろう。金には左右されない、意思は強固だということを誇示しているに過ぎない。

しかし、それであっても、なんらかの方策、ぼくら国民にわかる手段を取ることができなかったのか?

若者は、きょう、司法解剖されたあと、荼毘にふされるという。

悔いばかりが残る。






アメリカ大統領選挙はブッシュさんの勝利で終わりを告げた。
しかし、あの大接戦で“勝利”を喜べるのだろうか?
アメリカの人たちが「テロとの闘い」を支持したと言い切れるのだろうか?

そう言い切るブッシュさんは希代の強弁家に違いない。

アメリカという国に対抗する勢力は、ブッシュさんの再選を臨んでいただろう。
強いアメリカを標榜するブッシュさんの政策の方が攻撃対象にすることが容易だ。
アメリカは自らをどんどん追い込んで、どうしようもない袋小路にはまり込んでいるような気がするのだが。

しかし、選挙の様子を見て、ある面、うらやましくも思うし、驚きもした。
あの、投票をしようと何時間も並ぶ人々。中には9時間、並んだ人もいたという。
自分の意思を表すために、たった一票を投じる。それがいかに尊いことか。
自由主義世界の基盤である投票という行為の意味をアメリカの人たちは自然と学んでいるのだろう。

日本で首相が直接選挙で選べるとなったらどうだろう。
小泉さんと岡田さんが立候補したとして、有権者は何時間も並んで投票するだろうか?

たぶん並ぶまい、今の“適度に中流、満遍なく平和”の国民事情では。
それを思うと、辛抱強く待つアメリカの人たちの心情がよくわかる。
きっと、抜き差しならない危機感があるのだろう。

しかし、その危機感・恐怖感は、“アメリカ合衆国”という国が、
先住民たちを駆逐し、アフリカ系市民を虐待し、貧富の差を拡大していく中で、
自分たちで作り出してきたものだろう。
ブッシュさんはその伝統をいっそう煽っているだけなのかもしれない。

接戦ではあったけど、結局、アメリカの人たちは立ち止まるチャンスを逃した。
ケリーさんが大統領になったところで、危機と恐怖を煽る政治が改まるとは思えない。
だが、リーダーをかえて臨む4年間は、立ち止まり、周囲を見回す絶好の機会だったことは間違いない。

その機会を失ったことが、大きなミスにならないことを願うし、
そのある意味“恐怖政治”にいつまでも盲従していくぼくらであってはならないと強く思う。

小泉さんもたまにはビシッとしたことを言って欲しいなぁ・・・・。

関連記事
スポンサーサイト



こんにちは♪

思い内容の日記のコメントにすまんです。
誕生日おめでとう!
&ありがとう!

いやがらせの電話のようなのはごく一部のアホやと思うよ。
問題は、そのノイズに惑わされてはいかんということで。

2004.11.04 12:15 URL | 幻泉館 主人 #79D/WHSg [ 編集 ]

★幻泉館 主人さん、おいでませ。

>こんにちは♪

はぁい、こんちゃ。

>誕生日おめでとう!
>&ありがとう!

おぉ、あんがとさん。
その昔、吉祥寺で誕生日をむかえたことがあるような気がするのだが・・・。
あれは21になるときだったかなぁ?

>いやがらせの電話のようなのはごく一部のアホやと思うよ。
>問題は、そのノイズに惑わされてはいかんということで。

当初はアホの方が数的に多かったみたいすね。
今は支援する人の声が上回っているとか。
でも、ご両親は「もうそっとしておいて」と感じられているでしょう。
自宅を報道陣が取り囲んでるんですもんね。

2004.11.04 12:22 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

izumatsu先輩、こんにちは。

眠気は去りましたか?
私のお腹もどうにか大丈夫みたいです。

香田君のことは考えれば考えるほどかわいそうで、悔しくて、
後から公開された犯行声明とビデオなど、
痛々しくてとても見る気になりませんでした。
あれを正視できる神経もわからない。
とにかくこの事件で国がどう考えているのか
よけいハッキリしたような気がします。
国益にならない命などこの日本にはいらないのだ、と。
おりしもアメリカではまたブッシュが再選されて、
ますます誰かが勢いづきそう……
この先もどこかでごまかされないようにしっかり目を開けていなければ。
怖い世の中になったものです。

ところでizumatsu先輩、
お誕生日おめでとうございます!
11月生まれはいい男揃い!
みんなまとめておめでとうです♪♪♪

2004.11.04 15:14 URL | うるとびーず #79D/WHSg [ 編集 ]

★うるとびーずさん、おいでませ。

>izumatsu先輩、こんにちは。

はいはい、こんちはぁ。

>眠気は去りましたか?

いや、去りません。ねぶいです。
ぼくにとって秋は、よく眠れず、昼間にネムイ、そんな季節なのでありました。

>私のお腹もどうにか大丈夫みたいです。

おぉ、よかったですね。大事にしてください。

>香田君のことは考えれば考えるほどかわいそうで、悔しくて、
>後から公開された犯行声明とビデオなど、
>痛々しくてとても見る気になりませんでした。
>あれを正視できる神経もわからない。
>とにかくこの事件で国がどう考えているのか
>よけいハッキリしたような気がします。
>国益にならない命などこの日本にはいらないのだ、と。
>おりしもアメリカではまたブッシュが再選されて、
>ますます誰かが勢いづきそう……
>この先もどこかでごまかされないようにしっかり目を開けていなければ。
>怖い世の中になったものです。

確かに小泉さんはじめ政府の対応は、ある意味明快でした。
「勝手なことするな、この忙しい時に!」てな感じですね。
国益ってなんじゃらホイ?っていうことを常に考えなければ、御しやすい国民になってしまいます。
もう、かなりな割合でそうなってるような気もするんですけどね。

>ところでizumatsu先輩、
>お誕生日おめでとうございます!
>11月生まれはいい男揃い!
>みんなまとめておめでとうです♪♪♪

ほほほ、ありがとうございます。
さそり座の男は、みんなエエ男でっせ~!!!

2004.11.04 16:14 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

☆ 歴史は為政者が作るものだということを
眼前で見せつけられた思いです。
報道とはかくもナイーヴなものであるか。
そして
日本の民族主義が根絶やしになっているのではないか
という疑念も、同時に起こりました。
ではでは。

2004.11.05 12:34 URL | 執事 #79D/WHSg [ 編集 ]

はじめまして、やまじさんのところから、伺いました。私も、昨日の日記で、香田さんことを書きました。
本当に、彼の志を理解できる、政治家なり官僚がいるのだろうかと思いますね。
国というものが、気分で考えている彼らにわかるはずもないですね。
本当に、痛ましいです。

2004.11.05 13:22 URL | カーペントリーさと森 #79D/WHSg [ 編集 ]

★執事さん、おいでませ

お久しぶりですね。

>☆ 歴史は為政者が作るものだということを
>眼前で見せつけられた思いです。

それもダークな部分をはっきりと、という感じです。

>報道とはかくもナイーヴなものであるか。
>そして
>日本の民族主義が根絶やしになっているのではないか
>という疑念も、同時に起こりました。

報道の姿勢というのも、結局は受け手の問題ですよね。
情報の受け手であるぼくらの受け止め方が問われているのだと思います。


2004.11.05 13:55 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

★カーペントリーさと森さん、おいでませ。

>はじめまして、やまじさんのところから、伺いました。

はい、初めまして。よくおいでになりました。

>私も、昨日の日記で、香田さんことを書きました。
>本当に、彼の志を理解できる、政治家なり官僚がいるのだろうかと思いますね。

事件発覚後、政府は即座に“処理”に入ったと思います。
たぶん、ぼくらが知る以前に、情報をつかんでいたでしょうし。

>国というものが、気分で考えている彼らにわかるはずもないですね。
>本当に、痛ましいです。

国民のかわりに仕事をしているという思いが薄いですよね。
でも、そういう人たちを選んだのはぼくらですし。
思いは複雑です。


2004.11.05 14:00 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

はじめまして。

楽天ブログにも青年を非難する論調が割と多く、辟易してしていたのでizumatsuさんの日記を読んで、共感致しました。
わたしは彼の名前を初めて知ったとき、どきりとしました。
「クリスチャンホームで育った人なのかな?」と。
あの言葉は、聖書の引用なので・・・。
日本人は無宗教を美徳のように思っている人が多いですが、国際社会ではそれこそが異端であったりします。
ただ日本のクリスチャンはあくまで少数派なので、彼の行動が何に根ざしたものであったのか それを理解できる人は多くはないと思うのです。
彼は、自分の信仰ゆえに性善説を信じていたのだと思います。
それが無防備だったとしても、将来を絶たれる罪であろうはずはありません。悲しく、無念です。
初めての書き込みですのに、長文 失礼いたしました。

2004.11.06 15:10 URL | nonkey37 #79D/WHSg [ 編集 ]

★nonkey37さん

>はじめまして。

はい、初めまして。よろしく。

>楽天ブログにも青年を非難する論調が割と多く、辟易してしていたのでizumatsuさんの日記を読んで、共感致しました。

ありがとうございます。
ひとりの人間としてのその軽率さを糾すことと、
国として国民の命を救うことをまぜこぜにして語る人が多いですよね。
それは妙だとやっぱり思います。

>わたしは彼の名前を初めて知ったとき、どきりとしました。
>「クリスチャンホームで育った人なのかな?」と。
>あの言葉は、聖書の引用なので・・・。

あぁ、聖書からの引用ですか。少し変わった名前だなぁと思ってました。
拘束が報じられたとき、お父さんがコメントを発表する前に、
牧師さんか神父さんが記者団の前で「報道に気をつけてください」と話しているのを見ました。
クリスチャンなのかなぁと思っていました。

>彼は、自分の信仰ゆえに性善説を信じていたのだと思います。
>それが無防備だったとしても、将来を絶たれる罪であろうはずはありません。悲しく、無念です。

“無防備”が“罪”な世界というのは悲しいですね。
宗教もその信じ方によっては、自らが信ずる神以外は邪神だということになるのでしょう。
信ずることのむなしさが広がって行くような不安を感じます。

彼の“平和ボケ”度をあげつらうような記事を読みましたが、
「平和でボケてなにが悪い!」と言いたいです。

>初めての書き込みですのに、長文 失礼いたしました。

いいえ、貴重なお話、ありがとうございました。
またおいでください。


2004.11.06 21:17 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

はじめまして。chocolatと申します。
ニューカレドニアのまゆみさんのところから来ました。
izumatsuさん他みなさんのコメントを読ませていただいて、気持ちが少し落ち着いたというか、自分の中でモヤモヤが晴れたというか。。。
今回の事件は地震とも重なり、重大なことなのにあまりにも扱われ方が納得できないものでした。どういう形であれ年齢性別に係らず命の尊さは同じはず。
以前の日本人3人の人質事件の時、主人といろいろ話をしましたが夫婦とはいえ考え方は随分違っていました。
やはり今回もです。
でもこちらで同じことを考えている方々がいるということがわかり、何かホッとした感じです。
こんな悲しい結末は二度とないことを願って止みません。

2004.11.12 11:31 URL | chocolat #79D/WHSg [ 編集 ]

★chocolatさん

>はじめまして。chocolatと申します。

はい、こちらこそ。

>izumatsuさん他みなさんのコメントを読ませていただいて、気持ちが少し落ち着いたというか、自分の中でモヤモヤが晴れたというか。。。
>今回の事件は地震とも重なり、重大なことなのにあまりにも扱われ方が納得できないものでした。どういう形であれ年齢性別に係らず命の尊さは同じはず。

全国ネットのニュースでは、あまりに粗雑な扱いだったと感じます。
ニュースを送る、というか制作する現場で、まず情報の選別(ふるい落とし)が行われますよね。
亡くなった若者のニュースより、例えば生き埋めになった家族の方が視聴者の心をひきつけると
制作現場では判断したのでしょう。

“重要度”の意味合いがまったく違うんですけどね。

>以前の日本人3人の人質事件の時、主人といろいろ話をしましたが夫婦とはいえ考え方は随分違っていました。
>やはり今回もです。

ご主人の考えはわかりませんが、国の対応と個人の動機を混在して考える人が多いと思います。
日記にも書きましたが、個人の動機や行動がどうあれ、国民の命を救うのは国の義務です。
「軽率な人間に税金を使うのは許せない」
そう言う人の考えは、国と個人の関係性を間違ってとらえている。ぼくはそう思います。

>こんな悲しい結末は二度とないことを願って止みません。

ほんとですよね。
世界各国の人々をテロリストの標的にした、アメリカがイラク攻撃を始めた唯一の理由、
「大量破壊兵器の保持」が絵空事だったことを忘れないようにしたいと思います。

2004.11.12 11:44 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/287-1b22af6e